素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

her/世界でひとつの彼女 /そうです。わだすがナイーブなホアキンおじさんです。 


 her.jpg
  her/世界でひとつの彼女
 (2013年 アメリカ映画) 70/100点


<すみません。完全ネタバレです。>


AIが超発達し、ほとんど人間のように話せるというのは、映画やドラマやアニメではおなじみの設定です。
そこに「違和感」を感じるのは、いわば「野暮」であることは十分承知なのですが…

本作には、強い違和感を感じ、それが終盤までぬぐえませんでした。
ああ…、本作はかなり高い評価を得たというスパイク・ジョーンズ監督の新作です。
…またしても、世間と評価がズレてしまいました。

her6.png


本作のAI・サマンサは、パソコンのOSの音声ガイドみたいなものです。
最初は機械的に話し始め、次第に人間味を身に付けていくのかと思いきや…、しょっぱなからフル回転でしゃべっとる! 「よー、こんちはー、あたしサマンサー」 しかもノリが軽い! 

これは恐ろしいですよ。

「自動販売機が話しかける」っていうドッキリがありますが、ほぼそれです。
まともな人なら、まず信じません。
「うへへへー」なんて笑ってくるOSなんて信じないし、ましてや声がスカーレット・ヨハンソンばりに(実際スカーレット・ヨハンソンだが)セクシーボイスという時点で、私ならまず「出会い系詐欺」かと疑うところです。

しかし。

本作の時代設定は、そんなことさえ起こり得る近未来なのです。主人公・セオドア(ホアキン・フェニックス)は、それを「すげーなー」くらいで受け入れ、そしてあろうことか…、OSのサマンサと恋に落ちるのでした。

しかしまー。

ううむ…。

それって、「二次元キャラへの恋心」と、何ら変わらない気がするのですが。

しかし、本作の大きな特徴は、OS・サマンサもセオドアに恋をするという双方向性にあります。
ありますが…、サマンサはただのプログラミングですよ。人間ではありません。人間っぽく喋れるだけなんです。そもそも、「女性」でもないんです。だまされないでください。声がスカ子なだけなんです。

セオドアが最初の設定において、OSの性別を「女」に設定したムッツリ具合とか、妊婦ヌードをちらりと確認するムッツリ具合とか、サマンサに「あなたのパソコンのファイルを確認していいか」と聞かれて少しためらうムッツリ具合とかも気になりますが、ともかく、サマンサはただのOSです。
OSが「恋」をするという設定にノレるかどうか。
この根本を受け入れられなかった私には、この映画はとても無理だったのです。

じゃードラえもんはどうなるんだ。ドラえもんだって、みいちゃんやタマちゃんやノラミャー子ちゃんと恋をしていたではないか(意外に多い)。「ロボットにも感情があるという設定」を受け入れられないとは、今さら何を言っているんだ。
…と言われるのはごもっともなんですが…。

her2.png


ただ…。
アニメ以外の映画やドラマに出てくるAIは、『ナイトライダー』のK.I.T.Tとか、『2001年宇宙の旅』のHALもそうですが、感情があるようで、でも機械的な面を残しているじゃありませんか。明らかに人間よりも温度が低いですよ。
それに比べ、サマンサは明るく気さくで人の悩みにも精通した上に、「性欲」や「嫉妬心」まであるものだから、もはやスカーレット・ヨハンソンがマイクを通して吹き替えているようにしか思えないのです!

…実は、私は往生際の悪いことに、誰かが隠しカメラを通じて喋っているんじゃないかなーと願っていたものです。もしくは…、スカ子が主演した『LUCY』の後日談だったら面白いのになーとか(それはあんまりだが)。

しかし、本作は世間で評価が高い。

それがショック!

「僕は綾波レイを愛しているのです」
「『ときめきメモリアル』の藤崎さんを心から想っています」

などと、40歳代の顔をしてキリリと宣言するのと、何の違いがあるっていうのさ!?
それなのに、会社の同僚も女友達もみんなして、「おかしいことじゃないよ」と理解してくれるなんて!
「私もOSが友達なのよ」などと、サラリとまあ!

もう知らん! 
お前たちみんな、知らず知らずに課金されとったらいいんだ!! 
…と最後までノレない私がいるのでした。

けれど。

素晴らしいどんでん返しがありましたー(o^∇^o)ノ
セオドアが離婚調停中の妻に、サマンサのことを打ち明けた結果。

her3.png
「あんたバカじゃないの!?」

すべてをひっくり返す見事なツッコミを入れてくれたのです。
この瞬間、全ての溜飲が下がりました。
もうエンドロール流してもらってもいいくらいでした。
それで、この物語は「オチ」てますもの。

王様は裸だ! と叩き付けた少年のごとく、セオドアに一ミリの遠慮もない嫁は、ズバリ言ってやるのでした。拍手~! 
この妻を演じるのは、『ドラゴン・タトゥ―の女』で最強のツンデレ女だったルーニー・マーラ。彼女が繊細な美貌の裏に隠し持つ攻撃性は、意表を突くからこそ大きなダメージとなります。

0004.jpg
ガビビビーン!(注・イメージ)

と衝撃を受けるセオドア。オレってリアルじゃないんだー、と。そうそう、私もそれを言ってやりたかったのだ。なんか胡散臭いんだよ、いつもイジイジして。それでいて「いいおじさん」ぶって。 このムッツリ! ヘンタイ! ホアキンの癖に!

と、何だか意地悪な気分になってしまう本作。

終盤、他にも多くの「恋人」がいたとサマンサから打ち明けられて悲しむセオドアは、もはや銀座のクラブのルールも知らずに、もて遊ばれたと喚き散らしているチャチな男にしか見えませんでした。
それだから、それ以降彼がどんなに素敵な言葉を吐こうとも、画面にはシラケ鳥が飛ぶばかり。彼のようになってはいけないよ。ナイーブを長所にしてしまった男の末路は、こんなものだよ。…という教訓にしか見えません。

ラストに突然思い立ち、嫁に「知ったような」謝罪メールを送りつけて悦に入っていましたが、これが現実なら、「着拒」に発展するだけだってばよ。

her5.png


とはいっても。
セオドアは、どーせ最後は女友達「エイミー・アダムス」とくっつくんですよ。えーそうですとも。エイミー・アダムスと…。
…いーなあー…。

ということで。
セオドアに一切感情移入できなかった私には、残念なことに全く何にも残らない映画でした。
(本作の映像の美しさ、色使いの素晴らしさは、他に見たことがないぐらい凄いのですが…)
あまりオススメはしません。
しかし、世間の評価はかなり高いですので、あしからず。


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

<スポンサードリンク>

Posted on 2014/12/21 Sun. 22:08 [edit]

TB: 0    CM: 0

21