素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

死霊館 アクマイト光線に打ち勝て! 


 死霊1
 死霊館
 (2013年 アメリカ映画)85/100点


これは面白かった。
手に汗握りました。

そこまでホラーが好きなわけではないですけど、何気に評判がよいもので鑑賞。
見始めたのが深夜だったもので、「さわり」だけでも…と思って再生したのですが、気づいたら2時過ぎまでかけて全部見てしまいました。それだけ、食い入ってしまったということ。

あらすじは、「呪われた家を購入してしまった5人家族は、恐ろしい怪奇現象に悩まされ、とある有名な霊能研究家の夫婦に除霊を依頼する…」という、大変よくある話。

そう、まったくもってよくある「悪魔祓い」映画です。
シンプルイズベスト。
足した部分もなければ、引いた部分もない。
潔いくらいに、何の変哲もない「悪魔祓い」映画です。

が!

これが、大変見応えがありまして。

序盤こそ、展開が緩やかだなあ…怪奇現象地味だなあ…なんか先が読めるなあ…ありがちだなあ…という不安に駆られるのですが、中盤から急速に加速する怪奇現象の粗っぽさの後、ゴーストバスターズのような霊能研究家一同が関わり始めてからは、ハラハラワクワクドキドキの展開。
何より、被害に見舞われる5人家族が素敵です。心霊研究家で透視能力まで持っているロレインも言っていたように、つつましい幸せを守っている家族なので、「なんとか助けてやってくれー」と祈る思いに至ったのでありました。

つまり、抜群の感情移入だったのであります。

そうさせるのは、やはりジェームズ・ワン監督(『saw』シリーズ)の手腕だと思います。
観客に、現場にいるような錯覚をさせるカメラワーク(登場人物の背中を追いかけるような映像等)や、時折ドキュメント風の映像が否応なく臨場感を掻き立て、登場人物の心にまで寄り添わせます。

とにかく、誰も死なないでくれー! と願いながらの鑑賞でしたよ。まんまとハマッたものです。

 死霊
 (この家族を恐怖に陥れる悪魔ってのは、ほんとに悪魔のようなヤツだな!)


恐怖描写も秀逸です。ちらりと画面の端に映る人影だとか、洋服ダンスからちらりとのぞく腕だとか、呪われた人形だとか、暗い地下室に1人ポツンだとか、子供にだけ見えている男の子だとか…ゾゾゾとさせる演出が見られます。
ただ。
「リング」「呪怨」といったジャパニーズホラーの恐怖描写が最も秀逸だと思っていますので、比べると「禍々しさ」には多少の不足感が否めません。
これは、文化的な違いなので仕方ないのかも。
突然大量の鳥が家の周りを飛ぶ、だとか。戸棚が倒れてくる、だとか。そういった現象には微塵も恐怖を感じません。
本来日本人にとって、「悪魔設定」ってあまり恐怖心を感じないものだと思います。
だって、「悪魔」って言ったらどうしても「悪魔君」とか「アックマン(ドラゴンボール)」とか、「デビルマン」といった、虫歯菌的なシルエットを思い起こしてしまうので、どちらかというとファニーなイメージなんですよね(?)
ええと…つまり、「妖怪」とか、「怪物」とかいったカテゴリーであるため、「背筋が凍るような恐怖心」に駆られないのです。
やはりジャパニーズホラーの秀逸さは、「幽霊」が「人の怨念」に基づいている存在だからだと思います。人間が一番恐れているものは、「人が人を呪う思念」とか…結局「人の心」だということなのです。そこに、ゾ~とするものを感じるのです。
「悪魔」のような、元から邪悪さを売り物にしている「人でない生き物」には、正直ゾ~とくるものはありません。

ただし、この論はもちろん、「国民性の違い」「文化の違い」「これまでの経験の違い」でもあるので、アメリカ人…というかキリスト教圏内の人にとっては、「悪魔」にしても「幽霊」並に怖い存在なのでしょうけれど。

アックマン
(日本人の悪魔のイメージ。「ぐへへへへー。お前の魂を頂くぞー」みたいな感じ。基本、コントで見かける存在です)


本作の面白い所は、霊能研究家の夫婦にもドラマとしての焦点を当てているところです。前述した通り、透視能力に優れた妻・ロレインと悪魔祓いの見習いである夫のエドには、娘が一人います。次第に「悪魔」の魔の手は、邪魔者である夫婦やその娘にも向けられてしまうのです。ここも大変ハラハラしました。
それと。ロレインの透視能力は鋭すぎて、透視するたびに命を削っているとのこと。夫は心配し、今回の件から降りるよう勧めますが、「この家族を救いたい」と闘いを決意するあたりが…ひょっとして…なんか嫌なフラグに思えて、それもまたハラハラしました。

そして終盤では、熾烈な「悪魔祓い」が行われます。
「悪魔」対「人間」
悪魔は人間の心につけいって入ってきます。少しでも「邪悪」な心を持った人間であれば、たちまち「悪魔」に飲み込まれてしまうというのです。
本作の終盤で「悪魔」に乗り移られてしまった者は、果たして「悪魔」の「悪意」に打ち勝つことが出来るのでしょうか!?
この闘い。最後はまるでアックマンのアクマイト光線(人間の小さな悪の心が膨れ上がって爆発してしまう技)に抵抗するような、まさに「心の闘い」となります。

 死霊2
 (振り向くとそこには…定番演出もばっちり!)


ここで、ネタバレになるので反転で。
それにしても、誰一人死なない結末には感激しました。ハラハラしていたものだから、なおさら嬉しかった。爽やかに終わるホラーってなかなかいいですな。ジャパニーズホラーは怖さはピカイチですが、救いのない話が多すぎなので後味が悪い。そういう意味では、本作は大変スッキリできる安心設計。


その他、少々のツッコミどころを。

・結構良い映画なのに、タイトルとパッケージがひどすぎる!!!
これではB級のナンセンスな血みどろホラー映画のイメージになってしまいます!
最低邦題大賞を差し上げて、邦題命名権をはく奪したくなるほどのタイトルです。
これには本当に頭にきます。
映画の本質を誤解させ、鑑賞する人を限定してしまいます。
邦題付ける人は、大いに反省したほうが良いと思います。

・実話…ってマジですか。どこまでが?  「実話を元にしている」くらいにしておけばいいのに。欲張りましたね。

・私だったら、あんな怪奇現象が起きた家では二度と寝ません。少なくとも1人では寝ません。みなさん、神経が図太過ぎでしょう。早くモーテルにでも避難しなさいよ。ただ、家族に憑りついてしまっているので、どこに逃げても無駄だと霊能研究家は言っていましたね。そうなんだ…と思っていたら、なぜか後半では避難させてました…??

・現場に落とした妻・ロレインのアクセサリーと、彼女の娘のアクセサリーが悪魔の通り道になってしまうという悪魔ルールが、唐突ですけど、なんかアリっぽい。

・超常現象を信じない警官がいい味出してましたね。

・出るぞ出るぞと思わせといて、出ないなんて! 憎らしい演出をしなさる。

・終盤の悪魔の暴れっぷりと人間の闘いっぷりが、ちょこっと「霊験道士」を思い出させました。

・お母さんが一度ああなったら、娘たちのトラウマっぷりはすごいでしょうに…ラスト、お母さんを見ても怖がらなかった娘のとてつもない理解力に脱帽。

 死霊1
 (悪魔祓いの見習い・エド。初挑戦にして大苦戦中。)


・結局「悪魔」なのか「魔女」なのか「幽霊」なのか、分かりにくかったように思います。また、過去に起きた陰惨な事件の詳細もよく明かされないままだったように思います。

そもそも!
「悪魔」って何のためにこんなことしているのでしょうか? 目的が分からん。「人間を苦しめる」ってのが、本来の目的なんですか? …ってことは、手段がもはや目的なわけですね。
一つ思い出したんですが。
以前、「悪魔祓い」を追跡したドキュメンタリーのテレビ番組がありまして。
ロシアかどっかの田舎町の、ただの普通のおばあさんが憑りつかれたらしくて。
んで、悪魔祓いの神父さんが儀式を始めるやいなや、おばあさんが苦しみだすわけです、映画みたいに。
ググググググヌグググウ…という感じで。
神父さんは叫びます。「出てこい悪魔め! 貴様の名はなんという!?」
そしたらおばあさんが、「ググゥ…私の名は、私の名は、ルシファー!!!」って…
あの…

ルシファーさんって、暇ですか?

私でも知っている大物の悪魔さんじゃないですか。
大魔王じゃないですか。
よくRPGのラスボスにも出てくる超有名人ですよね。
会社でいったら、常務以上のお偉方ですよ。

なんでロシアの田舎の何ともないおばあさんに乗り移らないかんの?


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

ホラーの関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2014/03/02 Sun. 17:05 [edit]

TB: 0    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/178-8b853377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list