素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

ルーパー ブルース・ウィリス版ターミネーターだった。 


 無題
 ルーパー
 (2013年 アメリカ映画)80/100点


ブルース・ウィリスの仕事の多さって何なんだろうーなー。
劇場で本作上映の直前、ブルース・ウィリスが出演する別の映画予告を3つも見た(見せられた)もので、そう思ってしまいました。
「G・Iジョー」の続編に最強の助っ人役という、エクスペンダブルズの二匹目のどじょう過ぎる出演や、もはやダイハードの続編と他のアクション映画の区別など完全に放棄したような出演や、相変わらず刑事ばっかりという舘ひろしも真っ青の開き直り的出演など、何だか得しているような損しているような、ひたすら数をこなした出演。
B級な雰囲気満載の映画にもいそいそと出るものだから、ブルース・ウィリス出演=B級というイメージが付かないか、他人事ながら心配になります。きっとデニーロとパチーノも心配していることでしょう。

そして、本作もまたブルース・ウィリスが出演しています。
予告編が面白そうだったし、「切ない系のSF」と聞いて劇場に出掛けましたが、前述したように、上映前に他のウィリス映画の予告編を続けざまに見せられたため、なんとも不安でした。
しかし、本作の海外での評価は高く、監督・脚本のライアン・ジョンソンが数々の賞を受賞しています。
観終わった感想は、確かに「ウルっとした」けど、「矛盾いっぱい」「唐突にターミネーター化」「仰天の倫理性無視」…という感じで、佳作と傑作の間のような印象でした。ただ、斬新な感じを狙っているのがよく分かるし、意外性もあって確かに面白かったです。
詳しくは、あらすじの後に。極力ネタバレは避けるつもりです。

まず、あらすじを簡単にいうと、「未来の世界でのマフィアの処刑方法は、始末したい標的を過去に送り込み、そこでルーパーと呼ばれる殺し屋に始末させるというもの。ルーパーの一人であるジョセフ(ジョセフ・ゴードン・レビット)は、日々自堕落な生活を送りながら、粛々と人殺し業をこなしていく。ある日、いつものように銃を構え、過去から転送されてくる標的を待っていたのだが、目の前に現れたのは30年後の自分(ブルース・ウィリス)だった。30年後のジョセフは、未来で犯罪王に成長する子供を殺しにやって来たのだった…」というお話。


意外だったのは、ブルース・ウィリス演じる年老いたジョセフ(オールド・ジョー)が、善人側の扱いではない、ということ。
未来で犯罪王となっている男を過去で探し出し、子どものうちに始末するためにやってきますので、まさにターミネーターな目的なわけです。
後半のウィリスの殴り込み銃撃シーンなんて、まんまターミネーターでビビりました。アスピリンを欲しがるシーンがあったので「ダイハード3」のオマージュかなとか思っていたら、そんな場面があるものだから、思わず「ターミネーター」のオマージュかなとも思ったけれど、ちゃうちゃう! あっちはシュワルツネッガーや! と心の中で突っ込んでおりました。
子供を守るのは、25歳のジョセフ(ヤング・ジョー)です。彼は当然善人側。ターミネーターでいうところのカイルのポジションです。子供の母親・サラ(エミリー・プラント)はライフルをぶっ放し、斧を振りかざす屈強な女性ですから、まさにサラ・コナー…ありゃ、名前も一緒じゃん!?
狙われる子供は、ジョン・コナーのような少年ではなく、まだ幼児ですが、驚異的な芝居を見せます。目つきに影があって、本当に将来の犯罪王を思わせるのでびっくりしました。二枚目ではなく、ぽっちゃりした顔つきがむしろ可愛らしいナイス配役です。

ストーリーは複雑に思えますけど、あまり考え過ぎると、パラドックスの矛盾に気づいてどんどんわからなくなるので深く考えない方がいいようです。
ようは、「未来の自分が現在にやってきて、子どもを始末しようとしているから止めよう!」というだけのこと。
本作のタイムパラドックスの矛盾は、製作者もさらっとスルーしようとしていますので、本当に触れないであげてください。劇中でブルース・ウィリスまでも、「複雑なんだ! あんまり言わないでくれ!」とヒステリックに机をダンダン叩いていましたから。ヤング・ジョーは観客同様、「お、おう…」って気合い負けしていましたよ。

監督は新進気鋭の人だそうですが、作りが尖がってる感じがして好感が持てます。
・銃撃シーンやバイオレンスシーンの見せ方が凝っているし、スピード感があります。
・ヤングジョーも、ヤク中だし友達を売ったりしますので、なかなか問題を抱えた人物です。
・ヤング・ジョーが銃を構えながら、過去から送られてくる標的をじっくり待つ時の静寂が、独特で印象的です。
・未来から来たある逃亡者を探すための犯罪組織の捜索手段が残酷です。逃亡者の若い頃の人物をじわじわと傷つけることで、未来の逃亡者の体が徐々に傷ついていくという…。
・ゲコゲコガエルの連絡装置が地味にステキ。
・ヤング・ジョーがフランス語を学んでいるのを見て、未来人の一人が「中国語の方が将来性があるぞ」と言います。フランスへの皮肉でしょうか?


無題2
(アクションの見せ方、バッチリ!)


近未来設定ですが、進化しているのは宙に浮かぶバイクと、やたら薄い携帯電話くらいだったように思います。
貧富の差が激しくなっていて、路上生活者が溢れています。お金を持っているのは犯罪者だけ、といった様子です。
路上で人を撃っても、とくに咎められないような無秩序な雰囲気で退廃的な印象です。

ところで、「超能力設定」が必要だったのか疑問に思いました。
たぶん、犯罪王になるかもしれない子供の「ヤバさ」を強調するためだったのでしょうけど、無理やりな設定感は否めませんでした。

あと、オールド・ジョーがしでかす、ある完全な倫理違反シーンも首をかしげました。
必要だったかなあ。設定次第でいくらでも回避できたと思いますが。…人によってはドン引きして、映画に集中できなくなる恐れがあるのでは? とさえ思いました。
まー、あの瞬間、映画的にはオールド・ジョーの命運は決まったようなものでしたね…。そういう場面があるからこそ、「この映画は何をしでかすか分かんないぞ」と思わせることができるので、先が読めずにハラハラとするには一役買っているんですけど…。

そして。

ジョセフ・・ゴードン・レビットとブルース・ウィリスの同一人物設定ですけど、ジョセフは一生懸命にウィリスの口調や目つきを真似していました。その努力の甲斐もあって、似てる感じがあったように思わなくもないのですが…
ま、髪の毛の問題は散々に突っ込まれていることでしょうから、ここではスルーして。
けどやっぱり、25年前の「ダイハード1」のウィリスを見ればわかる通り、ちょっとジョセフが若い頃のウィリスってのはあんまりかなあ。大して気にはなりませんけど。

無題1
(この直後、ヤング・ジョーはスカルプDを買い漁ったという。プププ、やっぱ言っちゃった。)


あと、小さいことで言うと、敵キャラのキッドブルーという男が、最後まで生き残るかと思いきや、終盤であっさりとした最期だったので無念でした。てっきり、彼はずっと生き残った先で出世し、実はルーパーの仕切り役になるのかなーと、内心ワクワクしていたものだから。

全体的に散漫な印象もあるものの、きっちりと「斬新で情感のあるSF」を描ききった秀作で、見応えあります。

あ、でも、こっそり突っ込んでおくと、「(反転で)ヤング・ジョーの現状が、まんまオールド・ジョーにも影響を与える」ならば、終盤にヤング・ジョーが「改心していく」なら、オールド・ジョーも「改心していく」んじゃありませんかあ?

…野暮かな?


↓こちらの感想もどうぞ!
・流転の末に 映画「LOOPER/ルーパー」/カゲヒナタのレビュー


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

SFの関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2013/01/15 Tue. 23:35 [edit]

TB: 0    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/107-ba1dd063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list