素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

思い出のマーニー /ジブリの終焉を見た。 


 マーニー0
 思い出のマーニー
 (2013年 日本映画)
 75/100点



<謎に触れませんが、ほぼネタバレしています。>


ひょっとすると、スタジオ・ジブリ最後の作品になるかもしれない本作は、『借り暮らしのアリエッティ』の米林監督が手掛けた第2弾の長編アニメーションです。

が。

宮崎駿引退後、ジブリを引っ張っていくのではないかとさえ言われていた米林監督は、本作完成直後、なんとジブリを退社。

もちろん、製作部門を解体したジブリは、次回作以降、作品ごとにスタッフを結集させると言っているので、米林監督は今後もジブリに関わるのかもしれませんけれど。

とはいえ。

何となく…、ジブリの終焉を思わせるショッキングなニュースではありました。

しかし、残念なことですが、米林監督にジブリの後継が務まるとは到底思えなかったので、さほど不思議ではありませんでした。

アニメーション作家としての技術の問題ではありません。宮崎・高畑の志向とは、全く違う人だろうなーと思っていたもので。
ジブリファンが期待しているような映画を作る人ではないだろうなーと。

そこで本作ですが。

公開からだいぶ経ちますが、評判がいいですね…。
いろいろなブログを見ても、好意的な感想がほとんどのように思います。

だから言いにくいんです。

またもや世間の評価とズレてしまった…。
実は、私にはノレなかったのでした。

ちょっと元気のない時に観たせいかもしれません。
全体に流れる「シン」とした雰囲気が堪えたのかもしれません。
見終わった後、元気を吸い取られたような気がしたものです。

終盤は、確かに魅せる場面も多いですが、それは置いといて…。
とにかく序盤から中盤にかけては、驚くほどつまらなかった。

あ、すみません。本作が好きな方は読まれないでくださいね…。好き放題に書いていますので…。

マーニー2


主人公である12歳の安奈の境遇は、幸せなものではありません。
小さい頃に両親をなくし、養母と一緒に暮らしているためか、あらゆる「人」に心を閉ざしています。

可哀想な境遇だし、まだ子供だし、ひねくれてしまうことがあるのは仕方ないと理解しています。
思春期の苦みがとてもリアルに描かれているのは、米林監督の見事な手腕であるとも思います。

けど…、序盤から、安奈の行動には、イチイチ「イタいなあ」と思ってしまい、落ち着かなかったのです。

安奈は友達を作ろうとしません。
「他人は輪の中、私は輪の外」と、人とのつながりを嫌います。
阻害されているのではなく、自分から輪の外に出ているに過ぎません。
彼女は、自分で人間不信の種を撒いているのです。

そして極めつけは、療養に出かけた先で、同じくらいの歳の太めの女の子が話しかけるや、鬱陶しくて思わず、「ふとっちょブタ!」と言い放ちます。
キテレツ大百科の「ブタゴリラ」に勝るとも劣らない斬新な悪口に、びっくりしました。

安奈はそんな自分が大嫌いで、独りで泣いていたりするので、本当は、「人」とのつながりを人一倍に欲しているのでしょう。

それは分かりますが。

気になったのは、その後。
マーニーが現れた時です。安奈がマーニーにだけは心を寄せるのが、とても「気持ちが悪い」と感じたのでした。

なぜ、安奈はマーニーとは友達になりたいと思ったのか。

終盤では、彼女たちの関係について「ある秘密」が明かされます。
だから、今から書くことは大間違いです。
しかし、序盤ではそんなことは分かりませんから私思ってしまったのです。

ははーーん。

安奈めー。

こういう特権階級っぽいパツキンの美少女とお友達になることで、自分の価値を上げようとしてやがんなー…って…

醜い「太っちょブタ」なんかと友達になるもんかい。私に冷たくするようなレベルの低い奴なんかこっちから願い下げじゃ。
でも、マーニーはめちゃめちゃ綺麗だし、金髪すごいし、ミステリアスだし、特別感があるから、こういう子と友達ってなんか…、あたしもイケてない?

などと思っているわけでないでしょうけれど、それに近い、認証欲求や虚栄心を満たそうとする心の内が、なーんか透けて見えるような気がしたのです。

いや、だから…、本作が好きな人は読まないでくれと言ったでしょうに。
さらに続きますよ。

マーニー3


それから。

思いがけずマーニーの不幸話を聞くや、「あたしの方がマシじゃん」と己の傷を慰める安奈。
いやいや、もちろん、そう思っているわけではないでしょう。そうでしょうけれども…

本作には、これまでのジブリ作品のように、「何かを成し遂げて自信を付ける」などというポジティブな発想は見られません。
セラピーの会合みたいに、安奈とマーニーが互いの不幸話を披露しては傷をなめ合っているようで、本当に落ち着かないのです。

とにかく序盤からメソメソしていて、見ている方がつらい…。
ジブリのこれまでのヒロインの中で、最も頼りなく、動きのない少女たちなのでした。

本作の、中盤までの面白くなさは異様とさえ思います。

「いい人」代表のような、田舎のおばちゃんやおじちゃんの描き方も、ステレオタイプでなじみません。
かと思いきや、安奈が夜中に道端で倒れていても大して心配せず、その後も外出を容認しているのが不可思議です。
終盤も終盤、お礼を述べる養母に、「あたしら何もしていないのよ」と言っていたけど、本当にその通りです。

ついでに言うと。

終盤、マーニーと自分との秘密を知った安奈は、いろいろな人にそれを教えようとしていましたけど…、それは…、止めた方がいいのでは…。
「あのね、あのね。夜中に金色の髪の女の子と出会ってね」…などと嬉しげに報告しようものなら、きっと、
こいつ重症化してるやん…
と戦慄が駆け抜けることでしょう。絶対に秘密にしておいてー!

さて。

いろいろ悪く書きましたけど、これは…、懐古厨のジブリ欲求のせいかもしれません。

正直言って、「活劇」が見たいのです。
それが、多くのジブリファンの想いではないでしょうか。
「ナウシカ」「ラピュタ」「もののけ姫」…血沸き肉躍る壮大な物語が見たいのです。それなのに、丁寧な心理描写の少女アニメーションなんて、もう、ほんとに興味が湧かないのですよ。

聞けば、米林監督は「汚いもの」を描きたくないそうです。
また、以前『平家物語』の企画があったそうですが、「人が死ぬのを描きたくない」というスタッフが多くて断念した…、という話も聞きました。

これらは、すごくガッカリなエピソードです。

ジブリはもはや、我々が求めるジブリではありえないのです。制作部門の解体は必然としか言いようがありません。

宮崎駿がかつて巻き散らかしてきた「狂気」や「毒」は、誰にも継がれず、綺麗さっぱりになくなってしまったのでした。

マーニー4

ただ。

本作は終盤から急にテンポが上がっていき、抑え気味の演出も、途端に印象的になっていきます。
なにより、マーニーの秘密が、哀しげなホラー映画のように明かされていく展開にはゾクリとしました。

おいおい、マーニーってやつは、安奈を認識していないじゃないか…。

ここからは面白く観ました。残酷な結末を予感させ、中盤までのゆるい雰囲気にしびれを切らしていた私も、さすがに見入りました。

矢継ぎ早にマーニーの不幸が綴られていく展開には、少し眉をひそめますが、自分の生まれたルーツを知った安奈は、残された者の生きる意義を感じたかのように、力強さと元気を手に入れます。

窓辺から、安奈に大きく手を振るマーニーの姿には、まさに「懸命に生きろ」というメッセージを感じました。
物語に、ようやくポジティブな空気が流れ込んできて、ほっとしたものです。

マーニーから安奈に受け継がれた思い出は、きっと安奈の今後の人生の糧となることでしょう。

逆に。

宮崎駿・高畑勲の両雄から引き継がれたスタジオ・ジブリは、私のようなオールドファンの思い出によって、ズシリと重たい十字架を背負わされてしまっているのかもしれないなと…、ちょっと思ったりするのでした。


   

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>


Posted on 2015/05/22 Fri. 13:11 [edit]

TB: 0    CM: 0

22