素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

ヴィジット /視える…シャマラン監督のドヤ顔が。 


 vijitoo.jpg
 ヴィジット
 (2015年 アメリカ映画)  
 89/100点



『シックスセンス』以降、どうしても鳴かず飛ばずで失速を続けていたシャマラン監督が、ついにホラーに回帰して傑作を作り上げたと評判の本作を、結構期待して観に行ってきました。

で。
これ、私はかなり好きです。

おぞましかったです。
恐ろしかったです。
加えて、シャマラン節といいましょうか、家族ドラマや登場人物が面白く、終盤の演出なんてニクイほど巧かった。

おまけに、高齢化社会の問題についても学べる…かもしれません。
痴呆老人をテーマにした日本映画『花いちもんめ』をちょっと思い出しましたもので。

あらすじは、「15年前に母親が家出をして以来、交流していなかった実家に、娘と息子が遊びに行く。そこで迎えてくれた優しいおじいちゃんとおばあちゃんが、徐々に奇行を見せ始める。この家に隠された謎とは…?」というお話。

ヴィジット3


親元を離れ、普段交流のない親族の家に泊まりに行くと、馴染みのない風景やその家のしきたりが合わなかったり、思いがけない親族の悪い所(ケンカとか)を見たりして、心細い気持ちになることがあります。
主人公の二人の子供たちに募っていく不安な気持ちに、共感したものです。

このね、エスカレートしていくジジババの奇行がむちゃくちゃ怖いのですよ。
ウソでしょ…ってくらい、突拍子もないのです。

おばあちゃんなんか、夜中になると裸で走り回っているのだから。

おじいちゃんも徐々に負けじと狂気を炸裂させていきます。その錯乱ぶりは、『龍三と七人の子分たち』のジジイたちに匹敵。

jijii2.jpg
いい勝負しそう。


この映画を、POV方式(劇中の映像は全て、登場人物の持つビデオカメラが撮影したものだとする手法)にしたのは正解だと思います。本作で描かれる恐怖描写は、現実感を強く感じないと、完全にコントになってしまうからです。

例えば、深夜に、子ども部屋の外から妙な物音がするので、少年がドアを開けると、目の前で裸のおばあちゃんが猫のように壁をガリガリひっ掻いているのです。すぐさま、パタン…と静かにドアを閉める少年。…この流れってコントみたいです。
目を丸くする少年に向かって姉が、「寝言みたいなものよ。あんたも昔よくあったわ」と無理やり納得しようとするのも、喜劇ギリギリです。

おばあちゃんが会話中に突然怒り出すのも、ダウンタウンのコント「キャシー塚本(料理中に急にキレ出す)」みたいです。

でも…、これら一連の地味な怪奇現象は、この撮影方式だからこそリアルとなり、恐怖が増幅されるのだと思います。

無論、POV方式の弊害もあります。
散々言われていることですが、「窮地に、なぜ登場人物はビデオカメラを手放さないのか」という問題です。
『REC』や『クロニクル』では、この問題をクリアする秀逸なアイディアを示していましたが、本作はとくに何も手を打っていません。
ゆえに、終盤で「それはない」という状況が見られました。

この方式の映画は、その瞬間に冷めてしまいかねないので、惜しい部分です。

それと、「わっ!」という突発的な脅かし方が多過ぎなのも、気になりました。じめっ…じわっ…ぞぞっ…とした怖さが好きなもので。

ヴィジット2


本作で面白いのは、主人公二人のキャラクターです。

姉は映画監督を目指しています。
それで、今回の帰郷をずっと撮影し続けているという設定。
おまけに、ジジババにも積極的にインタビューをしたりします。母親の為だったとはいえ、一度キレられた質問さえ再度繰り返すド根性を見せ、緊張させます。ジャーナリストにも向いているかもしれません。

弟は、変なラッパーです。
女性蔑視の歌を(意味もわからず)口ずさみます。ド生意気です。ジジババを欺くために、「子どもっぽい遊び方」を見せつけるなど、お灸をすえたくなるような側面を見せます。

この二人は、過去に父親が行方を消したことに対する心の傷を負っています。それが、シャマラン監督お得意の家族のドラマを紡いでいきます。
終盤、それが見事に結実する場面が、とても感動的なのです。

ただ一つツッコむと、今回のような経験をしたら、普通なら心の傷はもっと悪化すると思うけどね! 

さらに言うと、とっととこの館から逃げ出すけどね! 彼らは、なぜか逃げない。 

つまり。
結果、彼らはなんか強い。めげない。頭いい。おまけにこの二人を演じた子役は、芝居がすごい!

この点が、本作の安心材料になっている気がします。
映画の内容は結構重いのに、映画が暗くなり過ぎないのです。
これは、絶妙なバランス感覚だと感じました。

ヴィジット


<少しだけ、結末に触れます>


これまでシャマラン監督は、作品に「驚愕のオチ」を過剰に期待されてしまう運命を背負ってきました。
そのために、無理やりなオチを付ける傾向があり、逆に映画の評価を落としてきたように思います。
『サイン』や『ヴィレッジ』など、終盤まで凄く盛り上がって面白いのに、「オチ」でなんじゃこりゃと言われ、ダメ映画のように烙印を押されてしまうのです。

この「期待」からの脱却が、シャマラン監督の大きな課題だったのだと思います。

それで。

本作にも、どんでん返しはあります。
もちろん、ここでは触れません。

そのオチは。
とても良かった、と私は思いました。

うん、うん、いいんだよ、それでいいんだよ。そんな感じでこれからも行こうよ。
そう優しい気持ちになったのは、私だけでしょうか。
厭味ではありませんよ。ホントにそう思いました。

それよりも!
「オチ」以降の終盤の演出がものすごく好きです!
拍手したい気持ちでした。伏線の回収がうまいんですなー。あの曲!

「低予算映画にシャマランのA級の演出」と聞いていましたけど、本当にその通り! 

私は、シャマラン堂々の復活であり、そして新生したのだと確信したものです。
絶対に監督は自信を取り戻しているはずだと、私のシックスセンスが告げるのです。
I can see- (私には視える。彼がシャレオツなシャツを着て、ニタニタしてるドヤ顔が視える…)

こんな感じで。
シャマラン


注! 
ただし、本作には2回程、ドン引き必至の下ネタが出てきます。
食事前の鑑賞は絶対にお控えください!


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>


Posted on 2015/10/27 Tue. 21:46 [edit]

TB: 0    CM: 0

27