素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

気狂いピエロ 散らばったのは、赤いペンキか血の色か。 


 ダウンロード
 気狂いピエロ
 (1965年 フランス映画)85/100点


フランスの名匠・ジャン・リュック・ゴダールの作品は、「難解」で有名です。私はこれまで、ゴダールの中でも娯楽色の強い「勝手にしやがれ」しか見たことがありません。
しかし本作は「難解」な部類です。またゴダールの最高傑作と評する人もいます。
様々な書物の引用、詩のようなセリフの掛け合い、説明を最小限に抑えた展開、独特な音楽の流し方、意味があるようなないような…。
おおまかな筋書きはシンプルでいても、描写の端々にほとばしる難解さ。

無論、素人目線では読み解くことが出来るはずもありません。

ただ。

画面の美しさには驚きました。
ひょっとして、自分の映画鑑賞史上最高かもしれません。
全てのカットが、本当に美しく、印象的に撮られています。
色の使い方、構図、カメラワーク。緻密な計算が見て取れます。丁寧に丁寧に作り上げているこの映像は、見事「難解さ」を吹き飛ばすインパクトで、私の目に飛び込んできたのです。

というわけで。

素人目線であーだこーだと述べられるような生半可な映画ではありませんので、今回は潔く、基本ラインのあらすじとともに、美しい映像をメインにご紹介していこうと目論見ました。
え!? いやいやいや、そんなー。「手抜き」じゃないっすよ、ハハハ…。


無題1
主人公・フェルディナン(ジャン=ポール・ベルモンド)は、不本意な結婚生活を送っていました。
金のためだけに結婚した妻との生活に飽き飽きしていたのです。


無題3
退屈なパーティーについに嫌気がさし、彼は大暴れしたのち、すぐに家路に着きます。


無題4
子供の面倒を見てもらっていたマリアンヌ(アンナ・カリーナ)は、フェルディナンの昔の恋人でした。
とっさに彼女と逃亡するフェルディナン。


無題5
一夜を共にし眼を覚ますと、マリアンヌの家には死体がありました。
わけもわからず、ギャングが追ってきます。わけもわからず逃げ出す二人…。


無題20
マリアンヌには秘密があります。ちなみに、演じるアンナ・カリーナの存在感が強烈です。
ベルモンドも渋いですが、彼女には到底かないませんな。


無題8
幾たびも車を盗みながら逃げる二人。


無題9

無題10
幸せな時を過ごす二人。

しかし…

無題13
忍びよせる倦怠期…


無題14
それにしても、いちいち構図が美しい。


無題18
ついに不満爆発のマリアンヌ。


無題15
そんな折に、ギャングの魔の手がマリアンヌに忍び寄ります。


無題16
逃げて―! と思いきや、ハサミで応戦するマリアンヌ。強し。



無題19
代わりに捕まったフェルディナンなのでした。


さて。

この先、物語はフェルディナンの悲しい結末へと進みます。
基本路線は「勝手にしやがれ」と同じような感じでした。

上記の映像の他、本作には美しい「絵」が満載です。
特に、原色を大胆に、それでいて上品に散りばめた色のセンスが凄い。
実はもっと掲載したい映像があったのですが、私の技術不足で、ちょっとでも動きのある「絵」はぶれてしまって無理でした。残念。
そうそう、カメラも、実にあちらへこちらへと面白く動きます。

これ、制作年は40年以上も前なんだなあ。

ところどころに挿入されるフェルディナンの日記の意味など、「?」な部分も多いですが、意味なんか模索せずに、ただ映像に流される方が良いでしょう。
時折ミュージカルが挟まれたりして、遊び心も満点です。

それと。

タランティーノや北野武が影響を受けていたんだなあというのが丸分かりでした。
アンナ・カリーナが時々ユマ・サーマンに見えたり、「ソナチネ」のある場面を思い出したり…。私は両監督とも大ファンなので、その点もまた興味深かったです。

ちなみに、ゴダールはアンナ・カリーナと恋仲であったそうですが、本作完成直後に破局したらしいです。ちょうど撮影中に揉めてたってことなんで、作品中にはアンナ・カリーナへの愛情と憎しみが見て取れるような、マリアンヌの人物描写でありました。
よっ、巨匠っ、それ公私混同です。

確かに「難しい」映画ですけど、キラキラした可愛らしさとギラギラした野心、メラメラした猜疑心に溢れた、実に魅力的な一作。傑作です。


無題12

無題17


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

70年代以前クラシックの関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2013/09/08 Sun. 01:46 [edit]

TB: 0    CM: 0

08

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/154-7d9e4dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list