素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

悪の教典 /大島優子は、正しかった。 


 ダウンロード
 悪の教典
 (2010年 日本映画)
 69/100点



以前、大島優子が本作の試写を見た際に、余りの残虐さに途中退場し、「この映画が嫌い」と発言した事が物議を呼んでいました。(ま、それ自体、宣伝パフォーンマンスだった可能性もありますが)

そのニュースを聞いた時、「何を甘いことを…。きっとバイオレンス映画なんて見たこともないんだろうな」と見損なっておりましたよ。
今回、ついに本作を鑑賞しました。そして、一息ついた後に思ったのです。

大島優子は、正しかったなあ。

いやー、まー、うーん、好きな人には好きなのかもしれないんすけどねー。

こりゃあ、とても恐ろしい映画です。
残虐なんてもんじゃない。ある意味すごいです。
13日の金曜日? エルム街の悪夢? バトル・ロワイアル? 呪怨? そんなもんじゃないんですよ、この悪いものを観てしまったという感覚は。
見終わった後の胃の重みと言ったら…、確かに悲しくて悲しくて。

けれどそう聞くと、「どんなもんなんだろ」と気にかかるでしょう? 
それが、大島優子発言の真の意図を勘ぐる理由でもあるのですが、それを差し引いても、確かに彼女の「この映画が嫌い」という感想は正しかったと思います。

「ひゃー、すっげー。おったまげましたー。まじパネぇっす、さいこー」なんて感想を漏らそうもんなら、それこそ大炎上でしょう。
A(悪の)、K(教典)、B(万歳!)」なんて言おうもんなら、そりゃあもう!

ということで、そんな本作。
あらすじなんて今さらいりますか。一応いりますか。そうですか。
では、あらすじは、「生徒全員、みな殺し」というお話!
本作のキャッチコピーそのまんまですので、これはネタバレではありません。


<とはいえ、以下、結末以外ほとんどネタバレしています>


 無題


『バトルロワイヤル』も同じように学生が死んでいく話ですけど、本作ほどの残虐性や悲しさを感じることがなかったのは、なぜだろうと考えてみました。

『バトルロワイアル』
1.生徒が日本で一番残念な学校の生徒たちである。
2.戦い合うので、生き残るチャンスが与えられている。
3.さまざまな死に方・戦い方をするため、エンタメ感が強い。
4.そもそも設定が荒唐無稽なので、現実感に乏しい。


といったことが理由で、近未来ファンタジーとして身近な出来事とは感じません。

比べて本作は…
1.生徒は、フツーの高校生。
2.戦う術も知らず、ただただ命乞いをするばかり。
3.ひたすら散弾銃で撃たれていく。
4.舞台が、誰もが見慣れた風景である校内。


という、まさに「コロンバイン高校」の銃乱射事件さながらのリアル設定です。

それにしても、いったいどういう狙いで本作を映像化したのでしょう? 
世の中には、よほど「高校生」に憎悪を持った需要が溢れているのでしょうか。
本作は、ただただ「子供」が撃ち殺されていく様を見せつけることだけに、渾身の情熱を捧げているようでした。

とはいえ、そこは名匠・三池崇監督。残虐性のある物語を、さらに背筋を凍らせるものへと進化させるべく、実に容赦のない演出を練り込んできます。
それがなかなか手が込んでいて、巧かったりするものだから、「ただの残酷映画だ」と断罪することも出来ない映画になっているのです。

 無題1


主人公の蓮見(伊藤英明)は、生徒からハスミンと呼ばれ慕われています。
真面目で実直、頭脳明晰でいて、生徒思い。
他の教師にセクハラをされている女子生徒の相談を受ける場面では、実に頼もしい教師の姿を見せ、見事な計略で女子生徒を救います。
なんだー、結構いいやつだったりしてーと序盤の私は、彼の受け持つクラスの生徒たち同様、完全にだまされてしまっていたのでした。

徐々に異常性を垣間見せ始める蓮見。
男子生徒をたらしこむゲイの教師(ろくな教師がいないな)には、弱みを握ったことで、「あなたの命運は私の手の中なのですよ」とさらりと言って、ゾクリとさせます。
風貌とは似つかない軽トラックを乗り回し、時折全裸で筋トレに励みます。
娘のいじめを学校に認めさせようと、食って掛かってきたモンスターペアレントを始末し、自分の素性に疑いを持ち始めた同僚教師を葬ります。
とにかく、自分の気に入らないヤツ、都合の悪いヤツは、次々に消していく。

徐々に蓮見は、極端な自分勝手さを表していくのです…。

さて。

前述のように、演出の巧さ(斬新さ)が際立っている場面が多々あります。

もっとも衝撃だったのは、屋上へ続く階段へ生徒数名を導き、屋上に出るための扉を施錠することで行き止まりに追い込むシーン。
残虐ですが…実は巧い。

見たことのない場面を作り上げたという点では、凄いと言わざるをえません。
優しい声で近づく蓮見。蓮見に助けを求める生徒が階段を下りかけようとするやの発砲。次から次へと発砲。ワンカットの長回しで撃ちまくります。吹き飛ぶ血、泣き叫ぶ高校生、嗚咽を漏らす女子高生。生徒の中には、うまく銃弾をかわし階段から飛び降りる者もいますが、容赦なく背中を撃ち抜かれます。拝むように命乞いをする生徒を、何のためらいもなく撃つ…。行き止まりの壁際に、生徒の遺体が一つ、また一つと増えていきます。次は自分だ…と思い知った生徒の恐怖心たるや…。トラウマ必至のこの場面は、もはや二度と鑑賞する気が起きないほどの衝撃です。
ある意味、これは「すごい」 

この場面に流れる場違いな軽快な音楽も、狭い空間に大きく響く発砲音にいらつくように、いちいち蓮見が頭を振る仕草も、もう、全てが恐ろしい。

 無題2


『地獄の黙示録』やら『プライベート・ライアン』やら『キルビル』やら『シンドラーのリスト』やら、大量虐殺を見せつける映画は多々ありますが、それをも超えた「おぞましさ」を内包しています。

何度も言いますが、それはある意味で「すごい」のです。
正直言って常軌を逸しており、危険です。とてもオススメできません。

 無題4


また。
これは原作通りなのかもしれませんが、突っ込みどころも多いです。

・山田孝之演じる教師が、撃たれる直前にパンツの匂いを嗅ぐのがナンセンスだなあ。
変な笑いを入れたい三池節は分かるんですけど、なんか表現が下衆いなあと。

・生徒が全く応戦しないのが寂しいです。恐怖で立ち向かえないのがリアルなのかもしれませんが、戦ってほしかった。
唯一、アーチェリー部の生徒が立ち向かいますが、まー実にあっさりと…。勇敢な生徒でしたが、その結末が皮肉にもほどがあります。
…もしかして笑うところなのかもしれませんが、笑えるわけがありません。蓮見は嗤っていましたが。

・よく考えてみると、蓮見にとって最後の大量虐殺は、リスクが高すぎませんか。一人でも生徒が生き残ればアウトになるこの方法は、非現実的すぎて乗れません。生徒たちだって、本当ならいくらでも校外に逃げ出せるはずです。
それなのに、蓮見は虐殺の途中で殺した生徒を出席簿から消す作業を行っています。そんな余裕があるわけない。

・あれだけ大量の虐殺現場を見た警察のリアクションが希薄。窃盗事件並みのふつーの空気感でした。そこは、まさに阿鼻叫喚の地獄絵図であろうに…。


 無題5


役者陣は素晴らしかったです。みんな本当に恐怖におびえた芝居なので、そんなに頑張らないでよと泣けてきます。

また、主要な高校生を「ヒミズ」でのコンビでもあった二階堂ふみと染谷将太が演じていますが、存在感ばっちりでした。
染谷将太は、ほぼ「ヒミズ」のまんま。眠そうな目が印象的。
二階堂ふみは、他の生徒よりも思慮深くて有能そうな女子で好印象でした。

無論、主演の伊東英明も見事にサイコ・キラーを演じています。
海猿で培った爽やかなイメージとのギャップ効果の妙技。
これはキャスティングの巧さだと思います。

それにしても、蓮見が口笛で奏でる三文オペラの「Mack the Knife」という曲が、やたら怖いです。悪魔の歌かと思うほどの禍々しさ。これは見事な効果ですが、見終わった後、このメロディーがトラウマ並みに頭にこびりついてしまう恐れがあります。
いや、これマジで危険かも…。

それだけに、EDのエグザイルは最低でした。
いや、逆にずっこけて、多少本編のショックが和らいだので良かったのかもしれませんが。

せめてラストは平和に終わって欲しかったのに、最後の蓮見の行動と思惑は、本当に本当に震えました。
奇跡的に生き残った生徒たちの心情を思うと気の毒でならず、最後まで終わらない恐怖に辟易するほどです。

感情移入が強い人は、決して見てはいけません。
バイオレンス映画をある程度見慣れていた私でも、なんだかグッタリとへこみました。

何度も言いましょう。

大島優子は、正しかったのです。


    

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>


Posted on 2013/06/30 Sun. 23:24 [edit]

TB: 0    CM: 13

30