素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

ワールドウォーZ 「ゾンビ映画」で何が悪い! 


 ダウンロード
 ワールドウォーZ
 (2013年 アメリカ映画)80/100点


ようするに、ブラッドピットが主演の「ゾンビ映画」です!
何でも、製作費が相当に膨れ上がり(200億とか)、絶対に大ヒットさせねばならず、何とか大勢の一般客にも見てもらうために、配給会社は本作が「ゾンビ映画」であることを伏せてるんですって!
素晴らしい宣伝戦略ですが、0.2秒でバラしちゃったもんね!
確かに日本人にとって、「ゾンビ映画」といえば、首が飛んだり内臓が噴き出たりするグロテスクでオカルトチックでマニアックで、ともすれば、家でこっそり死体をばらばらにしてそうな人が見てる映画だと思われがちです。(そこまでじゃない)
それはひとえに、今までの「ゾンビ映画」に対する日本の配給会社の扱いが悪かったからだと思います。ビデオのパッケージも邦題も、やたらと血みどろを強調したおどろおどろしい煽り文句と写真と説明ばかり。実際にそういう類が多いのは確かですが、中には、映画として非常に上質な「ゾンビ映画」だってあるんです。
「ゾンビ映画」と聞くと、敬遠されるような、軽蔑されるような下地を作ったのは、まさに配給会社自身なのです。
それが今さら、「ゾンビ映画」であることを隠すような宣伝をして客を呼ぼうなんざ、厚顔無恥もいいところだ!

ええ、ええ、何度も言いますとも。バラしちゃうもんねー。
本作は、れっきとした「ゾンビ映画」ですよ、みなさーん!
だまされちゃいけませんよー。
そしてさらに!
これ、とっても優れた「パニック映画」でした。すっげー面白かったよ!

…さて。

もっと堂々と言えばいいと思いますよ。これ、「ゾンビ映画」だって。
今や、この系統の映画やゲームは、一般的なものとなっています。日本でもTVゲームの「バイオハザード」があります。
無論、元祖であるジョージ・A・ロメロの「ドーン・オブ・ザ・デッド」は秀逸な映画でした。近年でも、「28日後」という傑作がありました。
そして、日本では今まさに、「初」といってもいいくらい本格的な日本版「ゾンビもの」漫画、「アイ・アム・ア・ヒーロー」が連載中であり、人気コミックとなっています。私も大ファンです。

なぜ、この「ゾンビ」という設定は人々を魅了してやまないのでしょうか。
昔の「ゾンビ」は、死者が蘇るというオカルトな感じでしたが、最近ではほとんどが「ウィルス感染」による人間の科学的な変異として描かれ、大変リアルな描写になっております。
「鳥インフルエンザ」「SARS」といったウィルスの脅威は、常に私たちの周りにあります。それが「ゾンビウィルス」だったら…。まるで現実に起こってもおかしくないような錯覚をし、恐怖心はうなぎのぼりに煽られます。
また、親しかった人間・顔見知りだった者が、突然正気を失い襲い掛かってくるという設定は、大変非情でいて無情でありますが、実際の事件として報道されている身内・隣人殺しを思い浮かべさせるため、さらに現実感をともなって恐怖心を感じさせるのではないでしょうか。

現実に私たちが密かに感じている「人間」への恐怖心が、如実にあぶりだされているのではないでしょうか。

無題


あらすじは、「突然、謎のウィルスの感染により、世界中にゾンビが溢れだした。元国連職員のジェリー(ブラッド・ピット)は、家族のために、地球のために、世界各地を飛び回って事態を収束させる方法を探す。はたしてワクチンは出来るのか。ゾンビの世界から人類を救えるのか!!」というお話。


本作では、オープニング後、すぐに事件が勃発します。
それまでに、詳しい人間描写などはほとんどありません。
「家族愛の映画」だと強調して喧伝されているからといって、じっくりと家族描写があるわけでもありません。
ブラット・ピット演じるジェリーが、家族の尻に敷かれ 家族を大事にする人なんだ、ということだけは分かりました。
この瞬間に、「ああなるほど、ドラマ性は期待してはいけないな」ということが分かります。
それと同時に、「アクションがすげーよ」ということを、強烈に分からされることでしょう。

一台の暴走トラックが、渋滞で停車中の車を容赦なく弾き飛ばしていく凄まじいオープニング。
一瞬にして、異常事態に放り込まれるジェリーと我ら観客。
この「唐突感」のあるパニック演出は素晴らしいです。突然胸倉をつかまれ振り回されるかのようで怖いです。まさに、突発的なテロに遇ったような感じといいましょうか。災難は、まさに突然やってくるのです。
逃げ惑う人々と、やがて見えてくるパニックの原因。

「人が、人を襲っている」

そして、「ゾンビもの」の最大の特徴である、「噛まれた人間もすぐにゾンビ化し、人を襲う」という凶悪なパンデミックが、お約束通り描かれていきます。

この負の連鎖が非常に厄介で、逃げ場が見つからない圧倒的な「絶望感」を、実にうまく引き出します。
これがまた、日常的な場面から地続きで始まるため、自分がこの状況下に放り込まれたらどうしようと、リアルな感情移入を余儀なくされるのです。
・とっととゾンビ化した方が楽じゃん、とさえ思ってしまいます。
12秒の変化の苦しみを乗り越えれば、あと楽じゃん、とか思ったり。
けれど、見境なく人を襲ってしまうため、瞬時に頭を撃ち抜かれてしまいそうです。
・それなら、ゾンビになったフリしてやり過ごすのはどうでしょうか。
とはいえ襲ってきたゾンビに、「違うって! オレ、もうゾンビって!」などと訴えても、「あ、すまん」などと納得してくれるはずもありません。
・死んだフリして寝て過ごすのはどうでしょう。
瞬く間に大量発生するゾンビ群に踏みつけられて、背骨が潰れてしまいそうです。
・部屋にひきこもって、事態の収束を待つってのはどうでしょうか。
ネットでもしながらのんびりとさ…って、そんな時にネットってつながるもんなんでしょうか? 電気とかメンテとかどうなんの? 非常に疑問です。

そんなこんなとリアルな妄想に掻き立てられるほど、切実な恐怖がスクリーンから伝染し、大変疲れる映画でもありました。

無題3


「ソンビもの」の定番ですが、安全地帯と思われた場所が、人間の油断を引き金にして一瞬で地獄絵図に変わる描写は本作でも健在。「ゾンビの塔」と言われる本作最大のスペクタクルシーンですが、まさに、「ソンビ群が~、エルサレムの壁を登って~、きたぁぁー!」などと、現実逃避してしまいたくなるほどの阿鼻叫喚。まさに世界陸上並みに、ソンビ群が走る走る。登る登る。落ちる落ちる。飛び跳ねる飛び跳ねる。…って元気いいな、おい! 数十年後には、「ゾンビウィルス1000mg配合、滋養強壮にリ・ポ・ビ・タン・Z!が発売されそうな頼もしさ!(なおも現実逃避中)

さらに。
私にとって、本作最大の恐怖描写は航空機の一件でした。
危険地域から無事に逃げ出せたと思ってほっとした次の瞬間、航空機内で巻き起こる大パニック。
映画をご覧になった方ならば、きっと深く同意されることでしょう。
あの空間で、あれが起きたことを知った時の「絶望感」たるや…。もう、卒倒しそうな勢いでくらくらしましたよ。

無題2


話しを少し戻しましょう。

主人公・ジェニーは、家族を守るために、やむなくアメリカ軍に同行し、韓国、イスラエル、イギリスと世界各国を回ります。今回のブラピが長髪なのは、普段の彼も長髪なので、今回の主人公を「ヒーローではない等身大の人間」として描く意味を象徴しているそうです。
その狙い通り、主人公は冒頭のスーパーで狼藉者を撃ち抜いたり、大事なキーパーソンが死んでしまってもへこたれなかったり、ゾンビに噛まれた仲間をとっさの判断力で助けたり、大パニック中でも前人未到の冷静な観察眼で救いの一手を導き出したり…完全無欠のヒーローじゃん!
ま、まあ…そこは、まあいいのです。
せめて頼もしい人物が主人公じゃないと、この状況下では救われません。

さらにジェニーには娘が二人います。家族を抱えてこの状況下を乗り越えるというのは、大変に酷だと思います。特に娘の一人は「喘息」の持病があり、恐怖のあまり発作が出たりします。見ていて、あわわわ…とブラピ以上に狼狽してました。
しかし、負けずに懸命に家族に尽くすブラピの姿は、確かに等身大の父親の姿だったと思います。

終盤は、突然スケール感がなくなり尻すぼみでは? という評価も多いようですが、なかなかうまい見せ場にしていると思います。
この手の映画はバッドエンドが珍しくないのですが、感動できるほどの高揚感があり、非常にうまくいっていると思いますよ。そう、あのペプシコーラで一息つくシーンは、スポンサーの要望だったとはいえ、やり遂げた男の静寂に痺れた。

ただし。そのカタルシスの後、解決策を手に入れた後の世界の描写がちと物足りなかったかなあという気はします。三部作として続編が決定したそうなので、まあ、これからが本当の見せ場なのでしょうけれど。

それにしても、ネタバレになるので詳しくは書きませんが、なかなか斬新な解決策でした。
まさに、前述の妄想に近くて、「(反転で)『おい、オレ美味しくないよ!』『あ、まじで?』みたいな感じでしょ。もっと言えばゾンビから「エンガチョ!」されてるわけです。ちょっと想像つかんですな…。透明人間と同じこと…って言われてもね。

無題1


あと、気になったことをちらほら。
随所にアメリカンなところがちらほら。

・パニック下においては、主人公でさえスーパーマーケットの略奪に参加するんだなー。非常事態では略奪OKって言ってるようなものだけど、いいのかな…。

・上司や軍の人間から何度頼まれても、「やりません」ってハキハキと拒否るブラピ。NOと言えるアメリカン! さすが!

・「28日後」や「アイ・アム・ア・ヒーロー」では、ゾンビ世界での一個人のサバイバルを描いていることに対し、本作では「世界を救う!」って、さすがアメリカン!

・ブラピが「行動は命だ」と言い、行動しなかった者が死んでしまうという描写もアメリカン!
ぜひ教訓にしたいが、頭の中に「ミスト」がよぎって混乱!

・大統領が死に、副大統領も行方不明。無政府状況の中、「28日後」の兵士とは大きく違い、実に忠実に懸命に職務についているアメリカ軍の兵士の皆様! なんて立派なアメリカン!

・そう考えると、本作は非常にマッチョイズムなアメリカ礼賛主義映画でもあるのです。

・あと、カット割りが細かすぎて、特に暗がりや夜のシーンでは何が起きているのか分かりにくかった。もうちょっとテンポを落としてもいいと思います。



実は、突っ込みどころも満載です。が、紛れもなくパニックホラーの傑作だと思います。
本作で、じっとりと熱い汗をかいてみてはいかかでしょうか。


下記のブログがオススメです!
『ワールド・ウォーZ』(2013) - World War Z -/momoな毎日


  

   

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2013/08/14 Wed. 00:35 [edit]

TB: 0    CM: 2

14

コメント

これ、三部作なんですか! 

そうですかー!
ということは、2作目でまた酷いことになるんでしょうか。そして怒濤の最終回になだれこむ、と。
それにしてもタイチさんのレビューは圧巻です。この作品に対する愛が爆発しそうですね。
確かにエルサレムの兵士は美女すぎましたが、ゾンビとむさ苦しい男達の中で目に優しかったです。

私のうす~いレビューを紹介してくださってありがとうございます。
続編、楽しみですね。

URL | momorex #- | 2013/08/14 11:11 | edit

momoさん 

三部作だ、そうです。
しかし、この内容でどうつなげるんでしょうかね…。
この手の続編は、失敗率高いから、怖いですが。

エルサレムの美女…うまく生き延びて良かったですね。
意外にも終盤での死亡率が小さいのが、ある意味斬新で、
私的にはほっとしました。

URL | タイチ #- | 2013/08/14 13:54 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/150-54c90ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list