素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

ファニーゲーム /ハリウッドよ、これが暴力だ。 



ファニーゲーム [DVD]
 ファニーゲーム
 (1997年 オーストリア映画)
 10、または90/100点



み…見てしまった。
かねてから、映画史上最も「後味の悪い映画」とは聞いていました。
日常に潜む人間の闇を描く、名匠・ミヒャエル・ハネケ監督作品です。

カンヌ映画祭上映時には、その「衝撃」に退出者が続出したそうです。
納得。
私も、俯きながら観る怯えたスタイルになっていました。

とても人には薦められない。

しかし。しかしです。

この「むごたらしさ」は、単にハネケ監督の悪趣味や悪ふざけ、過激な暴力の直接描写によるものではありません。超A級の演出と役者の芝居によって生み出されているわけで、映画としてとんでもなく素晴らしいと断言しないわけにもいかないのです。

ゆえに、本作の点数を10点と言いたいのですが、映画としては、実は90点以上の傑作なのです。

あらすじは、「湖の別荘に遊びにきた夫婦と一人の子供。そこへ、二人の青年が現れる。突然夫の足をゴルフクラブで打ちのめし、家族全員を監禁する。青年の一人が言う。『12時間後に、君たちが生きているか死んでいるか、賭けをしよう』と…」というもの。

ファニー


<思い切って、完全ネタバレでいきます。>


さあ。
のっけから凄い!

一台の車で、3人の家族(夫・妻・子供)が避暑地に赴いています。車中ではクラシックやオペラが流れ、夫婦は曲名をあてる「ファニーなゲーム」を楽しんでいるのです。和やかだなあ…と思わせて直後、悲鳴のようなヘビメタな音楽が流れ出し、オープニングタイトルが浮かびます。まるで、覚悟せよと言っている警報のように。

ほいでもって。

別荘で、夫と子供はボートの準備中。
妻は台所で料理をしていると…
一人のぽっちゃりな青年が突然訪問してきます。
「卵をください」
彼がそう頼むと、妻は気前よく「卵」を分けてあげます。
直後、卵を落として割ってしまう青年。
まだ笑顔を見せる余裕のある妻は、「大丈夫、大丈夫よ」と気遣います。

「新しいのもらえませんか?」

ずけずけと要求する青年。
妻は、「ま…、まあ、いいけど…」と、表情を取り繕います。
と思ったら、「あらっ」と青年。
台所に置かれてあったこの家の携帯電話機を、うっかり水中に落としてしまいます。
「あっ!」と妻の表情が凍りつきます。

防水ではなかったのです。
おっと、ここはまだ太字にするほどのことではありませんでした。
緊張のあまり、うっかり間違えた。

で。

携帯を壊された妻は憮然とします。
「ほんと、すみません」と謝りつつも、「あの…卵は?」とのたまう青年。
ひぇー。
暴力シーンでもないのに、こんなにヒヤヒヤさせるとは。
それでも何とか冷静さを保ち、卵を渡してあげる妻。
と、そこへもう一人の青年が現れます。
「旦那さんのゴルフクラブ素敵っすね。ちょっと使わせて」と、図々しさ丸出し。
ついにブチ切れた妻は、「帰って!」と叫びます。

家の不審に気付いた夫と子供が戻ってきます。

そして、いよいよ本性を現す青年二人。
夫の足をゴルフクラブで痛めつけて折り、家族3人を監禁状態にするのでした…。

ふぁにー2


引いたカメラでの長回しが多く、とても淡々と描かれていきます。
日常のちょっとしたスレ違いを描いているだけのように感じます。
序盤はまだ、この青年二人が、ただの「いたずらっ子」程度であるような希望が流れています。

しかし、その希望は打ち砕かれます。

「12時間後、君たちが死んでるかどうか、賭けようよ。死んでると思うけど

耳を疑う3人なのでした。

私、その瞬間に、この映画は「やばい」と思いました。
この手の監禁モノには珍しく、「子供の存在」があるからです。
そりゃ、『パニックルーム』にも『トータル・フィアーズ』にも、窮地の中に「子供の存在」はありましたよ。けど、あちらはエンタメ。最後はハッピーエンドに終わる保証があります。

しかし、本作は史上最高の「後味の悪い」映画と喧伝されているわけで。そこに「子供」がいると来たら…。
後半、私の悪い予感は、信じがたい的中を果たすのでした。げげげげげー!

骨折の激痛の中、子供を心配させまいと笑顔を向ける父親の気持ちが悲しい。
そんな家族愛を踏みにじるように、青年たちは凶暴さを増していきます。

ふぁにー4


それにしても…本作が凄いのは、とにかく役者の方々です。
けしからんほどの演技力。その熱演のせいで、本作を「虚構」と捉えにくく、本当にあった凄惨な出来事のように感じてしまうのです。
骨折した足も本当に痛そうで…
妻の嘆きも…夫の嘆きも…


この後、壮絶にネタバレします。



…。



あえてサラリと言いますが、後半、子供が射殺されます。

ハリウッド映画よ、これが暴力だ。

そう、史実モノ以外で子供が射殺される映画は…私、記憶にありません。(あと、『○ス○』もそうだった。)

息が詰まりました。

初めは、テレビに飛び散った血を見せます。
私、この時点では、「ひょっとして、弾は悪い奴らに当たったんじゃない?」とのんきに思ったものです。

その直後、テレビ横に倒れている子供と、微動だにしない妻(母)の姿…。

青年たちは逃げて行き、今度は残酷な「静寂」が場を支配します。

しかし、無闇に泣き叫ぶのではありません。

完全な「虚無」です。

ようやく、おもむろに妻が動き出します。

気が狂ったりするような安易な演出だってありません。(いっそ、その方が救われるが!)

ここから見せる夫婦の芝居は、耐えられない程に「凶悪」です。
本作で最も怖いのは、実は二人の青年ではなく、この夫婦の「演技」です。
だって、「残酷で」「むごく」「ひどい」バイオレンス映画だと言われながら、実は本作には、直接的な暴力描写は皆無ですから。誰かが撃たれる場面でも、画面に映っているのは発砲する側の姿だけ。しかし、役者陣の見事な芝居が、余計にリアルな惨劇を脳内再生させてしまうのです。
妻・スザンヌ・ロタールと、夫・ウルリッヒ・ミューエ(善き人のためのソナタの主人公)
この二人、恐るべし。

私ね…しばらく、「実は生きてました」とならないものかと希望を探ってましたよ。
ハネケ監督のこと、よく分かってなかったんですよ。
それほど…受け入れがたい描写だったということです。

夫婦は青年二人に問いかけていました。「どうしてだ」と。
しかし、青年二人は「さあ…なぜだろう」と答えません。

まさに、無差別殺人。彼らにとっては、それが「ファニーゲーム」でした。

ふぁにー5


物語は、痛々しくも、まだまだ続きます。

久しぶりに訪れた「静寂」の中、夫婦は何とか落ち着こうと試みます。
しかし、二人と観客を、さらに地獄に叩き落とす展開が待ち受けているのでした。

ええ加減にしなさーい。

思わず明るく突っ込みたくなりました。

実は本作、アメリカのスリラー映画のパロディとも評されています。
これがパロディ? 笑えないのに…? と思いますが…

1.逃げることができたー! と思いきや、あっさり捕まった…。それを妻と子供で2回繰り返します。妻なんか外に逃げ出して、「おーい助けてー」と近寄った車が、この青年たちの車だったって…確かにギャグみたい!

2.敵は台所だ。油断しているぞ。今の内に束縛テープを剥がし、そこのゴルフクラブでぶん殴って逆転だ! と思わせといて、剥がす前に敵が戻ってきて作戦だおれ。

3.奇跡的に壊れていた携帯電話が直ったー!、…いや、直ってなかった…。でも再度試みたらやっぱり直ったー! さあ通報…つっても、警察署の番号わからーん! (110番ってないのかな…)

4.偶然にもナイフを見つけた! これで束縛テープを切って悪漢どもを串刺しにしてやるんだなー! と思いきや、あっさり取り上げられる。

などなど。

ハリウッド映画ならば逆転に至るシチュエーションを、あえていくつも見せつけながら、「現実はそんなうまくいかんよ」と梯子をあっさり外す意地悪さ。確かに、パロディと言えなくもありません。
こうして、祈るような観客の気持ちは奈落に落とされます。ハネケ監督は、「観ている者が不快になるように作った」そうですが、天才的なほど周到な計算力です。

さらに驚愕なのは…

5.散弾銃を奪ってようやく青年の一人を始末します! よっしゃ! ってガッツポーズをとるほど高揚させるのですが、もう一人の青年が何やらリモコンを操作すると、場面が逆再生され、散弾銃が奪われる直前に戻ります。
なに、それ!? ま じ で !?

本作最大の謎のシーンと言われています。
本作では、こういう描写がいくつもあるのです。
青年が時折、カメラ目線になって観客の方を向くのです。そしてウインクをしたり、「みなさんはどっちに賭けますか?」と尋ねたり、「どんな結末を望みますか?」などと問いかけます。これは、専門用語で「メタ発言」と呼ぶそうです。
まるで我々観客を見下ろしているような視座。

ハネケ監督は、この映画を通し、「映画」における英雄的な暴力や、快楽的な暴力を批判したかったといいます。
まさに「暴力映画」を見ている我々も、暴力を楽しんでいるこの二人の青年と同じ穴のムジナだ、と言いたいのではないでしょうか。

ただ逆に考えると、このメタ描写は、本作がフィクションであると悟らせるわけですから、本作唯一の「救い」と思うこともできます。

余談ですが、このリモコンの逆再生を目の当たりにした時、「もしかして、これを妻が利用して平和なあの頃に戻るって寸法か…!?」と期待しました。
全くそんなことないんだよねー。ちぇー。
もし、ハネケ監督がそういうエンディングバージョンのDVDを作ったら、迷わず買います。

そして。

青年二人がこの家族を葬った後、彼らは間を置かずに別の家に現れます。よく思い出すと、物語序盤でこの夫婦が隣人に声をかけた時、隣人たちの傍には、この青年たちがいたのです。…そうか、この青年二人は、この別荘地の人々を殺して回っているのか。

青年はまた言います。「卵をください」と。
「卵」
…それは、儚く、もろく壊れる「命」のよう。

そしてまた青年の一人がカメラに向かって、ニヤリと笑いました。

さあ、みんなでファニーゲームを楽しもうよと。

ふぁにー3


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

<スポンサードリンク>

Posted on 2014/03/09 Sun. 02:13 [edit]

TB: 0    CM: 2

09

コメント

 

このレビューを読んで、あのとき戦慄がよみがえりました。

「ノック・ノック」という映画を観たときにまずこの映画が浮かびましたが、同じ胸糞でも笑って楽しめる要素が救いになっていたので今でもまだ自分の中の胸糞洋画部門ナンバーワンは「ファニーゲーム」のまま更新されていません。
(後味悪い洋画部門は別にあって、当然「○ス○」は上位です)

当時、レンタルVHSでこの作品を観たのですが、自室で観ていることを親に知れるのが気まずいような、とても不謹慎なものを見ているような気持ちになったものです。
もう二度と観ることはないと思っていましたが、このレビューを読んで、デジタルリマスター版などがあればもう一度観てみたいという気持ちになりました。

URL | mdt #- | 2017/08/19 12:42 | edit

mdt 様 

またまたコメントありがとうございます。

『ファニーゲーム』は恐ろしかった…。私はもう、ちょっと見られないかも。

けれど、結構「メタ的」なんですよね。表現が。カメラ目線でこちらに問いかけてきたり。
これは作り物だ、ということが意識できる構成なので、
それが救いと言えば、救いです。

ああ、確かに、『ミ〇ト』も意地の悪い結末でしたよねえ…。

URL | タイチ #- | 2017/08/19 15:08 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/180-a7736e27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list