素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

LUCY /ベッソンに気持ちよく騙されよう。 


 無題
LUCY
 (2014年 フランス映画)
 80/100点



ダウンロード
「いやー、まいったもんだわ。ボクってちょっと本気だしたら、もーこれだもん。大ヒットだもんね。おーこわーい、ボクの才能こわーい」

…などと、腹出しながらバリボリ菓子食ってるベッソン監督の姿が目に浮かび、おいそれと褒める気がしない本作。

いや、確かに面白かった。予想より面白かった。
さすが、と言わざるをえません。
しかし、どこか…お手軽に作った臭いがするのは気のせいでしょうか。
90分という短い上映時間のせいかもしれません。

何というか…

ダウンロード
「ちょっと最近さー、脳科学かじったもんでー」

…って感じの、才能にあぐらをかきまくって、美女をはべらせているベッソン監督の姿が、どうしても浮かんでは消えないのであります。

さぞ、ご満悦なベッソン監督でしょうが…。

『グランブルー』で感激させ、『ニキータ』で虜にさせ、『レオン』で大成功し、『フィフスエレメント』でこんな遊びもできるんだと感心させ、『ジャンヌ・ダルク』で、ミラジョボが好きなんだ…と少しばかり不穏な空気を滲ませ始め、知らない間に監督業を退いて、金太郎飴のように変わり映えのないアクション映画の量産に加担したベッソン監督。『WASABI』なんて日本人を舐めきった映画で俗物根性を露呈し、暇つぶしのような、道楽のような映画をたまーに監督して見せ、そろそろマジっぽいのをと、「アウンサンスーチー」さんを題材にし、それが大して誰の目にも止まらず、やべーそろそろ本気出す! と作り上げたのが本作なのだとしたら、ファンにとっては、まだまだこれを復帰作とは認めん、厳しいまなざしを向けてやらねばならんと、親心のように甘やかしを禁じる決意なのでありました。
…『アデル』? ん? なにそれ?

ただ、本当にベッソン監督の久しぶりの「良作」です。

あらすじは、「ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)の脳の活動領域が10%~100%に徐々に覚醒していくにつれ、強大な能力を司るようになり、あげく宇宙の真理を悟っちゃう」というお話。

ルーシー


(頑張って、あまりネタバレしないように書きます。)


もう予告編だけで、物語の半分以上は消化されています。

しかし、物語の後半はちょっと手がこんでおりまして…。
途端に、世界の成り立ちとかなんとか、そりゃもう、深遠な物語を紡ぎ始めるのです。

ここまで深みのある哲学のお話をするならば、もっと丁寧に掘り下げてほしかったように思います。
本作では、観客は置いてけぼりで、ルーシーとサポート役のノーマン博士(モーガン・フリーマン)だけが、「世の理(ことわり)」を理解していくという流れです。

ダウンロード
「観客が理解できないのは、10%しか脳が働いていないからだよ、けっへっへ」

…というベッソン監督の高笑いが聞こえてきそうです。
あくまで、それが「狙い」なのかもしれません。もっとじっくり描いたら、ベッソン監督だって大して理解していないことがバレちゃうのかも!?

それにしても。

さすがといいましょうか…、銃撃戦のシーンがとてもとても秀逸。
銃声ひとつとってもカッコイイし、演出は重厚だし、『レオン』の終盤のようでした。

ただし、超パワーを手に入れたルーシーにとっては、マフィアなんて相手になりませんから、ほぼ緊張感はありません。『奥様は魔女』レベルで、顔色一つ変えずに思い通りなわけですから。

銃撃戦は、ただのサービスシーンです。
ルーシーの取り込み中、銃撃戦を押し付けられた刑事は、「あんたがやってくれりゃいいじゃんか!」と毒づいていたことでしょう。

また。

今回悪役の「チェ・ミンシク(『オールド・ボーイ』ね)」が凄かった。まさに『レオン』の悪役スタンスフィールド(ゲイリー・オールドマン)を彷彿とさせるイカレっぷり。太った姿には驚愕しましたが、どしりと存在感のある悪役を演じています。

逆に、このアクションとキャラクターなら、「小難しい脳科学論は邪魔!」と身も蓋もないことを思ってしまったのでした。

哲学と銃撃の場面において、どうにもチグハグ感がすごいのです。

結論! ベッソン監督は、純粋に『レオン』のようなハードボイルド活劇(いわゆるノワール)を作ればいいんだ!

ルーシー2


で。

魅力的なのは、やはり主人公・ルーシーを演じるスカーレット・ヨハンソンです。
実のところ、本作を観ようと思った7割の理由は、スカーレット・ヨハンソンだから。

ダウンロード
「最初は、アンジーにも声をかけたんだけどねー、最終的には彼女に決まったよ」

…とか言いながら、ホントははじめっから照準合わせてたんでしょーが! 
ってくらい、スカーレット・ヨハンソンの魅力全開に描かれています。

チャラい普通の女学生だった彼女が、スーパーウーマンに変身するのです。その演技の変わり映えが、カッコイイ。

さっきまで、『ニキータ』ばりにベソかいていたルーシーが、突如、クールビューティーに動き出すギャップが面白い。
というか、ほぼ人格が変わっていると言わざるをえません。
ある意味、序盤のルーシーは死んだのかもしれません。
そう思わせるほど、覚醒したルーシーは、いともスンナリと現状を受け止めているのです。

あたしどうしちゃったの…? などと、細かい悩みはありません。
彼女は一瞬にして、現状を把握し、何をすべきかを悟り、迷うことなく行動に移していくのでした。

ただ、覚醒直後に、ルーシーが母親に電話をし涙を見せるのは、母親や人間性との別れを覚悟した秀逸な描写だったと思います。

そういう意味では、残酷な物語ですし、そこをドライに描いているところがニクい!

ところで…私は、本作の結末を観て、完全に「『攻殻機動隊』じゃん!」と思ったのですが、いかがでしょうか。
詳しくはネタバレになるので控えますが、「(反転で)草薙素子と縄張り争いを繰り広げているルーシーの姿」が目に浮かぶのです。おー怖い。

※その後、ヨハンソンが素子を演じるってのが奇妙な縁ですね!


ちなみに、これについてベッソン監督に尋ねたインタビュアーさんがいました。

ダウンロード
「おー、コーカクキドータイは随分昔に観たよー。好きだよー。ひょっとしたら、無意識に影響されてるかもねー、はっはっは」

(バレてらあ…(-_-;))

そんな心の声が聞こえてくるようなこないような。

ルーシー4


あと、所々。

・冒頭、ルーシーに無理やり厄介事を頼んだ割に、すぐそばで様子を見てる男の危機感のなさが謎。

・その冒頭で挿入される「動物の映像」は、やたらと陳腐で心配しました。

・韓国マフィアが話す韓国語に、字幕が付かないのが、いい!

・ルーシーらに薬の運び方をレクチャーする男の紳士然とした口調が抜群!

・ルーシーが覚醒するまで、こちらの腹までうずいて落ち着かなかった。

・手術の割り込みは、ご遠慮ください。

・ルーシーがノーマン博士に信じてもらうためにやって見せたことって、昔ドッキリカメラでもやってた。しかし、すぐに信じてあげるノーマン博士の素直さに脱帽。

・カーチェイスの流れる様な気持ちよさ!

・「車のスピードがあまりに速いと見えなくなるので、時間がキーポイントだ!」ってところが…、分からない。

・人類初の女性「ルーシー」と対面するルーシー。一瞬、ヨハンソンが特殊メイクしたのかと凝視。

・チェ・ミンシクが、ルーシーの背後から銃を構える姿は、完全に『レオン』

とまー、際限なく突っ込み所や印象的な場面が思い出されるってのは、ある意味、素晴らしい映画だということです。

ルーシー3


全世界で爆発的ヒット中の本作。
ベッソン監督は、さぞや笑いが止まらぬことでしょう。
続編をやるかも…って声が聞こえています。

しかし。

いやー、やらないと思うねー。
だってこれ以上やったら…

ダウンロード
「結局、深いことなんて考えてないってバレちゃうじゃん!」

…って賢明なベッソン監督なら、そう考えるのでは…?

『レオン』のエセ続編を別の監督に撮らせてボケっとしてないで、いよいよ本格的なノワールを撮ったらいかがかと、切に望みます。
このままだと、映画界随一の「うさん臭いオッサン」のレッテルが!

けれど、ベッソン監督に騙されたつもりで観ると、本作はなかなか楽しい映画でありました。おしまい。


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>


Posted on 2014/09/17 Wed. 20:54 [edit]

TB: 0    CM: 0

17

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/210-b660966e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list