素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

ミツバチのささやき /となりのフランケンシュタイン。 


 ミツバチ
 ミツバチのささやき
 (1973年 スペイン映画)  
 85/100点



<ネタバレしています。>


ミツバチ

年の瀬、今年最後の映画ということで…軽い気持ちで選んだら、どえらい映画を見てしまいました。
しまった…書きづらいタイプの映画じゃん…。

本作は、映画史に残るほどの名画です。ヘタなことを書いたらヤケドする類の映画であったのです。

表層的には、「夢見る少女が、夢を追いかけたら現実になったよ」というステキっぽい物語ですが、深層にたっぷりと沈殿された製作者たちの思惑が、やけに重いです。
制作当時、スペインでは軍事的独裁政権が幅を利かせていました。無論、映画には検閲が入るものだから、悟られぬように政権批判を織り込んでいるというのです。

小さい子供を楯にして、何やってんの…? 

安心しないでください、実は深い意味を隠していますよ、と言わんばかりの抽象的な場面の数々に、折り目を正して鑑賞しました。

ミツバチ2


以下、意味深なシーンをいくつか列挙します。

・映画『フランケンシュタイン』
冒頭は、村の映画館にフィルムが運び込まれる所から始まります。子ども達が楽しみにしているその映画は、果たしてどんな映画なのでしょう。今でいうところの…、『アンパンマン』みたいなものでしょうか? 目を輝かせながら子供たちが見つめるスクリーンに映されているのは…ある意味、愛と勇気以外に友達のいない『フランケンシュタイン』でした。
少女が殺されたりする残酷な映画です。このチョイスって映倫的にどうなの?
その日の夜、アナは映画の内容について姉に問います。「なぜ女の子が殺され、フランケンシュタインも殺されたのか」と。案の定、幼きアナの心に、この映画は強烈な印象を残したようです。…物語は、フランケンシュタインの存在を信じたアナを軸としています。

・バラバラな家族関係
主人公の少女・アナのお父さんは、世捨て人のようにミツバチの飼育をしています。お母さんは何やら昔の恋人らしき人に手紙を送っています。アナと仲が良さそうな姉ですが、次第に溝が見えてきます。当時のスペイン国内のバラバラな人間関係を象徴しているのです。

・ミツバチについて
夜な夜な、アナの父親がミツバチについて文章を書きしたためています。ハチの労働の厳しさについてです。死ぬ自由さえ奪われているハチを憂います。どっこいそれは、現政権の圧政を示しているのです。勢いあまって書き過ぎた「ヤバイ部分」を、線で消したりしていますが、消されることによって、より強烈にその文章の意味合いが強まるのです。
そもそも。
アナの家の外観自体、蜂の巣のようです。学校に入っていく子供たちの様子もまた、ハチのように見えました。

・不可解な姉の行動
ほとんど同い年に見えるアナと姉ですが、姉は序盤からアナに適当な嘘を言ってみたり、やや意地悪な部分を見せます。次第に変な行動も。猫の首を絞めてみたり、指先から出血した血を口紅にしてみたり、死んだふりをしてみたり…。

アナは次第に姉との距離を感じ、孤独になっていくようでした。それが、アナの妄想をさらに助長していくのです。

・毒キノコ
毒キノコを父親が踏みつぶす場面も、強烈です。『スーパーマリオブラザーズ2』のみでその出番を終えたように、世間にそぐわないものを問答無用で排除する様は、まさに冒頭のフランケンシュタインと重なり…つまり「反政府側」の象徴というわけです。

その他、人体模型や謎の絵画、影絵といった、いくつもの意味深なシーンが連なって出てくるので、落ち着きません。

ミツバチ4


物静かな映画の様でいて、うっすらと上塗りされた「死の匂い」に緊張します。
死後の世界のような静寂さと、荒涼とした風景もあいまって、アナの周りには「不穏」がまとわりついているようなのです。
個人的に一番緊張したのは、アナと姉がレールの上に耳を重ねる場面。機関車がやってきても、アナはすぐにその場を離れようとしません。姉の「アナ!」という叫び声にドキリとしました。

もちろん、「姉の死んだふり」も強烈です。内容を一切ネタバレせずに観たので、そんな衝撃な展開をするのかとドキドキしました。でもよーく観ると、横たわる姉が微妙に動いているものだから、生きているのか、演出が甘いのか分からず、随分揺さぶられました。
けれど、このイタズラはアナに相当なショックを与えました。嘘だったとはいえ、一時的に「本物の死」を実感してしまったアナは、心のバランスを大きく崩し、ますます現実と虚構の境があいまいになっていくのでした。

ところで。
本作は『となりのトトロ』のモデルであると聞いて、妙に納得してしまいました。
幼い姉妹や怪物が出てくる設定だけでなく、その…「死の匂い」に関してです。有名な「メイとサツキ死亡説」をジブリは正式に否定しています。しかし、とても寂しい気持ちになるシンとした空気感を、確かに『トトロ』にも感じるのは、何も糸井重里が棒読み過ぎるからではないのです。
「新池で見つかったサンダルは、本当にばあちゃんの見間違いだったのか…」とか。「終盤のサツキとメイに生きている感じがしない…」とか。噂に過ぎないとされる「裏側の意図」が、トトロのでっぷりとした体躯の背後から、じっとこちらを覗き込んでいるような気がするのです。

さて。

子どもとは、ファンタジーに感化されやすい生き物です。誰にも、そういう思い出があると思います。まさにアナと同じくらいの年のころ、小学校で奇妙な噂が流れたことがあります。「今夜、あるマジナイを施さないと悪魔が家に入ってくる」みたいな噂でした。一ミリも疑うことなく、とても恐怖を感じたのを覚えています。
精霊が住んでいると教えられた家に、たまたま逃げ込んできた逃亡者を、アナは「フランケンシュタイン」だと思い込んで匿います。その時のアナの感情に、とても懐かしい共感を覚えたものです。直後、ついにアナに訪れる「本物の死との遭遇」は、アナを大きな混乱(錯乱)へ陥れるには充分な恐怖であったはずです。
この世の全て(政権)を信じてはいけないと、少女は悟ったのではないでしょうか。

ミツバチ3


孤独ののち、アナの前に現れた怪物(精霊)は、アナに新しい世界が訪れることを予感させます。映画の裏側では、アンチ・フランコ政権(当時の独裁政権)を意味しているといいます。しかし、ここにはアナ自身の成長も感じ取れるのです。不甲斐ない父親や母親、そして一足先に大人の階段を上っていく姉との決別を心に宿し、自分の道を歩みだしたのだと思います。

とかなんとか、難しい論評は下記を参考にされてください。
 「ミツバチのささやき」~芸術家の眼差し


2015年、最後にして手ごわい鑑賞でありましたが、たまには、クラシカルな名画も勉強になります。

来年度は、私もミツバチの働きから、少しでも抜け出したいものですなー。


   

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

<スポンサードリンク>

Posted on 2015/12/31 Thu. 15:23 [edit]

TB: 0    CM: 0

31