素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

ザ・エージェント /ザ・トム・クルーズ。 


ザ・エージェント デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [DVD]
 ザ・エージェント 
 (1996年 アメリカ映画)
 85/100点



おう…、疲れもどうやらピークのようです。
本当は『ザ・ファーム 法律事務所』を見ようとDVDを借りてみたら、な、なんと『ザ・エージェント』でした。
同じくトム・クルーズ主演なもので、からっきし気づかなかった。
どーりで、ミステリーにしては爽やかだなーと思ったんだ…。
あれえ…? ジーン・ハックマンって後半から出てくんのかなあ…? と待ちぼうけだったもの。

といっても、本作はキャメロン・クロウ監督の傑作ドラマとして有名です。
とても楽しく観られました。

ビジネス系のドラマなんですけど、そこはほれ、トム・クルーズ主演だもんで、まるで青春映画のようにキラキラしていましたよ。
画面からあふれ出すオレが一番…じゃなくって、映画全体を引っ張るトム・クルーズの吸引力ある魅力が堪能できます。
しかし、あら不思議。トムが演じると嫌味を感じず、素直に最後まで鑑賞できました。
さすがは、トムなのです。
この頃から、いや、もっと昔から今に至るまで、ずっとキラキラしたスターでいる人なんて、きっとトムか郷ひろみかってくらいなものでしょう。いや、まじで。

あらすじは、「主人公・マグワイア(トム)は、優秀なスポーツエージェントだったが、ある日突然、『良心』に目覚めたせいで会社から解雇を言い渡される。彼に残ったクライアントは、黒人のアメフト選手ただ一人。唯一の部下であるドロシー(レニーセルウィガー)と共に、四苦八苦のビジネス競争が始まる」というお話。

 エージェント4


<結末以外、ネタバレしています>


「エージェント」というのは、プロスポーツ選手の代理として、チームに対し契約やギャラの交渉を行うマネージメント業のことです。
当初マグワイアは、担当のスポーツ選手が怪我をしたって無理をさせ、金儲け第一主義の商売をしていました。しかし、ふとしたきっかけで、「こんなことでいーのか、ぼかぁ!」と開眼し、サイエントロ…じゃなくって、『美しき良心』に目覚めます。そしてあろうことか、夜中の二時に『良心全開』の提案書を作成し、会社の同僚たちに配布する手配を済ませてしまうのでした。

その提案書の中身とは、「金儲け主義をやめ、一人の選手とじっくり信頼関係を築こう。そのために、クライアントを減らそう」というもの。
至極、真っ当な提言だと思います。クライアントを多く持てば持つほど、一人一人へのケアは滞ります。そういう経験は…、営業マンは誰しも抱えたことがあるでしょう。とはいっても、数多くのクライアントがいないと、当然、今度は利益が薄まります。その狭間で悩んでいるのは、何も本作の主人公だけではありません。

しかし。
提案書を作成し、配布の手配を済ませたトムは、「夜中にラブレターを書いてはいけないの法則」の通り、翌朝しっかり我にかえって後悔します。
すぐさま配布を頼んだ人に電話し、「あのさ、ちょっと聞くけどさ、アレ…もう配ったのかなーって…、もし、まだだったら…あ、配った? …あー配ったんだー。あーそう。あーそうなんだー。早かったねえ…いやいや、いいんだけどさー、いいんだけどねー、…頼んだの僕だもんね」 こういうドジっ子な愛きょうも計算どお…失礼、…ギャップ効果を生む魅力を発揮しています。

「一時の感情で突っ走り、後で悩む」というハタ迷惑…もとい、純粋な少年のような性格は、物語上、実は重要な部分でもあります。

それはさておき。

案の定、不安分子とみなされたマグワイアは、会社から解雇を言い渡されます。
直後に始まるクライアントの争奪戦が、大層見ものです。
会社側のエージェントも凄腕ですから、次々にマグワイアの担当選手に電話をかけ、会社への契約維持を固めて行きます。負けじとマグワイアも電話攻勢を仕掛けますが…、フリーになろうとする彼を信じてくれる者はいません。最後にただ一人残ったのは、おしゃべりでお調子者という、典型的黒人キャラを地でいくアメフト選手のロッド(キューバ・グッディング・Jr)だけでした。

ちなみにキューバは、本作でアカデミー助演男優賞を獲得。納得の「おしゃべりお調子者野郎」を演じ、小気味いいです。

 エージェント


その後、啖呵を切ってオフィスをあとにするマグワイアが、強気の割に汗びっしょりで面白いです。
当初は、かの「提案書」に同僚たちは拍手喝采でしたが、所詮は「物見遊山」程度だったのでしょう。「誰か付いて来る者は?」と問うマグワイアに応えたのは、彼に気のある経理・ドロシーと、職場の水槽にたたずむ一匹のメダカだけ…。

マグワイアがオフィスを出るや、静まり返っていたオフィスが途端に活気を取り戻す場面が印象的でした。
会社に大きな利益をもたらしてきたはずのマグワイアですが、会社にとっては、彼でさえただの一人の営業マンに過ぎなかったというわけです。今まで彼が担当していたスポーツ選手たちは、今までマグワイアを信頼していたのではなく、彼の会社の大きさに安心していただけだったのです。

しかし、マグワイアは、これからは理想のスタイルで仕事を進めていく事が出来ます。
彼は、たった一人のクライアントのために力を尽くせるのです。
これは、まさに彼の「提案書」通りです。

おまけに個人事業なわけだから、たくさんのクライアントは必要ありません。利益を総取り出来るのですから。エージェント業は大きいお金が動くので、一人のクライアントの成功だけでも十分やっていけるのです。もちろん、クライアントが「たった一人」だと、そのクライアントがこけたら、マグワイアは一巻の終わりですけど。
その崖っぷち感も面白かった。
終盤までうまくいかない場面が続くから、ホント応援する気持ちになれました。

ただ。

実は、本作はビジネスドラマのように思わせておいて、恋愛ドラマ要素が濃いです。
まあ、そこはトムですからね。女たら…じゃなくって、母性本能をくすぐる見事な魅力を発揮します。
秘書的(経理)な役割であるパートナーのドロシーは、彼に恋をしているのです。ドロシーはなかなかピュアで、しかも頑張る母子家庭のお母さんだから、応援する気持ちで鑑賞できましたよ。
けれど前述した通り、マグワイアには「突っ走る」癖がありまして…。
ドロシーの一人息子・レイの抜群の愛嬌も手伝って、彼は思わずドロシーとの結婚に踏み切るのです。
その時のトム・スマイルの、まー素晴らしいこと。女たら…じゃなくって、一目で女性に幸せを感じさせる魅力を発揮します。

が。

彼は、疲れたような、満足していないような顔をドロシーに見られてしまいます。
それを見て…、ドロシーは揺れ動きます。
「彼は、無理をしている」と。

 エージェント2


御 明 察。
マグワイアは、クライアントのロッドに、「ドロシーはつまみ食いだった」と衝撃の告白をするのです。
ほーら、女たらしじゃん。
ご祝儀を返してほしいくらいの告白です。

ということで、この辛辣な流れにはドキリとしました。
ドロシーは、思い悩んだ末、マグワイアとの結婚生活を解消しようとします。
この辺り…、マグワイアのいい加減さもさることながら、ドロシーの身勝手さも気にかかったものです。
彼女が一番に考えるべきは、まずは息子のレイのことではないでしょうか。
レイが心から慕っているマグワイアとの別離は、レイに多大な悲しみを与える事になります。もうちょっと冷静に判断しないかと、私にはちょっと不満だったものです。

ってことで、本作はビジネス映画なんですけど、そういう余計な興味深い恋愛劇も楽しめるのでした。

   エージェント3


さあさあ。

果たして、彼はビジネスの成功を勝ち取ることが出来るのでしょうか。
また、ドロシーとの仲はどうなってしまうのでしょうか。

マグワイアとクライアントのロッドが友達のような信頼関係を築き、お互いに影響し合い、成長していく姿はとても爽やかでした。
そこには、ワグワイアのビジネス的な計算はなかったと思います。(というか、彼の計算ってことごとく裏目…)
ひねくれて言えば、彼は運が良かっただけかもしれません。たまたまロッドとの相性が、抜群だっただけなのかもしれません。または、「トム・クルーズだから」…なのかもしれません。

とはいえ。
ハリウッド的王道の展開が素直に楽しめるのは、やはりトム・クルーズの押しつけがまし…じゃなくって、ブラピも引いたほどのオレオレ…でもなくって、パワフルに輝く魅力のおかげではないでしょうか。

ホントに安心できるし、飽きることのないこの絶対的安定感のあるトム、というのは凄いことです。

あ。
でも…、さすがにトムのオーラでお腹いっぱいなので、『ザ・ファーム』は、ちょっと時間を置いてから観ようかな。


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

<スポンサードリンク>

Posted on 2014/10/08 Wed. 01:08 [edit]

TB: 0    CM: 0

08

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/213-cd7793ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list