素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

ゼロ・グラビティ /宇宙でも頼りになるのは、あいつ。 


 ダウンロード
 ゼロ・グラビティ
 (2013年 アメリカ映画)
 90/100点



そらもう、腰抜かすほどの衝撃的な映画でしたよ。
文句なく、本年度実写ナンバー1でござった。

もう少し地味目な映画だと勘違いしてたんですよね。
同じようなシチュエーションの映画で、『オープン・ウォーター』があります。大海原に二人だけが取り残される映画です。
あちらは、ほぼ会話劇でした。
本作もそういう雰囲気かなあと。

実際は、結構ドッカンボッカン派手に展開するものだから意外でした。

ただし、派手は派手でも、描写は極めて丁寧なので、さほど荒唐無稽さを感じない点が良かった。
実際は、相当に荒唐無稽なんですけどね。

zero1.jpg


冒頭から驚かされるのは、アルフォンソ・キュアロン監督お得意の長回し映像です。
『トゥモロー・ワールド』でも見た、「どうやって撮ってるんだ、この長回し」シリーズです。

地球を背景に宇宙船が徐々に近づいてきて、船外活動中の3人の宇宙飛行士が現れます。
何気ない会話が続いた後、宇宙ゴミが飛来して大惨事が巻き起こるまで、本当にワンカットで見せます。
こらもう、ヘタしたら全編ワンカットでいけるんでないかと思わすほどの長回しなのです。

もちろん、本編の魅力はそれだけにとどまりません。

1時間半くらいと短めの映画ですが、内容をぎゅぎゅぎゅーっと詰め込んでるので、物足りなさなど微塵もありません。
前述の通り、「寂しく一人ぼっち」の静かな映画かと思っていましたが、主人公が孤独を感じる余裕がないほどの矢継ぎ早な展開は、リアルタイムの映画かと思わせる程にスピーディー。

ただ…、「この宇宙船がダメなら、はい次の宇宙船に移動しましょ」…って流れに、「そんなに身体一つで宇宙空間を移動できるの?」と疑問は浮かびました。(案の定、現実には不可能とのこと)

登場人物が魅力的です。
たった二人というシンプルさも素晴らしいですが、宇宙飛行士サンドラ・ブロックが巧いのなんの。強すぎず弱すぎず、等身大のリアルな人物設定をこなします。

もちろん、『スピード』でも見せていた、焦ってパニくってオーマイガー! オーマイガー! …みたいのも健在!

そして、なんといってもジョージクルーニー! 
オットコ前ですわー。どんな境遇でも優しいノリでジョークを飛ばします。
宇宙ゴミが飛来してきた絶体絶命の場面でも、「こりゃフェイスブックもシステムダウンだな」とのたまうとは、もはや常人の精神力とは思えません。

おまけに、信じがたいほどの「頼もしさ」です。「(反転で)死してなお、主人公に助言を与えにやってくるなんて!

重たいドラマに、一服の清涼剤として、主人公だけでなく観客をもホッとさせる力を放ちます。
いつしか彼が次期大統領候補に挙がっても、何の不思議もありません。

いやあ、もう…
ま さ に 完全無欠のナイスガイ…って言うじゃなぁぁい…
…けどね、あんた……、無駄な宇宙遊泳で燃料を無駄にしてますからーーー! ざんねーーーーん!(これくらいは突っ込み入れないと。)

それにしても。

宇宙空間での作業がどれほど困難か。どれほど神がかった素晴らしい経験か。その雰囲気をバッチリ映像で見られるというのは、とても貴重な映画体験でした。

・あんな太い手袋でよく細かい作業ができるなー。
・宇宙空間と宇宙船を隔てている扉って、あんな小さいレバーをクルクル回すだけなんだなー。
・宇宙空間でメットが脱げたら、メットの中身が…。
・一方に動いたら、もはや装置なしでは方向を変えることも不可能なんだなー。
・ロケットって、着陸時に地上3メートルで逆噴射するんだなー。

などなど。
いろいろと興味深い描写だらけです。

zero3.jpg


科学的な展開に溢れた本作ですが、主人公の内面や情緒感のある描写も印象的です。

無重力なので落ちない主人公の涙が、ぷかりと浮かぶのをクローズアップする描写とか。
宇宙という壮大さに似つかわしくないジョージの彼女の浮気エピソードとか。
通信で聞こえてくる犬の泣き声…そして、赤ん坊の息吹とか。
ようやくたどり着いた宇宙船内で休息する主人公が、胎児のように丸まってる場面とか。

極めつけは、先程も反転しましたが「ジョージの幻影」です。回想シーンとか、ありがちなことをせずに見せる手腕。お見事。

燃料もない。もうどうしようもないという所からの逆転劇には、小難しい理論などはなく、誰にでも分かる手法だったのも良かったです。
神様の言う通り…、と適当に宇宙船のスイッチを押しまくる主人公は、ご愛敬ですが。

ド派手なシーンはとことんド派手に描き切り、見応えあり過ぎです。
まさに隙のないジョージ・クルーニーのような映画。

つまり本作に登場するジョージ・クルーニーは、まさに ジョージ・クルーニーの中のジョージ・クルーニ-なわけであります。
クルーニークルーニー言ってると、わけ分からなくなりますな。

zero2.jpg


ただ。

宇宙空間はいったん回転が加わるとなかなか安定しないので…。
衝撃で飛ばされ、いつまでも回転している主人公に同調し、何となく酔いかけました。
…不満点なんてそれくらい!

是が非でも劇場で見るべき、素晴らしい映画。文句なしのアカデミー賞最有力候補!


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>


Posted on 2013/12/25 Wed. 00:04 [edit]

TB: 0    CM: 1

25