素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

007 スカイフォール /憧れるぜ! その背筋! 


 ダウンロード
 007 スカイフォール
 (2012年 イギリス・アメリカ合作)
 80/100点



恥ずかしながら、実は『007シリーズ』をほとんど見たことがありません。

しかし、シリーズ最新作である本作『スカイフォール』は、シリーズ50周年記念作品で、しかも「最高傑作」との評判。だったら面白いのかも!? と期待して鑑賞に至ったのです。

ということで、簡単なあらすじは、「上司の命を狙う悪党を、ボンドが返り討ちにするべく立ち向かいます」というお話。

舞台は、トルコや上海、マカオ、おまけに軍艦島と目まぐるしいですが、主な舞台はロンドンなので、変に観光案内映画になっていないところが良かったです。

また、監督のサム・メンデスは、『ダークナイト』の影響を受けているらしく、荒唐無稽なアクションよりも、リアリティのある犯罪映画を狙ったとのこと。確かに、雰囲気が少し似てましたね!

本作の特徴は、ジェームズ・ボンドの神々しいほどのイギリス紳士っぷりです。

とにかく目につくのは、ボンドの姿勢の良さ。
なにせ、これ以上ないほどの「背筋ピーン!」ですもの。
きっとランドセルは「天使の羽」だったに違いありません。

常に命を懸けている諜報員ですから、気合が入っているのでしょう。
背後からボンドの命を狙うにしても、無事ではすまないと敵に思わせるには、十分に威圧的な「背筋ピーン!」なのでした。

さて。
ここで、特に印象的だった「背筋ピーン」をご紹介。

 無題5

 無題3

 無題1
 (遠目でも、「あ、ボンドあそこ!」と目印になる便利な背筋)


スーツ姿は恐ろしいほどの決まりっぷり。
とにかく。
造作の全てに、紳士な意識の行き渡ったカッコ良さなのです。


列車に飛び乗るや、サラっとスーツの袖を直す仕草なんて、まークールなことといったら。
もはや、クールビズよりオレがクールと言っているようなもの。(…?)

思えば、前ボンド役であったピアーズ・ブロスナンは、どことなくにやけたイメージだったので(あくまで個人的なイメージです)虫が好かず、本シリーズの鑑賞を遠退けていたように思います。

ダニエル・グレイブは、一歩間違えば悪役だったのでは? と思えるほどの渋顔ですから、重みがあります。

けど、出てくる女性のほとんどと関係を持つけどね! 
そこはお約束ですものね!

さて。

悪役のシルヴァを演じるのは、『ノーカントリー』でも強烈な悪人を演じていたハビエル・バルデムです。
楽しそうに「悪人」になっております。MI6(イギリスの諜報機関)のボスである「M」の下で働いていた、ボンドの先輩です。過去にMに裏切られたような出来事にあい、今回Mの命を狙うのでした。

前述の通り、所々で『ダークナイト』の影響を感じます。
この悪人・シルヴァにしても、どこか「ジョーカー」に似た破天荒さと無秩序さを持ち、計画的に思えるような思えないような、予想を覆す企みでボンドを翻弄します。

 無題6
 (ジョーカーのナース姿には及ばないものの、なかなかの妖しさ)


アクションシーンは、見せ場がてんこもり。
特に印象的だったのは、深夜の高層ビル内での格闘シーン。隣のビルの巨大ネオンを背景に、ボンドと敵の動きを長回しで影絵のように撮っていて、秀逸でした。

あ、でも、ひとつ思ったんですけど、地下鉄のとある脱線シーンなんですが…、それ、名探偵コナンの映画でも観た! なんか似ててびっくりした!

 無題2
 (本作の格闘シーンは、かなり練られていてかっこいいです)


さて。


<結末以外、少しネタバレします。>


確かにテンポもいいし、アクションも仕草もかっこいいし、背景も美しいのですけど…
ところどころで、「んー?」と思う点もあるのです。

一つ目は、悪人・シルヴァの凡ミスの多さ。
最強の悪というには、あまりにもツメが甘いです。当然ボンドが罠を仕掛けているに決まっている場所に、シルヴァは易々と近づきます。先行部隊を投入し、後からまた部下を引き連れてきた時には、「作戦があるのだな」と緊張させましたが、あんたもまんまと近づくんかい! と思わず突っ込みを入れてしまいました。

また、銃を突きつけられても、ボンドは一瞬にして反撃してくるタイプだと分かっていながら、二度も反撃されているのを見た時は、学習能力ないんかい! と思わず突っ込みましたよ。
アクション映画の悪人のみなさん、銃を突きつけたら、さっさと撃ってしまおう。

シルヴァについて、もう1点。
Mを恨んでいる反面、愛情とも取れる感情も抱えている興味深い設定なのですが、いかんせん、映画内での登場が中盤以降と遅いため、その複雑さが描き足りず。
面白い設定の悪人なだけに、ちょっともったいない。

二つ目は、危険を知りながら、Mが逃げなかったために、余計な犠牲者が増えたこと。
「私のせいで犠牲者が…」と自省はしていましたが、その通りだよ! と思わず突っ込んでしまいました。

三つ目は、結局ボンドはいい仕事をしたのか? ということです。
これは、ネタバレになるので伏せますけど…、結局失敗なのでは…? というラストに釈然としないものが残りました。

しかし、ジェームズ・ボンドは揺るぎません。
何しろ、最後まで「背筋ピーン!」でしたから。
「大リーグ養成ギブス」を着込んでいるに違いありません。

 無題5
 (何度見ても完璧な背筋ですな!)


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>


Posted on 2013/06/08 Sat. 00:14 [edit]

TB: 0    CM: 2

08

コメント

ルックス重視です。ハハハ。 

こんばんは。ワタシもこの方に代わってから007を見てみるのもいいのではないか?と思うようになりました。とはいえ見ていないものですから、ふむふむと読ませていただいて。この方になってっからは制作スタッフも違うのですよね。女子的にはにはですね、個人的趣味かもしれないのですが、甘いアメリカンタイプには微塵もそそられず、ロシア系ですかね?の完璧な背筋にグッとくる予感を感じる次第です(苦笑)

最強のふたりは最強でありつつ、お金持ちだしねーというきもちもよぎり。にしても音楽などふくめたのしかったです。

URL | あ き ら #dI6DO0LA | 2013/06/22 01:45 | edit

 

あきら様

コメントありがとうございます。

ロシアっぽいというか…まあ、渋いわけです。
寒さを懸命に、無表情にこらえる男なのです。
常に「心頭滅却」している感じです。

近寄りがたいですけどね。
ピアースなんかは、「いよー!」なんて声掛けたら、
ハイタッチで応えてくれそうですけど、
ダニエルには、「この野郎…」という目をされそうです。

そんな感じのボンドだなあ、と思いました。
女子的にも、そちらがいいのですね。なるほど。

URL | タイチ #- | 2013/06/22 13:04 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/140-cbb4f4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list