素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

期待の新作映画予告編(h25.1.12) 


期待の新作映画予告編


「風立ちぬ」

kazetachinu_poster.png



宮崎駿の5年ぶりの新作です。
「ポニョ」からもう5年かー。早いなー。

ゼロ戦開発者である堀越二郎の物語。
空にあこがれ、飛行機の制作に携わるも、世は戦争の時代に突入。
人を殺す戦争の道具を作ることになってしまった堀越は、
「ただ、美しいものを作りたかった」
とつぶやいたと言います。

宮崎駿も同じく、戦争反対のイメージとは裏腹に、軍事兵器マニアです。
自身の自己矛盾を、堀越二郎に重ね、自伝的ともいえる物語になっているとか。
宮崎駿作品は、必ずタイトルに「の」が付くことで知られていますが、本作のタイトルには「の」が見えません。
これは、何かを意味しているのか。
「カリオストロの城」「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」と、我々の世代にとっては「神話」ともいえる作品を作ってきた巨匠が、老境に入り、新たな段階に至ったのか。
これまでとは、毛色の違う作品になっているように思います。

実は、まだ予告映像は公開されていないようです。
どんな映画なのか、皆目わからない状況です。
しかし、本作のテーマ曲が荒井由実(松任谷由実)の「ひこうき雲」に決まったと聞いて、早速聞いてみたところ、これが大変素晴らしくて、感傷的で、一瞬にして引き込まれました。
1970年代の曲なんですけど、まだまだ知らない名曲っていっぱいあるんだなーと。
暗闇の館内で、エンドクレジットとともに、この曲が流れているイメージがすぐさま脳裏に浮かび、ぞくぞくとしました。

すでに「風立ちぬ」の虜です。
ちょっと、もしかして、これって…傑作の予感がしています。

2013年 夏公開予定。

映像がないので、荒井由美「ひこうき雲」をご紹介。

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

期待の新作映画予告編の関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2013/01/12 Sat. 23:14 [edit]

TB: 0    CM: 0

12

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/106-cfb87eea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list