素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

世界にひとつのプレイブック キャラクターが濃いぃぃ。 


 ダウンロード
 世界にひとつのプレイブック 
 (2012年 アメリカ映画)75/100点


精神疾患を抱えた主人公とヒロインのラブコメ…。ちょっと日本では考えにくい物語です。
仮にこういった設定の日本映画があったとしても、ひたすら「優しい視点」で描かれそうです。しかし、本作はれっきとしたコメディーとして、その病気の症状を「笑い」に結びつけているので、大いにカルチャーギャップを感じました。果たして、これを「不謹慎」と感じるか否かは、人それぞれだと思います。

特にこだわりを持たずに見れば、非常に爽やかでスカッとするラブコメの佳作だと思います。
本作は、2012年のアメリカ・アカデミー作品賞にノミネート。

「心に傷を負った」という柔らかな表現のあらすじがよく見受けられますが、主人公が患っているのは完全に躁うつ病です。実際、物語の冒頭は、主人公が精神科の病棟から退院してくるところから始まります。

主人公・パットは心をコントロールすることが出来ず、すぐに感情をぶちまけてしまいます。そのために、周りの人への迷惑を顧みずに暴れだしたり、ヘミングウェイの「武器よさらば」のラストが気に入らず、深夜に両親を起こして文句を垂れたり、言ってはいけない事も平然と口に出してしまったり…
要するにパットは、「人の気持ちを考える事ができない」という症状を持っています。
明らかに引導を渡されている元・嫁に関して、「まだ愛し合っているはずだ」と勝手に思い込むという、笑えないほどのイタい側面も抱えています。

一方、ヒロインのティファニーも心を患っています。ここでの設定が突拍子もない気がするのだけれど、一言でいえば「セックス依存症」。男女限らず、職場の全員と関係を持ったことから解雇された、という破天荒さです。
精神疾患というデリケートな題材を扱いながら、この突き抜けた設定…さすがにカルチャーギャップは濃いと思います。多少反感を覚える人もいるかもしれません。
どうしたってアメリカの家族モノって、それはそれは濃いぃぃ性格設定をしてくるものです。ただ、演じたジェニファー・ローレンスはアカデミー主演女優賞獲得も納得の素晴らしい芝居っぷり。非常に複雑な(厄介な)、ひねくれきった女性を見事に演じています。終盤、パットの家に殴り込み、自分を蔑むパットの親父に論理的に啖呵をきってみせるカッコ良さは、まさに半沢直樹ばりの絶品さ。
倍返しだ! (言ってみたかっただけ)

無題1

さて、二人に精神疾患が生じたのは、それぞれにきっかけがあります。
パットは「奥さんの浮気」
ティファニーは「旦那の事故死」

二人とも、「パートナーの喪失」が発端でした。
二人とも非常に純粋かつ、か弱い性格です。
初めての出会いからお互いの似通った境遇に同調したのか、引き付けられる二人。
しかし、パットは頑なに、逃げ出した嫁とヨリを戻すことにこだわり続けます。
ティファニーの気持ちも知らずに、「オレの嫁はお前なんかとは違う」などなどと言い出す始末。嫁とティファニーが知り合いだと知るや、「手紙を渡してくんない?」と乙女心を踏みにじる始末。
猛然と怒りだすティファニーですが…、まー、現実ならそれで「おしまい」なんですけど、何故だがその後、とんとんと二人はダンス大会に出る事になります。それで、ダンスの猛練習の中、次第に心が通っていくという…、ストーリーラインにはやや安易さを感じさせるものの、どっしりと構えたデニーロ含む豪華な脇役が、物語に一味も二味も絶妙なスパイスを効かせています。パットの友人が「ラッシュアワー」のクリス・タッカーってのもなかなかオツです。ただ、ちょっと太ってましたが。

無題4


賭け事やゲン担ぎが大好きなパットの父親(ロバート・デニーロ)は、一世一代の大博打として、「ダンス大会でパットとティファニーが平均5点を取る」と賭けます。低っ! 賭けの相手がなぜそんな低い得点で納得したのか…ってのも謎なんですが、まーいいや。さあ、そこから本作は爽快なクライマックスへと走り出すのでした。

ティファニーのパットへの想いに気づいたデニーロが、パットの背中を押す場面がカッコイイ。さすがのいぶし銀です。鳥肌立ちました。

無題3

所々突っ込みどころもあるんですが、非常に軽快なテンポの演出なもので、「ま、いっか」となるところが、良い意味での力押しです。
ラストはとても爽やかに締めくくり、感動的です。

が。

個人的には、家族モノならば是枝裕和監督の『歩いても歩いても』とか、黒沢清監督の『トウキョウソナタ』とか、どちらかというとリアル路線の方が好みなもので、ちょっとキャラクター設定を無理やりなくらい濃くしてるアメリカの家族モノは、ここのところ食傷気味かなと思っています。お国柄ですかね。

ということで。

本日は淡白ですが、ここまでで。


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2013/09/15 Sun. 23:40 [edit]

TB: 0    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/155-f42c2ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list