素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

ブルーバレンタイン 結局かわいそうなのは子どもだ。 


 imagesCAGZBCEX.jpg
 ブルーバレンタイン
 (2010年 アメリカ映画)85/100点


この映画のテーマは、ずばり「倦怠期」です。
学生時代からの付き合い。順風満帆に結婚。しかし輝かしい日々も次第に色あせ、気づいたら「なんでこんな人と結婚したんだろ…」とイラつき始める。
そうなると一気に冷めて、今度は生理的に受け付けられなくなり、そのまま破局へまっしぐら。
といった、まあよくある普遍的なテーマを、これでもかってくらい身も蓋もなく描いています。

映画くらい夢を見させてほしい。そう思う方もいるでしょうが、映画は、現実を映す鏡でもあるんです(キリッ)。…あ、身も蓋もないや。 

imagesCATCWFIL.jpg
(まさに輝いていたあの頃…)


まあ、男目線で見ても、確かにこの夫はまずいです。ダメ男パターンをきれいに踏襲しています。
1.夢見がち。(優しいんだけど、世間知らず)
2.定職がない。(将来性なし)
3.空気が読めない。(妻は不機嫌、自分だけ高テンション)
4.無神経。(愛犬が事故死した直後、妻への第一声が叱咤)
5.あげくの果てにキレる。(気持ちはわかるが、キレちゃダメ)


まあ、2番が最もダメポイントになりますかねえ。妻の方が収入が多いのです。
妻は、こういう夫にほとほと嫌気がさしております。
夫は、何とか倦怠期を脱しようと、二人きりで旅行し、モーテルに行き、ロマンチックな雰囲気を作ります。
だけど、妻は拒否。かたくなに拒否。氷点下の拒否。

男目線だけで見ると、「ちょっとは夫の頑張りを認めてやれよ」と思うところかもしれませんが、しかし、女目線で色濃く見ると、「根本の不機嫌の原因をまるでわかっていないのに、ロマンチックな気分になれるわけなかろーもん!」というところでしょうか。
 
それにしても、見ていてこんなにも「イタい」映画が、今まであったでしょうか。 
本作をしっかり見て、妻帯者である我々はこの夫を反面教師にしなければなりません。
これから結婚する人たちは、この映画で予習しておかねばなりません。
まさに、倦怠期の「教科書」なのです。

しかし、映像は皮肉なほどきれいです。グロテスクな倦怠期ムードの禍々しさを、美しい映像がほんのわずかにオブラートしています。
ラストのEDクレジットも凝りに凝っていて見応えがあります。
どうも個人的に、ラストにバーンと映画のタイトルが表示される演出がツボです。

さて。

この夫婦には5歳くらい(?)の子供(娘)がいるのですが、夫(父)が、妻(母)との仲違いの果てに背を向けて去っていくシーンで、娘がパパの背中を見て言うのです。

「パパ…パパ…、あれ、なんでフりむいてくれないんだろ。ダっこしてくれないんだろ…? ねえ、ママ、パパ行っちゃうよ。なんで? なんで?」

あー、…やっぱり子供が一番かわいそうだ。 


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2012/09/02 Sun. 10:34 [edit]

TB: 0    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/15-5f629295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list