素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

フィクサー あまり活躍しないほうのジョージ。 


 d0151584_1213268.jpg
 フィクサー
 (2007年 アメリカ映画)75/100点


あけましておめでとうございます。
「リーガルハイ」も終わり、さあ映画感想に戻るぞー。更新頻度上げるぞー。
と思った矢先。
新年早々パソコンがおかしくなりまして…
「カーソルが勝手に左に動き続ける」という現象に悩まされています。
パソコン起動後、しばらくは大丈夫なので、症状が出るたびに再起動を繰り返すというウンザリな状況です。
というわけで、再起動を繰り返しながら地道に文章を綴って、やっと新年第1回目の感想です。

さて。

そんなわけで、新年一発目はジョージ・クルーニー主演のサスペンス「フィクサー」です。


今回は、完全ネタバレです。ちょっと昔の映画ですし。


スティーブン・ソダーバーグとジョージ・クルーニーコンビが放つ、「俺たち、ハリウッドのシステムに真っ向勝負してやるぜ」シリーズです。監督は、ボーンシリーズの脚本家、トニー・ギルロイですけど。

「ゼロ・グラビティ」では完璧な頼もしさで魅せたジョージ・クルーニーですが、本作では、うじうじとした表情も披露し、人生への憂いをさらけ出した複雑な人物を演じます。

本作は、大人の味わいのサスペンスとなっておりますので、比較的物静かな雰囲気で展開します。その為、少々刺激の少ない感じですので、派手めな映画を好む人にはちょっと好かれないかもしれません。

あらすじは、「マイケル・クレイトン(ジョージ・クルーニー)はNYの大手弁護士事務所のフィクサー(揉み消し屋)である。マイケルの弁護士事務所は今、農薬会社の大型訴訟を抱えていた。その担当弁護士・アーサーは、ある理由から原告側に味方するようになる。考えを改めるようアーサーを説得するマイケルだが、ある日、アーサーが不審な死を遂げてしまい…」というお話。


本作の特徴の一つは、時間軸にひねりを加えている所です。
とはいえ、それが効果的! とは言い難いのです。たぶん、物語がちょっと物静かなものだから、少しぐらい奇をてらってみようという軽い気持ちだったのかもしれません。残念ながら、その「ひねり」が難しめの本作の物語を、さらに分かりにくくしているから厄介です。
何がわかりにくいかって。
オープニングでのシークエンスは、実は物語の終盤の部分なのです。そこで初登場する主人公のマイケルは、実は終盤のマイケルなもんだから、「金に汚いフィクサー」から、「人生、金だけじゃないよねフィクサー」に成長したマイケルなわけです。だから、せっかくのマイケルの初登場部分が、大人しいったらありゃしない!
どういうことかというと。
オープニングでマイケルはある大物の家に呼び出されます。どうやら、その大物は「ひき逃げ」をしてしまったらしいのです。それで、揉み消し屋のマイケルに頼もうって魂胆なわけです。当然、オープニングの最初の見せ場なわけですから、「颯爽と軽やかな手法で、この『ひき逃げ』を揉み消しちゃうわけねー」と期待に胸を躍らせるのですが…あろうことか彼は言います。「罪は…消せませんよ…」っておい! この大物が怒り出すのも当たり前。我々観客さえも大変がっかりさせるマイケルさんなのでした。
しかも、顧客の期待に応えられないことに一切の後ろめたさはなく、きりりとジョージ・クルーニーの顔して「できません」ってあんたね。ビジネスの基本がわかっていないんですか? できないことでも「まず検討します」でしょ? はじめっから「できない」はありえないでしょーが! と思わずツッコミまくったのでした。ゆえに、出だしの見せ場で完全にハズしてしまった主人公なのでありました。これが、時間軸を不必要にいじったために起きた最大の難点です。
次に。
特に説明もなく物語が終盤の部分から始まってしまい、加えて、前述のように主人公があんな感じなものだから、一体何の物語なのか、何を求めているのか、何を軸に描くのかが完全に薄暗闇になってしまっているのです。大勢で何かの書類作成をしているオフィスの従業員も、その連中に絡むジャーナリストも、トイレに汗びっしょりで籠っている女も、突然車が爆破されてしまうのも、なーんも意味不明。物語が過去に遡り、ようやく事の発端が語られるまでが結構長いので、置いてけぼり感が半端なかったです。ひょっとして意味分かってないの「わたしだけー」と、だいたひかる状態で不安におののいたのでした。

おまけに。

マイケルの車が爆破される場面を前もって見せちゃってるのも痛い。終盤で改めて顛末が描かれるこの車の爆破場面ですが、せっかくの緊迫のシーンが台無し。シックスセンスでいうところ、最初に「ウィリスが幽霊だよ」と言っているようなものです。

と、そんなこんなで、大変に損しているオープニングだったのですが、中盤以降はやっと物語が浮き彫りになっていき、人物描写の深みに感心できるほどの余裕もでき、何とか楽しめ始めるのでした。

演出は非常に丁寧。
アーサーが暗殺されるところをワンカットで流れ作業のように見せる場面、この機械的でいて冷ややかな「人殺し」は非常に見入ったし、マイケルが金銭的にも社会的にも静かに追い詰められていく様は、社会の厳しさをリアルに感じられてピリっと響きます。エンディングの敵側を騙す手法も、ありがちだけどカッコ良かったです。

その中でも、私が一番興味を持ったのは、敵側・農薬会社Uノース社の法務部本部長:カレン・クラウダーという女性です。恐らく、勤勉で誰よりも真面目で正義感のある人間だったと思います。しかし、まさかの大役の抜擢に、彼女自身、途方もないプレッシャーに押しつぶされそうになっていきます。テレビカメラや重役、株主の前でスピーチをする前に、自室で何度も何度も練習している様は、何事にも「懸命」の二文字。

ただ、彼女は懸命過ぎたのでした。

彼女はノース社に不都合な弁護士やマイケルを始末しようと目論むのですが、どこか虚ろです。殺し屋に「どうする?」と尋ねられても、はっきりと答える事ができません。うやむやに「YES」と匂わせますが…罪悪感に呑まれそうな弱い顔をしたままです。「超えてはいけない一線であることは十分に承知しています。しかし、ノース社を窮地に陥らせないためには、超法規的で非情な決断をしなければならないと自分を追い詰めていくのです。
「だって、そういうもんなんでしょ?」
真面目な彼女は、何かしらのドラマや噂話で見聞きした「社会の裏側」に見事に感化されていたのかもしれません。
「会社を守るためなら、仕方ない。誰でもやっていることだ」と。
ひょっとしたら、彼女の上司は彼女のしでかした事を知って、「なんでそんなことまで…」と啞然としたかもしれません。

だから、「社会の裏側」に関しては全くの素人であった彼女は、マイケルの策略にまんまとハマッてしまうのでした。
ラスボスとしては、あまりに弱い。弱すぎです。

その罠を知った時の彼女の愕然とした表情は、失神してしまいそうなほどの「後悔」を露わにしていました。

気の毒。

そう思いました。

安易な殺し屋の存在なんかなければ、彼女は決断しなかったでしょう。
自分の手を汚す事など全くできない人だからです。
「スイッチを押せばいいだけだよ」とばかりに簡単に殺しの依頼が出来るものだから、彼女は意を決して闇に堕ちたのでした。

というわけで、敵側が巨悪というわけではないところが、ある意味「斬新」な本作。
できれば、時間軸はいじらないでほしかったと、やっぱり思います。


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2014/01/08 Wed. 23:00 [edit]

TB: 0    CM: 0

08

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/171-3cd6b8cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list