素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

ダイハード/ラスト・デイ ダイハード2013 「巣立ち」 


 ダウンロード
 ダイハード/ラスト・デイ
 (2013年 アメリカ映画)60/100点


劇場公開時の評判が、予想通りの「アレ」なものだったので全くもって期待はしていなかったのですけど、鑑賞中は、ほぼ「義務感」で見てました。昔のよしみって感じで…。
うーん、まー、予想はしてましたけどねー。ここまで「ダイハード」感のない「ダイハード」を作ってこられちゃうと、とても寂しい気がします。
前作「ダイハード4」にも、「ダイハード」感はなかったんですけど、それでも怒涛のアクションに無理やり納得させられた気もしました。
今回ももちろん、派手なアクションが満載ではあるんですけど、なんでだろー。全く印象に残らない…。

90分というシリーズ最短の上映時間には、一体どういう意図があるんでしょうか…?
もはや、出がらしを通り越して、急須の底に残った微量の水滴を無理やり振り出しているような…。

無念。

あらすじは、「マクレーン(ブルース・ウィリス)が、長年の確執がある息子に会いにロシアに行きます。そこでドンパチしてたら仲直りできました」ってお話。

いざこざを引き起こしてロシア当局に確保された息子の裁判に出席するため、マクレーンは休暇を取って単身ロシアへと向かいます。
息子のしでかした過ちのために父親が現地に乗り込む…おお、一瞬私には、「北の国から‘92 巣立ち」にて、黒板吾郎が女の子を孕ませてしまった息子の純に会うために東京へ向かう姿が目に浮かぶのでした。つまり、それほど映画に集中できなかった、というわけで。
もはや家族設定って、かろうじて「ダイハード」シリーズの名残を感じさせるための機能でしかないと思われ。
予告編で華麗に使われていたシリーズのテーマ「第9」も、劇中では使われず…
クリスマス設定? は? なにそれ? と完璧に忘れた顔をしており…
そろそろワンシチュエーション設定に戻したら…? なんて言おうもんなら、「狭くるしくて、派手なアクションができるか!」って怒られるような気がするわけで。
母さんのホーリーが病気で死んでるわけでもなければ、捨てちゃった父さんに買ってもらった安物の銃を探し回るわけでも、泥のついたドル札を渡されるわけでもないのに、いきなり家族団らんな空気を出されても…僕には…この乱暴な父さんについていく事が心配なわけで…
子供がまだ…任務を遂行してる途中でしょーが!」って、最初に邪魔したのは父さんであり、さらには…「殺るなら、今しかねー!」って、教育上かなり不適切な発言に思われ…

もー、いっそのこと家族ドラマにしちゃえばいいじゃん。
次回作は日本だという噂ですので、もう間違いなく舞台は「富良野」でしょう! それっきゃないっ!
戦いに疲れたマクレーン一家が、平穏を求めて北海道・富良野へ移り住み、水道を作ったり、燻製を作ったり、丸太小屋を作りつつ、突然熊に襲われた時に思わず息子は叫ぶのです。「父さん、ここには銃がありません!」

…っとまあ、分かる人にしか分からない「北の国から」ごっこはここまでにしましょう。あまりに内容の無い映画だったもので、目いっぱいにふざけてしまいましたが、それだけ残念だったということ。

それでも、後半で若干どんでん返しの展開を持って来たりして持ち直すかに見えた時もありましたが、そうでもなかった。
「放射能緩和ガス」なるものも、非常に唐突で、正気を疑う発想です。「チェルノブイリの原発事故」ってのは、おちょくることが許される話でしたっけ…? 日本人としてはなかなか受け入れがたい場面です。
それから…ロシア人には「アメリカ人が嫌いだ」と言わせ、アメリカ人であるマクレーンには「英語を話せ」とロシア人を殴り倒させます。

戦争したいんですか?

アクションは派手だけど、いまいちアイディアの乏しい物量作戦と言いますか…どんだけ巻き添えの犠牲者が出てるんだろうって心配になるレベル。ま、そこは「ダイハード2」でも同じですけど。

ダイハード3」から始まった相棒設定は、今回は息子が務めるわけですけど、親父に勝るとも劣らぬ「不死身体質」でもはや緊張感ゼロ。

大変残念さを感じた「ダイハード4」を、はるかに凌駕する残念さ。

潔いほどにドラマ性を排し、アクションだけを見せれば良いという感じでした。

本当にね、無念です。予告編が面白そうだっただけに。

ラストシーンでもしかり。アメリカに舞い戻ったマクレーンと息子のもとへ娘のルーシーが駆け寄りますが、その走りが甘い! 距離が足りない! 必死さが出ていない! 蛍の駆け足はあんなもんじゃなかったぞ! 「北の国から」を見て勉強しやがれ!

「…でもよぉぉ、いつでもぉぉ、戻ってきていいんだぞぉぉぉぉ!!」(by黒板五郎)


*「ダイハード1」の感想はこちら。
*「ダイハード2」の感想はこちら。
*「ダイハード3」の感想はこちら。
*「ダイハード4.0」の感想はこちら。


    

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2013/07/10 Wed. 00:33 [edit]

TB: 0    CM: 3

10

コメント

「映画ベース」のご案内 

素人目線の映画感想ブログ 管理人様

はじめまして。紀平と申します。

私は現在「映画ベース」という映画のサイトを開発しており、
是非、映画に関心のある方からの映画のレビューや、
サイトをご利用頂いてのご意見やご感想などを頂きたいと思っております。

「映画ベース」
http://kota.lolipop.jp/eigabase/


まだまだ未熟なサイトではありますが、
面白い映画を見つけられる、そして面白い映画を面白いと言えるサイトに
何としてもしていきたいですので、
どうか「映画ベース」にご登録頂き、
ご覧になった映画の評価やレビューを投稿して頂けないでしょうか?

突然の勝手なお願いではありますが、
一度サイトにお越し頂き、ご利用をご検討頂けますと幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

//----------
// 映画ベース
// http://kota.lolipop.jp/eigabase/
//
// 紀平 光太
// kihira@kota.lolipop.jp
//----------

URL | 紀平 光太 #- | 2013/07/10 13:50 | edit

 

いつも拝見しております。
こちら様のブログ、面白くて、声に出して笑ってます。
他の映画ブログにはない可笑しさが、私のツボです。
これからも、期待してます。
今回の北の国からごっこも、最高

URL | オモロイの好き #- | 2013/07/11 23:41 | edit

オモロイの好き様 

コメントありがとうございます。
そう言っていただけると、非常に有難いです。
勇気がわきます。
できるだけ、面白く書きたいなあと思っております。
面白い映画のブログでは、「すきなものだけでいいです」という所がオススメです。
…あ、結構真似してるのがバレるかも…。

これからもよろしくお願いします。

URL | タイチ #- | 2013/07/12 15:08 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/144-8e79e49b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list