素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

ルーム /親になったからこそ、闘えた。 


 ru-mu.jpg
 ルーム
 (2015年 アメリカ映画)  90/100点


だいぶ更新が途絶えましたが、ようやく再開…、で年内最後です。

さあ。

年内最後の本作は、本年のアカデミー作品賞ノミネートの傑作。

物語の設定は、信じがたいほど過酷なものです。

あらすじは、「主人公のジョイ(ブリー・ラーソン)は17歳の頃、知らない男に監禁される。そして2年後、監禁したその男の子供を出産する。その子は、生まれてずっと監禁部屋しか世界を知らない。そして5歳になったある日、彼女はついに息子と脱出するのだが…」という物語。

ルーム0


そもそも、時折こういう監禁事件が実際に起きていることが信じがたいです。
おまけに、本作は実際の事件(フリッツル事件)を下敷きにしていますが、実際の事件の方がはるかにおぞましいのだから、事実は小説より恐ろしいのです。

ただし、本作はこの「監禁事件」を中心に描きません。
そのため、そこまで陰残な描写ではありませんでした。
さらに、結果として親子が救出されることが分かっているから、何とか序盤の監禁場面は安心して見ることが出来ます。

本作の主軸は、「監禁事件後」にあるのです。

序盤は、監禁部屋での親子の生活だけが描かれます。
監禁されているとはいえ、生活用品は男から支給され、通常の生活空間と変わりません(キッチンも風呂もベッドもあり、意外に充実している)。
ジョイは、息子のジャックに事実は告げず、外の世界はないものとして生活をさせていました。その努力のおかげで、ジャックは、その監禁部屋での生活に恐れを抱くことも、つらい思いをすることもなく過ごすことが出来たのです。

ふと思い出したのは、ロベルト・ベニーニの『ライフ・イズ・ビューティフル』です。ナチスに収用されたユダヤ人の父親は、息子に、「これはゲームなんだぞ」と面白おかしく言い聞かせ、安心させていました。本作も同様です。もう、これだけで感動的なんです。子供のために、嘘も方便。「ここが世界の全てよ」と話し、ジャックを恐怖から守った親の愛の深さたるや。
その分、ジョイは苦しんでいたはずです。息子が成長するにつれ、嘘はいづれ通らなくなることは分かっているのだから。

通常、こういった監禁事件では、被害者はなかなか脱出を試みる気にはなれないといいます。こういう事件が報道されるたびに、「逃げればいいのに」と疑問を持つ人もいますが、徹底した恐怖は、人間を「無気力」にさせるそうです。

しかし。

ジョイは、息子・ジャックのために決意します。
ジャックは5歳。もう、嘘は突き通せない。そして、いくらなんでも、外の世界の生活、つまり「普通の生活」をスタートさせねばならない年齢になったからです。

ルーム1


ところで。

ジョイが考えた脱出作戦…、ちょっと無理があるような気はしました。とてもうまくいきそうにない作戦だと思ってしまったものです。
おいおい…、その作戦だと…、息子が焼かれてしまうって心配はしなかったのかい…?

ただ!

<以下、結末には触れませんが、ややネタバレしていきます。>


逃げ出すことに成功したジャックを保護した黒人の女性警官には、いたく感動した! うまく監禁場所を話すことのできないジャックから、上手に情報を聞き出し、素晴らしい推理力で監禁場所を探し当てるのです! ジャックが言葉足らずでハラハラさせるものだから、余計に女性警官の優秀さが有難くて、これには泣けたなー。ジョイに代わって、ありがとう! と感謝したものです。

ルーム3


しかし。

皮肉なことに。

監禁後、この親子を待ち受けていたのは、決して生易しい「外」での生活ではありませんでした。
7年間の間に変わってしまった家庭環境。
珍しいものを見るかのような世間からの視線。
すると聞こえ出す、「わかったような辛らつな意見」

ジョイの心をえぐったのは以下の二つ。

・ジャックを受け入れられない、ジョイの父親。
ジャックは監禁した男の子どもです。そのため、ジョイの父親は、ジャックを直視する事ができません。ジョイは自分の父親に訴えます。「ジャックはあの男の子どもではない。私の子どもだ」と。そういう「感情」として、皆で受け止めればいいと思いますが…。どうしても、特に男性には、「理屈」でしか考えられない人もいます。
いつかジャックに、父親や出生について話すのかなど、いろいろな課題はあるでしょう。しかし、それはそれ。何とでもなる。そもそも、ジャックに罪はないということが、一番重要だと思うのですが。
ジョイの実の父親よりも、血のつながりのない新しい父親の方が、優しくジャックに接するのが、皮肉でした。

・インタビュアーが無神経に追求する、「出産した時に、なぜ子供を外に出さなかったのか」という疑問。
ジョイにも罪はないはず。彼女は絶対的な被害者です。しかし、何か悲惨な事件が起きた時、何故か野次馬は、「事件」と「被害者」の間に「因果」を見出そうとします。「この人は、こんな人だから、こんな目に遭ったのだ」という理由を欲するのです。
なぜなら、「誰にでも起きうる事件」だなんて、あまりにも不条理で恐ろしくて、受け入れ難いからです。「だから、自分はこんな事件には巻き込まれないはずだ」と思いたくて、被害者の落ち度を探そうとするのです。

そういった、いろいろな煩わしい「外」での出来事がジョイに降りかかり…

ジョイは、次第に心を壊していきます。

「監禁部屋」から逃れてもなお、ジョイは「世間の壁」に阻まれ続けるのです。

ルーム4


さらに。

息子のジャックは、「あの部屋に帰ろう」とまで言い出すのでした。
子どもにとって、生まれ育った場所とは、たとえ「監禁部屋」であっても慣れ親しんだものです。その部屋での母親との穏やかな生活に比べ、「外の世界」は、ジャックにはなかなか煩雑なものだったのです。
少しばかり、『そして、父になる』を思い出します。やはり、これまでの生活を捨て、新しい世界に入ることは、子供にとっては苦痛です。思い起こせば、ジョイが監禁部屋からの脱出をジャックに話した時、ジャックは頑なに拒否していました。その気持ちは、胸が締め付けられるほどよく分かります。この一連のジャックの気持ちの流れは、子どもの心を捉えた素晴らしい描写だと思いました。

本作は、この親子の再生と、ジャックの成長を丁寧に描いていきます。

中盤以降、本作は意外に静かに展開します。
けれど。
少しずつ、少しずつ…、「普通の生活」を取り戻していく二人の姿が、感動的です。

同じ年頃の子どもを持つ親が観たら…、きっと、今すぐにでも子供のそばに寄り添いたくなるでしょう。


ルーム5


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2016/12/30 Fri. 10:08 [edit]

TB: 0    CM: 0

30