素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

ジェシー・ジェームズの暗殺 どちらが先に、裏切ったのか。 


 ダウンロード
 ジェシー・ジェームズの暗殺
 (2007年 アメリカ映画)85/100点


「ジャンゴ 繋がれざる者」「続・荒野の用心棒」を見て、西部劇に興味を持った…というわけではなくて、もうすぐ公開予定の「ジャッキー・コーガン(主演・ブラット・ピット)」が面白そうだったもので、アンドリュー・ドミニク監督の前作を予習気分で手に取ってみたのでした。こちらも、同じくブラット・ピッド主演です。

本作には以前から興味を持っていましたけど、他のブログの方の評価に、「長くて地味」というコメントが目立っていたもので、ちょっと躊躇していたのでした。

しかし、実際観てみると、確かに長くて派手さもなく、人間心理を中心に描いた映画だったのですが、映像の美しさと非常に丁寧な心理描写と、時折挟まれるリアル重視の銃撃シーンが大層うまくて、結構画面に引き込まれていました。
そして何より、ジェシー・ジェームズを演じるブラットピットのほとばしるスター性といいますか、尊大なほどの存在感と吸引力は、やはりただならぬものがあって痺れます。

ベテチア映画祭では、見事に主演男優賞を獲得して見せたブラピなのでした。

さて、本作は、アメリカでは知らない者がいないという西部開拓時代のアンチヒーロー・ジェシー・ジェームズが、ロバート・フォードという青年に暗殺されるまでを描いた物語です。
何でもジェシーは、世界初の銀行強盗を成功させた義賊と言われ、当時多大なる人気があったそうです。

では、あらすじを簡単に。
西部開拓時代、強盗で一躍名を馳せたジェシー・ジェームズに憧れる青年ロバート・フォード(ケイシー・アフレック)は、彼と行動をともにするようになる。強盗団を解散したジェシーは、かつての仲間から裏切られる恐怖で精神不安定に陥っていき、傍にいることを許したロバートさえも信用できずにいた。やがてロバートの心に、憧れと憎悪の入り混じった複雑な思惑が生まれてくる…」というお話。

  無題5


さて、義賊の逸話が本当か嘘か。
本作では、ジェシーの本当の人間性を暴き出すことに焦点をあてているように思います。
彼は、とにかく「キレやすく、疑心に溢れた人間」であり、いうなれば、自己中心的でわがままな人間とも言えるのです。まー、ようは強盗ですから、清き美しい人間であるわけもないわけで。英雄なんていっても実際はこーだよ、という身も蓋もない語り口です。

しかし、多大なるカリスマ性で多くの人気を集めたジェシー。
彼を暗殺したロバート・フォード・通称ボブも、最初は彼に憧れ、目をキラキラさせて彼に近づいたのです。
当初は寛容な態度でロバートを受け入れてみせるジェシーでしたが、強盗団解散の後、ジェシーの様子は一変します。
「あいつが怪しい。こいつが胡散臭い」とギラギラした疑心をまき散らしては、仲間から怯えられる始末。
挙句には仲間を射殺するに至ったり、仲間の子供を拷問するまでに堕ちていきます。
昔読んだ仏教本に、「あの人に嫌われているんじゃないだろうか。嫌われているに違いない」と心配ばかりしている男が、ある日、その相手から「あなたは私のこと嫌いでしょ?」と言われちゃう話がありました。本作でもしかり。ジェシーは人を疑い続けるあまり、逆に仲間から無駄に恐れられ、絆が薄れていくのです。

ジェシーの複雑な心理を、ブラットピットはまさに情感たっぷりに演じます。
ブラピを嫌いな人にとっては、さぞかし鼻に突く演技かもしれませんが、時に狂気をはらんだ目で相手を威嚇したり、憂い気に窓の外を眺めてみたり、突如泣き崩れてみたり、子供と戯れてみたり、おどけてみたり、スカしてみたり、怒鳴りつけてみたり、何を考えているか分からない不気味さを醸してみたりと、見事に演じています。

その演技の中で特に好きなのは、ジェシーが、裏切りを匂わせたロバートを襲い、首を切る素振りをした後、ブチ切れるロバートに「冗談だよー」とケタケタと笑って見せるところです。ロバートも負けじと笑うのですけど、空気が冷たいったりゃ、ありゃしない。ロバート役のケイシーアフレックも良い味出してます。

  無題2

  無題6


物語が終盤に近付くにつれ、ロバートの心変わりが始まります。
「憧れ」が「憎しみ」を生み出すねじれた想い。
なぜ、ロバートの心にジェシー暗殺の気持ちが芽生えたのか、はっきりと示されているわけではありません。ジェシーの人間的な弱い部分に嫌気がさしたのか、それとも、大物を殺すことで名声がほしかったのか。
やや単調であった物語が、急に緊張の色を濃くし、この先に巻き起こる惨事を予感させます。

ジェシーとロバートの互いの腹の探り合いが見ものであるように聞いていましたが、実際は、ロバートが分かりやす過ぎるだろってほど、裏切る気100%の空気なもんで、ちょっと失敗かな。
ジェシーが最後の辺りまで、ロバートを「疑う」程度だったのが信じられません。だってロバートの怪しさたるや、次のようなチェックシートが必要ないほどですもん。

裏切る仲間のチェックポイント!
□目が泳ぐ。
□冷や汗をかいている。
□言葉がたどたどしい。
□夜中に忍び足で歩く。
□他の仲間と、遠くでこそこそ話している。
□会話がそっけない。
□目が反抗的。
□あなたに懸賞金がかかっていることを知っている。

3つ以上のチェックで、かなりの確率で裏切ります…って、ロバート君には全部あてはまってますから!

ただ、ジェシーはすでに、「殺されてもいいや…」という心境だったのかもしれません。
ロバートの嘘に完全に気付いた時、ジェシーは誘うように銃を置き、無防備に背中を向けます。
そして、背後のロバートが銃を抜いたことに気づいても、ただ静かに…小さくうなだれるだけ。
ジェシーもまた、疑心にさいなまれた自分自身に嫌気がさしているのでした。

それにしても、ジェシーの家の中で…しかも子供のそばでの「暗殺」ってのは、あんまりかな。
ジェシーの奥さんの驚愕たるや、ちょっと胸が痛みました。

  無題


物語は続き、その後のロバートの悔恨、そして…最期までが描かれます。
オマケ要素のようにさらりと描かれるのですが、ロバートは世間から「卑怯者」のレッテルを張られてしまう展開に。
名声どころか、アメリカ一有名な卑怯者として歌になるほどに。

憧れた男を殺してしまった最低な男の物語。
確かに上映時間が長くて、そのエピソードいるかなあという場面もありますが、見応えはあります。
ブラピの力によるところも大きいと思いますが、作家性のある凝った演出も十分に楽しめます。
結構、傑作かもしれません。
アンドリュー・ドミニク監督の最新作「ジャッキー・コーガン」 期待できるかも。

ということで、期待の新作映画予告編

「ジャッキー・コーガン」は、4月26日(金)公開

優しく殺す、がモットーの殺し屋の話。






記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

人間ドラマの関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2013/04/02 Tue. 21:24 [edit]

TB: 0    CM: 2

02

コメント

そうでしたか・・・! 

昨日見ました。
こちらの解説を読み、大変スッキリ納得しました。

やはり、良い映画だと思います。
どうもありがとうございます。

URL | 美-ishiki #F4a5SQlk | 2015/05/04 17:02 | edit

美-ishiki  様 

コメントありがとうございます。

解説なんてほどのものではありませんが、読んでいただいて嬉しいです。
丁寧な映画なので、じっくり見ると本当に面白いです。

URL | タイチ #- | 2015/05/05 00:52 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/128-ef5d4684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list