素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。

キョンシー/リゴル・モルティス これは、「霊幻道士」ファンの夢。 


 kyonsi-.jpg
 キョンシー/リゴル・モルティス
 (2014年 香港映画) 89/100点


この時をどれほど待ちわびていたことか!
これまでも何度か言いましたけど、このリブートブームの中、なぜ香港映画の大ヒット映画「霊幻道士」がリブートされないのかと首をひねってひねってひねりきっていたものです。
ついにこの度リブートされました!

本作は、かつて「霊幻道士」に熱狂したファンなら確実にご機嫌になれる傑作に仕上がっております。
ただし、ファンでない方には、全くもって意味のわからん映画なのかもしれません。
けれど、いいのです。
本作をてがけたジュノ・マック監督の「霊幻道士愛」は相当なものです。そこかしこに、熱い想いが漂っています。
香港の上映では、上々の手ごたえだったそうです。
良かったー。
どのブログをのぞいても、誰も「霊幻道士」について書いている人がいないので、私が地球上で最後のファンかと寂しく思っていたのです。

とはいっても。

リブートとはいっても、実は完全なリメイク作品ではなく、「ちょっと多めのオマージュ」というところです。原題も「リゴル・モルティス(死後硬直)」というもの。この点は何の事情か分かりません。キョンシーファンだけに絞った作りだと客足が遠のくからでしょうか? それとも、これが新しい「キョンシー映画だ」と示したかったからでしょうか。

おまけに、物語はダーク一色。「キョンシー映画」にお決まりの茶目っ気が微塵もありません。おまけにかなり陰惨。プロデューサーに「呪怨」の清水崇が加わっていることもあり、禍々しさ満点です。

モルティス


ちなみに「霊幻道士」ファンの方の中には、「笑いの要素」がない本作を批判する方もいるようですが、私としては、ダークサイドの「霊幻道士」は待ちに待っていたので嬉しかったのです。なぜなら、最高傑作だと思う一番最初の「霊幻道士」は、コメディとシリアスのバランスが絶妙ですが、全般的には真面目なダークファンタジーでした。それが、シリーズを重ねるごとに「笑いの要素」が増え始め、「4」辺りはまだ笑えるからいいようなものの、その先はうすら寒いギャグを無理やりねじ込んだような作品ばかりで、正直言って凍える気持ちになったものです。全シリーズを見ていますが、「5」以降は全く内容に記憶がありません。
だもんで、本作の方向性は非常に嬉しいものでした。

舞台は現代です。少々物語は詰め込み過ぎ、複雑過ぎな感じもあって分かりづらいのですが、落ちぶれてしまった俳優、活躍の場を失った道士、夫を無残な形でなくした女と不思議な雰囲気の息子、余命いくばくもなく、己の足跡を残すかのように闇の妖術に手を染める道師、事故死した夫を蘇らせようとする老齢の主婦…と多彩な顔ぶれが、重みのあるドラマを彩っています。

モルティス2


特に世話好きの何気ない主婦が、どんどん狂気にかられていく姿は恐ろしかった。
とある遺体が、悲しい傷を抱えた人々の思惑によって徐々にキョンシーに変貌していき、いよいよ動き出すって流れもまたハラハラしました。

特筆すべきは、本作の映像や演出力のレベルの高さです。恐らく数々の「キョンシー映画」の亜流モノとは比べ物にならない程、かなり凄い。舞台は、廃墟寸前の巨大な団地内のみに限られています。狭いようで、しかし巧みに場所を変えるので飽きさせません。荒廃した雰囲気が、良い塩梅で不気味さを醸しているからこそ、「現代」にキョンシーが出現する描写にも説得力がありました。

これ、ひょっとしたら、「霊幻道士」ファンでなくても楽しめるかも…

といってもね!
本作の何が素敵かって言ったら、かつての「霊幻道士」シリーズに出演していたメンツが結構揃っているところなんですよ!


主演は、「霊幻道士」にて、ラム道士の弟子として俊敏なアクションを披露していたチン・シュウホウ。
モルティス4

<昔>
れいげん


引退した道士を演じるのは、「霊幻道士」の道長及び「霊幻道士4」のゴクウ道士・アンソニー・チェン。
モルティス10

<昔>
reigenn.jpg


キョンシーを作りだしてしまう道師には、「霊幻道士4」のツル道長・チャン・ファット。
モルティス5

<昔>
reigenn2.jpg


不慮の死を遂げ、キョンシーとなってしまう男には、「霊幻道士3」のミン道士・リチャード・ン。
モルティス3

<昔>
れいげん2


本当は、「霊幻道士シリーズ」のほぼ全ての主演であったラム・チェンインにも出演してほしかったですが…。44歳という若すぎる死は、悔やまれてなりません。

↓30年前のラム・チェンインとアンソニー・チェン。
ラムチェイイン2


ちなみにシリーズ中、保安隊の隊長など様々な意地悪キャラを演じていたビリー・ラウもまた、食堂のオヤジとしてチラっと出ているというサービスっぷり!

上記キャスティングにおける一番の見どころは、「霊幻道士4」のゴクウ道士とツル道長だった二人が本作で共闘する場面です。双子の悪霊に対し、なんと「墨壺」という懐かしの霊具を華麗な手さばきで使用! ここはひっくり返って喜びそうであった! 動きや撮り方がまた良くって、実に緊張感に溢れていましたよ!

その他、鏡が効いたり、指を噛んで血を利用したり、息を止めてキョンシーをやり過ごしたり、もち米や桃の剣などが出てきたり…。怖い映画のはずなんですけど、それよりも、まいったな、懐かしさが邪魔して全然怖くねー! (嬉しすぎて)
中盤で女幽霊との闘いがあり、終盤で大ボス・キョンシーが満を持して現れるってプロットが、「霊幻道士」と微妙に似てたりするのも…琴線に触れました。
最後の闘い方…超人的な力を手に入れてキョンシーと対峙するってのは、ひょっとして「霊幻道士4」でゴクウ道士がほぼギャグでやってた技の真面目バージョンですか!? …ただ、出来たら…昔ながらの職人技とテクニカルな動きで闘ってほしかったかなー…と、ここは残念かなあ…とかなんとか、劇場で一人盛り上がって見ていましたよ。 ひ と り ね。

モルティス7

モルティス12


しかし。
前述の通り、本作は暗い話の上に、どこかしんみりとした雰囲気があります。主人公の男が、「かつてはキョンシー映画で名を馳せていた落ちぶれ俳優」という設定であるからなのか、かつて道士役として活躍したアンソニー・チェンにも同じような哀愁が漂っているようで、ちょっと時の流れの物悲しさに切ない気分にもなったのでした。「霊幻道士シリーズ」のお馴染みのテーマソングが、ゆったりとした曲調で流れることもあいまって。「あの頃…ワシすごかったんぜ…」と…(いや、実際のチェン氏の現況がどうなのか知りませんが)。

どちらにしても高まる気持ちが抑えられず、早速次の日から「霊幻道士」~「霊幻道士4」まで思わず再鑑賞してしまいました。今見ても、特にシリーズ第1作なんて凄いクオリティ。この緊張感とカッコよさを新たにして見たいなあ。
ホラーはホラーでも、一方的に人がやられるホラーとは違い、人が人智(もしくは霊力)を駆使して対等に闘うってところがミソなのです。それも「ヴァン・ヘルシング」みたいな大味でアメリカンな力技とは違いますぜ。針の穴に糸を通すような職人技ってのがイキなんです!
今回のリブートはまだまだ遠慮気味ではあったけれど、十分に復活の可能性を感じられる意欲作でした。しかもハイセンスな素晴らしい映画でした。これでキョンシーブームに再度火がついて、なんとか本格的な「霊幻道士リブート版」を是非作ってほしいなーと思う次第なのです。ってことは、本作には否応なくヒットしてもらわねばならんわけなので、ここはひとつ、これまでのファンでない方も是非劇場に足を運んでほしいと願います。いや、キョンシーを知らなくても、ホラーファンならば満足できると思います! これが80年代にブームを巻き起こしたキョンシーかと、歴史的な見識を深める意義もありますので、是非ご覧下さいよ、ねえ! みなさん! って…誰もおらんがな。

モルティス8

モルティス9


「霊幻道士」の感想はこちらです。


  

 ↓過去の作品も。
  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2014/11/06 Thu. 08:32 [edit]

TB: 0    CM: 25

06

コメント

 

初めまして キョンシーを観てググってたらこのブログにたどり着きました(笑) リゴルモルティスの死後硬直を中国語でいうと殭屍 キョンシー となります! キョンシーとは硬くなった屍体という意味なのでキョンシー アイヤー本当にまだファンがいて良かった!

URL |  #- | 2015/02/14 02:47 | edit

Re: タイトルなし 

へー! リゴル・モルティス=キョンシーという意味なんですね?
知らなかった…。
それにしても、コメントありがとうございます。
キョンシーファンは、ゾンビ映画の生き残りの人類くらいしかいないかと
思っていたので、連絡いただいて嬉しいです。
キョンシー映画が再来すればいいなーと心から願っているのですが。
噂でが、ユンピョウでキョンシー映画が作られるとかなんとか。
何か情報があれば教えてくださいね。

URL | タイチ #- | 2015/02/14 19:41 | edit

 

キョンシー見ました。
ストーリーは二回くらい見ないと
よくわからないというか…
???ってなってしまうというか…。
一番嬉しかったところは近所の
おばさん役!あれハーマイの
姉貴役の人ですよね?
しかも写真のシーンで
一瞬モウ先生が!!!!(涙)
キョンシーファンにはたまらない作品ですね。

URL |  #- | 2015/03/09 23:37 | edit

コメントありがとうございます。 


ハーマイの姉貴役の人って…テレビ版の
霊幻道士のことですか?

実は、劣化しているような気がして怖くて
テレビ版は観ていないのですよ。

ひょっとして面白いのかなあ。
ちょっと興味が湧いてきました。

URL | タイチ #- | 2015/03/11 14:17 | edit

見ました。 

99%筆者様に同意致します。
この作品は嬉しくて嬉しくてたまらない反面、これを機に三部作位作って貰えんもんかと…
ちなみにチェン道士にはランニングトランクス姿を一貫していただいて(笑)
ラストには正直戸惑いましたが、続きを撮るつもりはないと受け取れます。
また一からブームを仕掛けて欲しいものですね!!

URL | ナカチ #- | 2015/04/11 12:32 | edit

ナカチ 様 

コメントありがとうございます。

今回の続編は厳しいでしょうけど、
初代「霊幻道士」を完全リブートしてほしいなあと夢想してます。

一度ヒットしたものは、年月が一回りすれば、またブームに戻るはずなのです。
それだけのポテンシャルがあるのだから!

URL | タイチ #- | 2015/04/11 15:28 | edit

ここにもいます!キョンシーファン☆ 

キョンシーは小さい頃から大好きで、昔テレビで霊幻道士1234を放送していたのをビデオに録画したものがあり、20年以上そのビデオを捨てられずにいます^ - ^
やっぱり1は最高です。5以降は同じく見ましたが、あきらかにレベルが低くなっている感じがあり、見ましたが覚えていません。。
こちらのキョンシーはまだ見れていないのですが、すごいメンバーが揃っていて、見たくて見たくてしかたなくなりますね!!
!!!!!!!
さっそく、探しに行きます(^-^)

URL | コタ #- | 2015/08/18 17:37 | edit

コタ様 

コメントありがとうございます!

霊幻道士は断然「1」ですよね。アクション、ドラマ、コメディ、BGMどれもこれも一級で。
どうして、「1」以降はレベルが下がっていったのか…?

しかし、今回の「リゴル・モルティス」を観て、ぜひ「1」を完璧リメイクしてほしいと思ったものです。
久しぶりにクオリティの高い「キョンシー映画」ですよ!

URL | タイチ #- | 2015/08/18 19:05 | edit

 

ダークサイドのキョンシー映画、良いと思います、
キョンシーは創作された妖怪ではなく
元々、古来中国の伝承にあるキョンシーは怖い妖怪ですからね、
来来キョンシーズのコメディ色がないと文句言われる筋合いないと思います。

URL |  #- | 2015/10/04 13:40 | edit

Re: タイトルなし 

コメントありがとうございます。

かつて「霊幻道士」にもコメディ色はありました。
それが確かに魅力の一つでもあったし、
なによりシリアスとのバランスをとっていました。
それが、シリーズが進むにつれ、どんどん寒くなるんですよね。
それが哀しかった記憶があります。
だから、コメディ色を排した本作は、すごく嬉しかったのです。

URL | タイチ #- | 2015/10/04 13:54 | edit

ありがとうございます!! 

子育てでなかなかリゴル・モルティスを観られずにいましたが、本日ようやく観ることができました!!!
そして改めてこちらのブログを拝見しまして、とにかく霊幻道士ファンにはたまらない作品であることを再認識いたしました!!

テレビ版は私も最後までみておりませんがら機会があればコンプリートしたいと考えております♪

URL | 足元中尉 #- | 2016/10/07 14:16 | edit

足元中尉 様 

コメントを頂戴し、ありがとうございます。

ブログをご覧になっていただいて嬉しいです。
『リゴル・モルティス』は、霊幻道士愛が存分に感じられる作品でしたね。
もっと、もっと、本格的にリブートorリメイクされないかなあ…と望んでいます。
こんな魅力的なコンテンツ、もったいないですよね!
それにしてもつくづく、ラム・チェンインが若くして亡くなったのが悔やまれます。


子育てお疲れ様です。たまに息抜きにお越しくださいませ!

URL | タイチ #- | 2016/10/08 00:54 | edit

最高でした 

初めまして。大分前にWOWOWで放送していて録画して観ました。
それを検索してこちらにたどり着きました。

この映画はキョンシーを知らないただのホラー映画好きでも
全然いける良作ですよね。
キョンシーへのオマージュとリスペクトがふんだんに盛り込まれてて、
それを知ってる人は更においしく味わえる。
墨壺良かった!あれで棺をぺっちんぺっちん封印して欲しかった(笑)
アイテム出るたびに「もち米~!」とか叫んでしまうくらい私も好きです。

URL | 仙姫 #/Bu6pKEA | 2016/10/15 01:21 | edit

仙姫 様 

コメントを頂戴し、ありがとうございました。

リゴル・モルティスは、まさに霊幻道士ファンの琴線に触れましたね。

墨壺は興奮したなあ。懐かしー! と心が躍ったものです。
指をちょびっと噛むところとか。
息を止めるところとか、もち米とか。

本格リメイクしないかなあ…。

URL | タイチ #- | 2016/10/15 21:59 | edit

 

かなり前のブログのようでコメントして、ご迷惑かもしれませんが私もキョンシー大好きな30歳です!
小さい頃からテレビ、レンタルビデオで見てました!
なかなかまわりにキョンシー好きがいなくて語りたくても語れないという…(笑)
リゴルモルティスをもう何回も見て、うはうはしながら何気なく検索したら、こちらにたどり着きました!
まだまだキョンシー好きはいるんですね!嬉しくて、ついコメントしちゃいました(笑)

URL | くれは #- | 2017/03/07 05:40 | edit

くれは 様 

コメントありがとうございます!

リゴルモルティス、面白かったですねー。霊幻道士への愛情あふれる作りで感激したものです。
続々と作られてくれれば嬉しいのですけど、最近噂を聞きません。
出来たら、完全リメイクで、初代の時代設定でやってほしいものです。

遠き夢なのかなあ…?

URL | タイチ #- | 2017/03/07 20:49 | edit

 

お返事ありがとうございます!

そうですよね〜出来ることなら
続編つくってほしい…
ラム道士のいないキョンシーは
寂しくもありますが(^_^;)

話変わりますが、かなり映画が
お好きなんですね!
私も大好きで
こちらのブログ見てたら
かなりカブってて嬉しいです!

キョンシーもそうですが
映画好きな人があんまりいなくて(笑)
俺も、私も映画好きだ!
かなり詳しいよ!という割には
有名なものか、彼氏彼女と見る
キュンキュン系とかしか見てなくて
少しマニアックになると
そこまでは好きじゃないと言われ
会話が終了します(笑)


話ズレましたが
リゴルモルティス、本当に
良い作品でしたね!
個人的にも、このシリアスで
ギャグなしパターン嫌いじゃないです。
そして、なんといっても
チンシュウホウの男前なこと!
霊幻の頃はヤンチャな青年だな、としか思ってませんでしたが。
過去作品に出てた道具
ラム道士達の写った写真
懐かしいあの音楽
りんご(笑)←これは関係してないのかもですが、キョンシー夫婦が出る作品の時のりんごのイメージが
かなり強くて(笑)

今後、続編が出来る事を祈ります!
お返事本当にありがとうございました★

URL | くれは #- | 2017/03/08 06:48 | edit

くれは 様 

またまたコメントもらえて嬉しいです。

映画に関しては、結構雑食で、メジャーやマニアック、アニメ…面白そうなのは何でも見ます。
でも、広く浅く…かなあ。
時間が取れずにそんなに数は観ていないんですけどね。
良かったら、また時々のぞきに来てください。

りんご!?
あら、気づかなかったです。
あの不可思議な呪術と華麗な体術を駆使して、妖怪を倒すカッコ良さを、
また見たいですね。

URL | タイチ #- | 2017/03/08 22:45 | edit

 

以前コメントさせて頂いた者です。

霊幻の最新出たのをご存知ですか⁈昨日から上映開始してました。
チンシュウホウなど、以前のメンバーが集結してるようです。
上映は東京だけらしく九州の私には見れません…(泣)

URL | くれは #- | 2017/07/16 16:57 | edit

くれは 様 

ありがとうございます。
実は先日、たまたま何かで見かけました。
おおっ! …となったのですが…。


またまた現代設定の上、予告編から匂ってくる地雷臭…。笑えないギャグに、極度にB級臭いセンス…。

かつて霊幻道士が地に堕ちた「理由」が、なに一つ改善されていないような気がして、
恐ろしくてDVDが出ても見れそうにありません。(私も九州福岡市ですので、劇場では観られません)

どうして、誰も、あの大傑作『1』をリブートしようとしないのか!?


URL | タイチ #- | 2017/07/16 17:05 | edit

 

コメントしておいて、お返事遅くなりすいません(>_<)

やはり、そうなんですね…
残念〜〜!
期待してはダメなやつですね!

私は九州の大分なので、ご近所さんですね(笑)
DVDは一応、出たらチェックしてみようとは思ってますが霊幻とは別物と思って見る予定です(笑)

あの名作はもう復活してはくれないのでしょうね(つД`)

URL | くれは #- | 2017/07/22 14:56 | edit

くれは 様 

コメントまたまたありがとうございます!

そう…、ダメなやつの匂いがする…。
少なくとも、『1』の興奮を蘇らせてくれるものではないかと。

誰かリブートしねーかなー。

大分ですか。いーですねー。湯布院や別府に行きたい。城島高原も。

URL | タイチ #- | 2017/07/22 21:32 | edit

やはり欲には勝てず 

借りてしまいました…。

霊幻道士 こちらキョンシー退治局。

なんだかんだ言っても
レンタルに出てたら
借りずにはいられませんでした(笑)

まだ見ていません。
鑑賞しても、あえて
感想は言わないでおきますね(笑)

じゃあ、何でコメントしたんだよ、と思われるかもしれませんが
一応、ご報告だけ…(笑)

URL | くれは #- | 2017/08/31 00:08 | edit

くれは 様 

ええーーー!? もうレンタルされてるんですか…。

予想を裏切ってくれてたらいいのですけど…。

み、見てみようかな…。

URL | タイチ #- | 2017/08/31 19:49 | edit

 

TSUTAYAでは8月23日に
レンタルされてたみたいです(笑)
めちゃ早(笑)

ちなみに、先ほど見ました!
主さんも見てみて下さい(笑)

URL | くれは #- | 2017/09/01 03:33 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/220-caa4f2c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list