素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

バートン・フィンク 売れっ子作家のスランプあるある話。 


 無題
 バートン・フィンク
 (1991年 アメリカ映画)85/100点


ジョエル・コーエン監督、イーサンコーエン脚本、いわゆるコーエン兄弟の描く不思議な物語。
カンヌ国際映画祭で大絶賛された本作は、まあ平たく言うと「上質な世にも奇妙な物語」といったところです。(平たいなー)

あらすじは、「劇作家のバートン・フィンク(ジョン・タトゥーロ)は、腕前を買われてハリウッド映画の脚本を依頼される。執筆の場としての滞在先は、人の気配のない奇妙な安ホテルだった。社会派の作品を得意とするフィンクに、映画会社は『レスリング映画』の脚本を依頼する。全く得意としない分野のために、遅々として執筆が進まずに焦るフィンク。ホテルの自室では、気を散らす様々な物音などに悩まされ、挙句にスランプから抜け出せない状態に陥ってしまい…」というもの。


隠れたマフィア映画の傑作「ミラーズ・クロッシング」の脚本執筆中に、実際にコーエン兄弟が苦しんだ経験をもとにしているとのこと。
ホテルの隣から聞こえる笑い声や喘ぎ声、はたまた「ぷーーーーん」と飛び回る蚊の羽音、不気味な液体を滲ませてベロリンと剥がれる壁紙。
全てが意図しているかのように起こり、フィンクの神経を逆撫でします。
芸術を生み出すことの苦しさ…天才と謳われる男の息の詰まる葛藤。
フィンクは悩みます。
悩みます…けど…ま、でもー、フィンクが依頼されているのは「レスリング映画」で、いわゆるB級映画なのです。
映画会社の社長は、「良いヤツが主人公(孤児ならなお良し)で、悪いヤツが敵で、途中でアクションあって、ロマンスあって、最後にハッピーエンドってストーリーで!」って単純明快に依頼しているのに、フィンクは何をどう勘違いしているのか、そのアドバイスが全く耳に入っていかない様子。
このズレた感じが、ずっと続いていきます。
頭に何も浮かばないフィンクの姿に対して、「なんて才能のあるやつだ」と根拠のない厚い信頼を寄せる社長。
この社長、一癖も二癖もありまして、フィンクを叱りつけた側近を罵倒し、「代わりに謝らせてくれ」とフィンクの前でひざまずいて靴にキスまでする始末。あー、この社長はこうして人をたらしこみ、動かし、自分は何もせずに財を築いた人なんだなー、と思わせる一幕です。いるいる。
こんな社長に飲み込まれ、フィンクは「書けない」などとは口に出来ず、どんどんどんどん追い詰められていくわけです。

無題1
(ばーん! でーん! どどーん! と作ってくれりゃーいーんだよ!)


本作は、この社長をはじめ、実に奇妙奇天烈な登場人物がおもろ怖いのです。

フィンクが助けを求める有名作家のメイヒューは、紳士然としていますが完全アル中の男。
アドバイスをやるよ(キリっ)」と言われ、救われる思いでメイヒューの家に行くと、部屋からとんでもなくヒステリックなメイヒューの怒声が聞こえてきます。
普段は冷静な趣きをしていながら、このギャップの恐ろしさ。
フィンクのみならず、我々観客も「おいおい、冗談だろ…」と閉口します。

フィンクの部屋の隣に長期滞在しているチャーリー(ジョン・グッドマン)は、怪しげなほど気さくな巨漢の保険屋の男。
当初、フィンクは隣の部屋からくぐもって聞こえてくるチャーリーの笑い声に悩まされ、ホテルマンから苦情を伝えてもらったことから知り合いとなります。
図々しく部屋に入り込んでくるチャーリーのことを、初めは完全に煙たがっていたフィンクですが、フィンクの創作における思いのたけをチャーリーが理解する素振りを見せるや、フィンクは話し相手が出来たとばかりにマシンガントークを展開します。
チャーリーの会話を遮ってまで自分の話ばかりを始めるフィンクは、明らかに「自分勝手」で「空気の読めない」芸術家なのでした。
しかしチャーリーは、そんなフィンクに大変優しく、人懐っこい笑顔を向けるのです。
フィンクはチャーリーを大の親友とまで思い、信頼を寄せるのですが…
終盤で明かされるチャーリーの正体には、全く予想していなかったので驚きました。あの会話、あの表情、あの優しさ、あの預け物…瞬間、すべてが脳裏に蘇って背筋がぞぞぞと凍りつきました。

無題3
(クレームつけられたことなんて、ちっとも気にしてないよー!)


さて、不思議な雰囲気が面白い本作ですが、ホテルでの奇妙な出来事というと、キューブリックの「シャイニング」を思い出します。あちらと比べれば、まだ可愛らしい感じですが。
シャイニングの主人公は最初から気が狂っていて、タイピングで恐ろしい記述を連ねていましたが、本作の主人公・フィンクは、脚本の出だしからいつまでもタイピングが進みません。
マンハッタンの貧民街。早朝の町のざわめき
これだけ。
いくらなんでも進まなさ過ぎ。ある意味、これも呪いなのか。
同じような文筆業の人には、ほんとに「あるある」な映画らしいです。


無題4
…何も思い浮かばない。


無題6
…先に進めない…。


無題4
…ああ、ほんと何も浮かばない。



…浮かばない…



…浮かばない…





…浮かば…





…お?


…おおっ?…おっと、これひょっとして。


無題7
きたきた、浮かんできました!


無題8
3行目が!



って遅っ!


フィンクが入り込んでいる迷宮は、私のように、ただ無責任に思いついたことをツラツラ書いているような者には、決して分からない場所なのでしょう。
本作は見ようによっては、とことん深く見ていける映画です。
果たして、どこまでが現実で、どこからが幻想なのか。
チャーリーはフィンクの悪意の具現化なのか。
ハリウッド映画界への痛烈な皮肉とも見れるし、ファシズム批判だとも言われています。

私が本作で一番好きなシーンは、ホテルの壁に掛けてあり、何度もフィンクや私たちの視線に触れられた「海辺の女性」の絵にまつわります。これが、非常に効果的にラストにつながるのです。
それは、見てのお楽しみ。
実はもう20年くらい前に本作を観賞していたのですが、このラストシーンと、チャーリーの終盤の形相だけは、今でも鮮明に覚えていたほど強烈な印象を残しました。
これは、はっきり言って傑作!


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

サスペンスの関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2013/01/09 Wed. 23:59 [edit]

TB: 0    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/105-bcd9cf38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list