素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

オオカミは嘘をつく /タランティーノは嘘をつく!? 


 51At6iZ5s1LSS400.jpg
 オオカミは嘘をつく
 (2013年 イスラエル映画) 79/100点


ポスターにデカデカと表示されているように、タランティーノが「今年のナンバー1だ!」と言ったとか言わないとか。
いや、きっと言ったのでしょう。タランティーノファンの私ですから、やっぱりその謳い文句は気になってしまうわけで。
しかし。
本作公開の2013年。
毎年発表される「タランティーノが選ぶ今年のお気に入り映画ベスト10」に、まんまと本作が入っていないという衝撃。そっちの方が驚いた!

たぶん…、タラったら、本作を見終わった瞬間のテンションで「スゲーよ、コレ。ナンバー1だよ!」と興奮したのでしょう。その後、次第に冷静になっていったのだと思います。
とはいっても、一瞬の感情だったとはいえ、タラが「スゲー!」と思ったのですから、一見の価値があるのではないかと。

で。

珍しいイスラエル映画として観ると、イスラエル人の感覚であるとか、考え方や文化的な背景が垣間見られて、そこが興味深かった。

てゆーか。

タランティーノの琴線に触れたのは、間違いなくここ。
いわゆる本作が「拷問映画」だというところ。
拷問志向のタランティーノは、まさにそこに昂ぶり、上記の発言をしたのですな。その後、「ええ加減にしとけ…」と、誰かにたしなめられたに違いありません。

タラ
(「お ち つ け」と諭されるタラ氏)


あらすじは、「少女が行方不明になり、その後無残な遺体で発見される。刑事ミッキは、容疑者の男・ドロールを拉致し、尋問しようとする。一方、少女の父親・ギディもまた、容疑者への憎悪に駆られ、おぞましい拷問の準備を進めていた…」というお話。

ookam7.jpg


『プリズナーズ』にことさら似ています。
しかし、本作ではすでに娘は殺されているのですから、拷問の目的は、「遺体の一部」をどこに隠したのかを探すため。実にやるせないです。ある意味、すでに物語は終わっています。
誰も救われない。誰も得しない。誰にも理解されることがない。
ただただ、容疑者の男がいたぶられる無残な拷問劇が幕を開けるのでした。

ただ。

さぞや凄惨な映画だと思われることでしょう。
ところが本作には、そこはかとない「コメディ要素」が味付けされています。
この要素の受けとめ方で、本作の賛否が分かれるところです。
個人的には。
猟奇殺人とコメディと聞くと、『殺人の追憶』がピカイチに凄いですね。あちらは、「笑いの要素」が、警察の間抜けな捜査への皮肉になっていて、事件解決の遅れを「意味」していました。しかし、本作の笑いには、今一つノリにくいのです。

警察署長の息子が刑事・ミッキに威張り散らす場面だとか、少女の父親・ギディが、拷問の途中に軽快な音楽と共にケーキ作りをしてみたりだとか…。

それ、いる?
という感覚があったのです。

けど終盤で、ある人物が急に拷問に参加するくだりはクスっとなりました。さっきまで拷問に反対していたのに、いざとなると一番凶悪だったとは! 
『アウトレイジ ビヨンド』で、揉め事に終始浮かない顔をしていた大友(ビートたけし)が、いざとなったら一番ウキウキと電動ドリルを握っていたあの感じ。

登場人物はあまり多くなく、前半からの流れはいたってシンプル。だから、「誰が本当の犯人なのか?」と推測できる人物は極めて限られています。

・刑事・ミッキ 犯人の可能性40% 彼の謎:主人公なのに地味
ookami.jpg

暴力刑事です。しかしその原動力はあくまで正義感。出世欲や自己顕示欲で動くわけではないので、基本良い人に思えます。
しかし、なかなかのドジっ子で、ギディに二度も昏倒させられる失態を演じてしまいます。つーか、主人公なのでしょうが、地味な風貌の為に分かりづらい。誰を主軸に鑑賞すればいいのか、序盤は少し迷いました。


・娘の父親・ギディ 犯人の可能性80% 彼の謎:驚きの年齢設定
ookami2.jpg

父親が犯人ってのは、アンビリーバボー的で定番ですな。
まさかそんな定番はないだろうと思うのですが、容疑者への執拗ないたぶり方が正気とは思えず、おまけに楽しげに薬剤入りのケーキを作り始めるものだから、一躍犯人説のトップに躍り出るのでした。
おまけにこの風貌にして45歳設定という謎のキャスティング! 彼の年齢が判明した時が、本作で最も目を丸くした瞬間でした。ギディの親父も出てきますが、あんまり風貌が変わらない。『酔拳2』に出てきたジャッキーチェンと両親を思い出させる程、無理やりな親子設定。
宣伝用ポスターでも、何気に彼が一番ドヤ顔に見えるのは気のせいですか。


・容疑者・ドロール 犯人の可能性30% 彼の謎:痛みの耐性
ookam3.jpg

冒頭から拷問に遭っているとても可哀想な人。職業は教師。証拠もないのに、警察から、被害者の父親から、職場の上司から、生徒から、みんなから疑いの目を向けられています。ほとんどイジメです。彼の唯一の希望は、自分の娘です。彼は言います。「娘を持つ者が、少女を殺すわけがないだろう」と。
それにしても。
これ以上続けるとシカゴ大火災だって放火したと白状するぜ(『レザボア・ドッグス』より)と思えるほどの拷問を受けても、何故か、そこまで痛そうに見えません。これは意図的なのか、演出の問題なのかは分かりませんが…。


<以下、犯人が誰かは言いませんが、ほぼネタバレです。>


・ギディの親父 犯人の可能性60% 彼の謎:人が焼ける匂いが好き
ookam4.jpg

彼には笑った。
息子の拷問場面を目撃し、「やめるんだ」と説得します。唯一まともな人間が現れたとホッとしたのも束の間、急にギディに理解を示し、あろうことか「…火責めは試したかね…?」と耳を疑う提案をする始末。
そう、狂気に駆られた登場人物だらけの中、彼こそ真のボスだったのであります。
「動物と一緒なのだよ。人間も火が苦手なのさー!」と鬼畜にはしゃぎます。「お前、ダレ…?」と言いたげなミッキとドロールのあんぐりした顔が見ものです。


ということで、容疑者はたった上記4人なのであります。

そして。

確かに、驚きました。

「犯人が誰か」が、本作の胆ではありませんでした。

思慮の浅い「行き過ぎた暴力」が生み出す、強烈な悲劇だったのです。

勘のいい人は結構早めに気付けるそうですが、私は、ドロールがウソの遺体の隠し場所を話した後、確認のためギディが一目散に車を飛ばす所で、ハッとしました。確かに油断していたので、ドキリとしました。

そしてその直後。
本作には、もう一つの事件が隠されていたことが分かります。

ookam5.jpg


これがなんたる後味の悪さ…。
完全にブラックに終わるこの結末は、「ほほー」と唸らせるものがあります。

だけど、不思議な事に、最後の悲劇に見舞われたある人物のリアクションが、薄い気がするのは気のせいでしょうか。
それとも、これがリアルなのでしょうか。
そういった、普段見慣れた映画とは少し違う感覚が、逆に面白くも感じました。

まー。
この人は「拷問映画」なら、何でもいいんでしょーけれどね。

タラ2
(ちょっと反省してみるタラ氏)


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

<スポンサードリンク>

Posted on 2015/06/30 Tue. 14:11 [edit]

TB: 0    CM: 0

30