素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

偽りなき者 それでも僕はやってない。 


偽りなき者 [DVD]
 偽りなき者
 (2012年 デンマーク映画) 90/100点


大傑作です。
ですが…見ていて、何ともいえぬムカムカ感に悩まされました。
腹立って、腹立って。

特に園長!

半沢直樹だったら100倍返しにしてやりたいくらいに腹が立ったものですよ。
だから私、教育に携わる人って、かねてから「あやうい」と思っているんだよなー。エセ正義感といいますかなんといいますか。(自分もそれ関係の仕事だけど)


あらすじは、「デンマークの小さな村。幼稚園で働く主人公・ルーカスは、園児である少女・クララの作り話によって、性的虐待の変質者として村中の人々から糾弾される…」というお話。

 偽り4


これは、「冤罪」の物語です。

腹立った…と前述はしましたが、冷静に考えてみると、観客側の我々は主人公が「完全に無実」であることを知っているからなのかもしれません。
もし、何も分からない状態で、年端もいかない少女から「虐待の告発」をされたら…果たして主人公を信じることができたかどうか。恐らく…際限のない疑いの目を寄せることでしょう。少なくとも、自分の子供を彼に近づけようとはしないかもしれません。私だって噂に流されてしまうかもしれません。簡単には村人たちを責めることはできな…といっても腹立ったわ!

デンマークの諺に「酔っ払いと子供は嘘をつかない」というものがあるそうです。
実際は逆ですよね。
酔っ払いの上司が宴席で偉そうに語る「営業の今度の方針」ほど、アテにならないものはないし、子供は悪意なく欲求のままに「嘘」を吐きますよ。

ただ、子供の証言というものには、「信じてあげなきゃ」という強迫性があります。
年端もいかない無垢な子供が言っているのだから、「そうだねー、そうだねー」と言ってあげるのが大人の責務のような気がしてしまうわけです。

今回の証言というのが、「性的虐待」だったから、さあ大変。

主人公に全く非がないわけではありません。
少女・クララは、優しい主人公・ルーカスを好きになりラブレターを送ります。それに対し、普通なら「ありがとー。おっきくなったらまたおいでー」みたいに上手に交わすのが筋ってもんです。それを、ルーカスったらマジな顔してこう応えます。

「この手紙は他の男子に渡しなさい  (`・ω・´)キリッ」ってマジメか!!

子どもの可愛い「チュー」に対しても、こう。
「二度としないで ( ー`дー´)メー」ってシビアか!!

園児の好意に対し、コテンパンにフッてしまうルーカスなのでした。
クララは完全に意気消沈。ふと声をかけた園長に「ルーカスが嫌い」と話し、兄に見せられたアダルト画像とルーカスを重ね、ないことないことを放言してしまうのです。

女心を踏みにじったルーカスの非、それが最大の彼の反省点でしょう。

とはいえ。

その話を聞いた園長は、完全に「鵜呑み」
これはいけない。
偏った正義感を確信してしまった教育者ほど、厄介なものはありません。
自分が100%正しいと信じ込み、ルーカスの言葉に耳を貸さず暴走を始めます。

一番納得がいかなかったのは、ルーカスに「事情・理由・真相」を一切聴取せず、独断で休職させ、保護者会で暴露し、ルーカスの家族にまで告げ口した点です。怒り心頭のルーカスに園長は吠えるのです。

「あんな無垢な少女が、ウソをつくわけがない!」

本作最大に腹の立つ場面でありました。
ルーカスを失脚させるための策略であるなら、まだマシかもしれません。
園長は、心から正義のつもりで言ってるから余計に腹立つってもんです。

その他、カウンセラーがこの少女に事情を聞く際に、明らかに誘導尋問をしている点も腹立ちました。
子供ってのはよく分からないことを聞かれたり、答えるのが面倒臭くなったら、適当に「うん、うん」と頷くものでしょう。その点に配慮せず、「こんなことされた?」「うん」…「あんなことされた?」「うん」という証拠能力のまるでない言質を取っていく様が、本当に子供の専門家なのかと、残念がっかりでした。

 ituwari 2


本作の特徴は、「ルーカスに、法的な無罪が確定する」という点です。「それでも僕はやってない」のように、裁判や調査が行われることはありません。
一時、警察に連行されますが、証拠不十分で釈放されます。

ゆえに、主人公が落とされた不遇は、すべて「噂」だけから生じたものなのです。
村人たちは、「やったに違いない」と集団ヒステリーを生じさせます。
スーパーの店員は、ルーカスに限らず、彼の息子にも商品を売らず「出ていけ」と差別し、暴力をふるいます。
保守的で情報や教養に疎い田舎の人々が、いったん「異端」とみなした者への迫害意識は、そうとうに強烈です。「都会の人は冷たい」「田舎の人は温かい」という固定観念がありますが、あれだって怪しいものなのです。

そして、もっと怖いのは、さすがに事態のまずさに気付いたクララが「あれは嘘だよ」と告白しても、大人たちが「嫌な思い出を消そうとしているのだろう」と勝手に決め付けることでした。つまり、真相究明の糸口を断ち切られてしまっているのです。ルーカスに真実の光が灯ることはないのか…? 見ている側は本当にハラハラです。

そして、主人公を最もへこませたのは友人の反応でした。
友人とは、実はクララの父親です。
心から信頼を寄せていた友人が、彼を突き放すのです。

心を病みかけるほどに落ち込んだ主人公の姿が、苦しくて仕方ありません。
もしや自暴自棄になってとんでもないことをしないだろうか…と緊張しました。

それは、教会での会合の時。

クララ含む園児が歌を歌う式典でのこと。

クララの家族も参加しています。
ルーカスは、おもむろに立ち上がり、友人であるクララの父親のもとへ歩みよります。
息を呑む場面でした。

中盤までは、不条理な仕打ちへの怒りで我を忘れ、誰にでも乱暴な態度を見せるルーカスに対し、
話し合えば分かるよ。
とか、
冷静に行こうよ。
とか、
そんなんじゃ味方がいなくなるよ。
とか、
心の中で語りかけていた自分は甘かったと恥じました。

ルーカスが、心の奥底から絞り出した友への凄まじい怒り。

友は、その怒りをどう受け止めるのか…?



(以下、ネタバレします)

 偽り


泣けた。
大いに泣けた。
友人は、その怒りを受け止めます。
「あいつは…本当にやっていないのでは…?」
ようやく我に帰る友人。
事件発生前に、友はルーカスに「お前は嘘をつく時には目が泳ぐからすぐ分かる」と言っていました。
ルーカスはぶちキレながら、「オレの目を見ろ!」と叫んだのです。
それが、頭から離れない友人。
そして。
眠っている娘のクララに近づきます。
クララは…夢うつつの中で言うのです。
「本当に、ルーカスは何もしていない」と。

泣けたー。

「友を傷つけてしまった…」と悔恨するクララの父親の表情。

泣けたなー。

そこから、あれよあれよと疑いが晴れ…おや? ハッピーエンドなんだ? と意外にもあっさりな結末を感じていたのですが…実は、物語はまだ続くのです。

以下が、本作の本質であり、本当に言いたかった事。

1年後、ルーカスは家族や友と狩猟に出かけます。
このまま和解して終わるのだなと思わせておいて、突然嫌な予感をたっぷりと滲ませます。

突如、ルーカスに向けて放たれる1発の銃弾。

銃弾は間一髪逸れるのですが、ルーカスは戸惑いながらも逃げ去る一人の姿を目にします。
それが誰かは、物語では伏せられています。
状況や姿から察すると、クララの兄でしょう。

しかし、それは「象徴」です。

一度こびりついた疑心は、簡単に洗い流せるものではない。彼を疑う者の存在は、きっと、まだまだ大勢いるのです。たぶん、あの園長もね!

皮肉をたっぷりに含んだ見事なラスト。思わずうなり…身震いしました。


↓こちらのようなラストの見方もあるんだと勉強になりましたよ。
ノラネコの呑んで観るシネマ/偽りなき者・・・・・評価額1650円


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2014/03/21 Fri. 23:59 [edit]

TB: 1    CM: 8

21