素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標 /ルパンは蘇ったか。 


 LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標 [Blu-ray]
 LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標
 (2014年 日本映画)
  80/100点



ずっと前から言っていますけど、金曜ロードショーで毎年1回放映される「ルパン三世」の新作は、全く見る気が起きません。
内容はいつも変わらず、似たような「悪の組織」と「ヒロイン」と「お宝」が配置され、ルパン一味がドタバタを繰り広げるだけ。
かつての名作を越えようとか、新しいルパンを作り上げようとか、そういった「野心」は微塵もないテレビスペシャル。

と思って諦めていた時に、突如現れたのは、深夜アニメ『峰不二子という女』だったのであります。
妖しいまでのハードな雰囲気。イチから築き上げようとするかのようなデザイン。絶対にゴールデンでは放映できないほど、度肝を抜くキャラクターたちの関係性。
「今までとは違う、新しいルパンを観たい。」
これは、やはりファンだけではなく、作り手にもくすぶっていた「想い」だったのだ、と分かって嬉しく思ったものです。
そして、それを具現化してみせた英断に、思わず拍手喝さいなのでありました。

本作は、その『峰不二子からの女』の流れを汲む、第2弾なのです。

おまけに、次元が主役ってんだから観ないわけにはいきません。(『峰不二子の女』でも、次元の主役回が一番好きだったものだから)

ヤエル8


結論から言いますと。
テレビ以上映画未満という印象ではあります。上映時間が「1時間弱」と短いためか、物語の規模が小さいので、あまり「映画」を感じることはありませんでした。
ただ、これがもしテレビシリーズだったならば、海外ドラマの秀作にも匹敵する屈指の名作だと思います。

少なくとも、疲弊しきった現状の「ルパン」に、大きな風穴を空けたのは間違いありません。

作画や動きのクオリティは、決して高いとは思いませんが、それを覆す物語性や演出が施されていました。そもそも昔の名作アニメだって、作画や動きが良かったわけではないでしょう。それでも面白く観られるのは、「物語」や「演出(構図)」の巧さでカバーしてきたからではないでしょうか。

あらすじは、「ルパンと次元は、秘宝『リトルコメット』を盗むため、東ドロアにあるマランダ共和国大使館に潜入する。しかし、その渦中に二人は何者かに狙撃される。その弾丸に見覚えがあった次元は、郊外の墓地に向かう。そこには次元の墓が用意されていた。それは、伝説のスナイパー・ヤエル奥崎の殺しの手順であった。」というお話。

ヤエル7


<少しネタバレしています。>


・序盤でいきなり撃ち抜かれる次元とルパン、というハードな展開が見ものです。ただ、その後大したこともなく「イテテ…」で済んでいたのはご愛敬ですけど。

・ヤエル奥崎という敵キャラクターは、早撃ち対決で次元が負けてしまうほど「かなり強い」設定です。「敵が異様に強い」というのは、ハードな物語に不可欠な要素です。

・ヤエル奥崎は、標的を狩る前にサイコロを転がし、出た目と同じ弾丸の数で相手にトドメを刺す、というルールを決めています。事前に墓を用意するところといい、殺しをゲーム化して楽しんでいるようです。さらに、依頼のない殺しは一切やらないという、徹底したプロ根性も見せつけます。

ヤエル5


・東ドロアや西ドロアとか、それぞれの国の事情や陰謀などが絡んでいて、物語はいろいろと複雑です。しかし、それは短い上映時間では描き切れず、言葉の説明だけで終わるのが残念なところ。
しかし、ようするに「次元とヤエル奥崎の対決の話なんだ」と割り切って見ればいいので、問題ありません。

・途中で挿入される不二子のシーンは、過剰なほどHなテイストなので、あんまり好きではないです。ただ、作り手の「攻めの姿勢」を存分に感じます。どこに攻めてるんだ? という声も聞こえますが。

・ヤエル奥崎との最終対決で、彼の強さの秘密が明かされます。それを逆手にとるルパンの頭のキレも素晴らしければ、ポリシーを貫いた次元の闘い方も目を見張るものがありました。そうそう、ボクらは、彼らのこの「機転」と「渋さ」を待っていたのだ! と改めて嬉しくなるのでした。

・若干だけど。
カッコ付けすぎかな? という感じがしないでもないのは個人的感想です。
「次に風がやんだら…」とか、「うまいタバコが吸いたいだけ」とか、ちょっと古臭いカッコ付けのような気もしましたが、時代設定が1973年だから仕方ないのかも。
プカプカとタバコを吸う場面ってのが、もはや奇跡的ですから、時代は大きく変わったものです。そういう意味で、「現代」とは、ルパンにとっては居心地の悪いものなのかもしれません。

・考えてみると。
「ルパン」と「次元」だけで十分に物語が回せるんだなあと思ったりします。
「不二子」「五右衛門」「銭形」だって面白くなる「おいしさ」を持ってるはずなのですが、彼らは、これまで活かされないことが多かったように思います。
特に「銭形」は不憫です。インターポールの凄腕であるはずの彼にも、活躍場面があっていいのではと思います。
あと不二子にも、裸要員以外の見せ場を、今後は用意してあげてください。
五右衛門にいたっては、本作では写真のみの登場という、「(ダイ・ハードの)マクレーンの奥さん」並みの運命を感じさせますが大丈夫でしょうか。

ヤエル9


そして。

ラストのラストに現れたゲストに驚愕。
なるほど、そこへ物語はつながるわけか。
ハードテイストのルパンを作り上げた人たちの「狙い」が透けて見え、旧ルパンファンとしては溜飲の下がる思いがしたものです。これぞ待ちに待った、最高のファンサービスです。

・テレビスペシャルでは、コミカルな場面でのクリカンの声の張りに違和感がありますが、本作での抑え気味のトーンの芝居は、とても板に付いていて良かったです。

・あと、ちょっと…、印象的な構図とそうでない構図の差が激しい気がしましたが…。

・所々、絵がグダグタに動くのも気のせい…? 
例えば、序盤の大使館からの逃走劇。またその場面でいうと、散々発砲していた追手が、いざ目の前までルパンに迫ったら、撃たずに追いかけるだけなのはなぜ? そういう細かいところが気にかかります。

・超個人的意見ですが、出来たらおなじみのテーマ曲も聞きたかった。

ヤエル6


なんと、今年春からは新シリーズも放映されるというビックニュースもあり、いよいよ待ちに待ったルパンがお目見えするのでは?  と期待に胸が膨らんでおります。コンセプトは、「20代のルパンたちがスピーディーに大暴れ」とのことで、本作のハードボイルド感とは異なりそうですが、本気で面白く作ろう! という作り手の想いが伝わってきて、凄い活劇に仕上がりそうな予感がしています。
※後日、新シリーズを観ました。第1話はめちゃくちゃ良くて狂喜しましたけど、その後はちょっと大人しい感じだったので、途中リタイヤ。カタルシスを感じるような「活劇」を、もっと見せてほしかったなーと、個人的に。

それにしても。

このままコナンのバーターに成り下がるんじゃないかくらい心配していたものだから、『ルパン三世』に新しい息吹を感じられて安心しました。

今後の展開が、とても楽しみです! 実写除いて。


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

<スポンサードリンク>

Posted on 2015/01/27 Tue. 14:27 [edit]

TB: 0    CM: 0

27