素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。

キック・アス/ジャスティス・フォーエバー 狂気の正義。 


 キック・アス<スペシャル・プライス版> DVD
 キック・アス/ジャスティス・フォーエバー
 (2013年 アメリカ映画) 70/100点


少女が犯罪者を血祭りにあげていくアンチPTAな描写がケラケラ笑えた前作から3年。

主演・クロエ・グレース・モレッツが可愛らしい少女だったあの頃から、瞬く間に大物ハリウッド女優に成長を遂げつつあります。顔つきに大人びた雰囲気を漂わせ始め、野心が垣間見える眼光をよそに、おおよそいじめられっ子に見えない「キャリー」を経て、本作では「世間ずれしているツンデレヒーロー」を見事に熱演しております。
子役出身にありがちなやさぐれ街道をいくか、真っ当な女優業に進むか。そろそろ分岐点に差し掛かるのではないかと、ほっとけない子・クロエ・グレース・モレッツ。今後が非常に不安楽しみなのでありました。

本作は、ある意味クロエのための「アイドル映画」としても成立しているのではないでしょうか。

クロエが演じるのは、ヒットガールと呼ばれるミンディというスーパーヒーロー少女。犯罪者の前では、常軌を逸した凶暴性を露わにし、学園生活では、「どうしていいか分からない…」とぽってりとした唇を半開きにしてチワワのような目できょどっているとは、ギャップ効果の黄金比を見事に会得していると感心せざるをえないのでした。

さあ、そんなクロエの魅力がふんだんに盛り込まれた本作ですが、私のように特にクロエに格別な興味があるわけではない人には、いささか「無茶」が目立った映画であり、人にはお薦めしにくい内容です。

 キックアス5


基本「コメディ」なんです。
前作では、「少女が、ムキーって言いながら好き放題に犯罪者をやっちゃう」ってところに、笑いのツボがありました(笑えますよ…ね…?)。
しかし、本作でのクロエ演じるミンディは、その「犯罪者退治」をやめてしまいます。
ヒーローの真似ごとを許さない父親代わりのマーカスに、ヒーロ-コスプレ姿を見られてしまったからでした。
ついでに言うと、その見つかり方が正直こっぱずかしいっす。0点の答案が見つかったのび太以上の失態。おおよそヒーローらしからぬバレ方。私も、見つかった瞬間は、なんかいたたまれない恥ずかしさに目を伏せてしまったほどです。

というわけで。

ミンディの代わりに活躍するのは、シリーズ本来の主人公である青年・デイブです。彼は、自分と同じようにヒーローコスプレに身を包み、悪漢どもをやっつける自警団「ジャスティス・フォーエヴァー」に所属します。
極めて「普通の痛々しいオタクの人たち」…かと思いきや、デイブ含め、みな意外にもきちんと鍛えており、ザコ程度の悪者であればきっちりと片付けられる能力と勇気を有しています。リーダーのストライプス大佐にいたっては、元マフィアという泣く子も黙る経歴です。
彼らは、笑いのパートもこなしつつ、バットマンがいたら、唇噛みしめて悔しがるような活躍をしてみせるのでした。

 キックアス


誰しも、目立った活躍をしたいと思っています。
誰しも、悪い奴を退治したいという欲求を持っていると思います。

特に「オタク」はそうなんです。
自分の存在価値に不安を覚えていることへの反動であり、いつも悪い奴らに歯痒い思いをしている反動です。
自分は真面目にやっているのに、悪い奴らが自分より楽しそうなのが許せん、という激しい嫉妬もあるかもしれません。
自分の存在価値を高め、かつ、悪い奴らにひと泡吹かせられるヒーローになりたい気持ちはよく分かります。
無論、現実にヒーローのコスプレをして街を徘徊すれば、すぐにでも人々の失笑を買い、職務質問を受け、食品に毒でも入れかねないと揶揄されることになるでしょうが。
本作でのコスプレヒーローたちは、結構マジです。一部を除いて。主人公・デイブは、それなりに闘えます。ミンディとは違い、極めて現実的な「強さ」でしかないのですが、そこが好感ポイントではありませんか。超人ではないけど、自分の願望を満たす為ってのが本音かもしれないけれども、お金持ちでもなければ、優秀なメカニックも、常に心配してくる執事もいないのに、危険を顧みず「悪者」に立ち向かっているのですから!

そう考えると、ブルース・ウェインのまー胡散臭いことといったら!

てなこた、どーでもいーんです。

本作の肝は、クロエなんですよ。
相棒のデイブが日夜危険な治安活動を繰り広げる反面、彼女はというと、ずっと「チワワモード」で不慣れな学園生活の中、学園カーストのトップレベルに位置する女子集団に入り「女子力」を磨き始めているのでした。

時に、日頃の訓練を活かし、同級生の前でスーパーダンス(正確には、シュミレーション格闘)を披露して、一躍注目の的になったりします。
「ドラゴンボール」の「グレートサイヤマン編(悟飯の学園生活編)」みたいな感じになるのかと思ったのですが、意外に学園生活はすぐに破たん。意地悪をしてきた悪い女子集団の親玉を、お茶の子さいさいでやっつけて、彼女は再び殺戮…ヒーローの道を歩むのでした。
それでいいのです。デイブの言う通り、「ヒーロー」である方が学園生活の「普通」よりもずっと価値のあるものではありませんか。「クロニクル」の時も感じましたが、「普通」でない状況こそ、かけがえのない「経験」があり、よっぽど一般人より抜きんでる可能性に溢れているのです。
ミンディは決意します。
「自分の本来の世界に還ろうと」
ま、やり過ぎだけどね!

 キックアス2


とまー、最後は、前作で倒したマフィアのボスの息子が作り上げた軍団と壮絶な戦いが繰り広げられます。

正直に言いまして。

・前作はコメディとシリアスのバランスが絶妙で、もっとまとまりが良かったように思うのですが、本作は登場人物も多いこともあって、物語の軸がよく分からず見心地を悪く感じました。

・当たり前のように「身内」が死ぬ展開も安易だし、そもそも、それ前作でやってるし。どこの「アメイジング・スパイダーマン2」かと。

・ミンディの残虐さは「コメディ」として観たら許容なのですけど、本作は「真面目」な雰囲気が濃いためなのか、「あんた大丈夫…?」と、ミンディの心の内が心配になりました。自分から襲わせといて、手首を切り落とすってのはないでしょうに…。

 キックアス3


・おまけに、女の子集団をやっつける方法がアレって…。アメリカ人って「吐しゃ物」描写好きだねー。そこは痛快にやっつけてほしかったのに、無駄な「下劣描写」のため、やはりミンディの精神状態が気がかりになるばかりなのでした。

・マザーロシアの強さは、まー、「ネタ」でしょうけど、あの風貌がなんか直視できません。敵側も味方側も、なんかどっちもどっちな気がします。すなわち、みんなイカれてんです。パトカー5台分の警官を瞬殺するマザーロシアにさえ、身も凍る痛ぶり方をしてみせたミンディの精神状態が―

さらに。

ラストではミンディは、「(反転で)独り暮らし始める」ってんだから。こりゃもー大変なことですよ! 危険信号バリバリじゃないですか!?

やさぐれ街道を行くのは、果たして、ミンディが先か、クロエが先か!? …ってなことで。

今回、こんなとこで。


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2014/09/05 Fri. 23:55 [edit]

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/205-7adb3c4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list