素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

プリズナーズ /「親」にしか出来ないこと。 


プリズナーズ [Blu-ray]
 プリズナーズ
 (2014年 アメリカ映画)
 85/100点



とても重みのある映画です。
ずしりと胃にきます。
これが、単なるアメリカ映画なら苦しくなりません。ハッピーエンドだろうから。

しかし、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が『灼熱の魂』で見せた容赦ない描写の実績もあって、本作でも「何が起こるか分からない」と思わせます。

最悪の事態も描きかねない「怖さ」があるから、途方に暮れるほどハラハラしました。

本作は、少女が行方不明になるというお話。

プリズナー0


<頑張ってネタバレしません。>


子供がいなくなるというのは、親にとっては張り裂けんばかりの悲しみと不安をたぎらせます。
私自身、迷子になった子供を探す時の「恐怖心」はひどくつらいです。
背筋に冷たいものが流れ、心拍数は上がりっぱなしになります。

本作の胆は、娘が行方不明になった主人公・ケラー(ヒュー・ジャックマン)の常軌を逸した行動です。

彼は敬虔なクリスチャンですが、娘を誘拐したと疑われる「容疑者」を自ら捕え、監禁し、拷問し、娘の居場所を吐かせようとします。

その拷問は素人丸出しのものです。
なぜならば、彼は「素人」だからです。
他の映画にありがちな、元特殊工作員などという設定はありません。
カギ爪伸ばして新幹線の上で闘っていそうですが、断じて彼は一般人です。

それなのに、彼の拷問はやたらと残酷なのです。
人によっては彼の行動を理解できるだろうし、逆に全く感情移入できず、ヘタしたら嫌気がさす人もいるかもしれません。

私は、理解できます。

親にしてみたら、子供が犠牲になるかもしれない事態に、冷静に、倫理的に、常識的に対処などできるわけがありません。

不正義であっても、間違ったことだとしても、構わないのです。
子供が救われるなら、なんなら世界が滅びたっていいんです。
ケラーの犯していることは完全な「犯罪」ですが、子供が戻ってくるならば、「刑務所行き?」 へっちゃらでしょう。
もちろん、完全に親のエゴですよ。はた迷惑ですよ。「間違っている」のですよ。わかります。

けれど、それでも言うと、「親」とはそういうものですもん。

ケラーは、「今ごろ娘は、なぜ父親が助けに来ないのか理解できずにいるはずだ」と言います。その言葉から、ケラーの痛切な焦りの気持ちが伝わってくるのです。

そう。

子供が行方不明になったら、「今頃、どこで、どうしていて、どんなに苦しんでいるのか…」と、その様子を想像し、それが頭にこびりついて離れないはずです。「ろくに眠れない」のは当然です。

以前、イーストウッド監督「チェンジリング」の感想に書きましたけど、あの映画の描写で、「失踪した子供は、どこかで生きているかもしれない」と、主人公の母親が希望を持った明るい顔をしていたことが疑問でした。「どこかで苦しんでいるかもしれない」という苦悩が、永遠に続く地獄だと思ったからです。(ゆえに、拉致被害者の家族の苦しみとは、計り知れないものだと思います)

そういうわけで。
ケラーの犯した行動は、私にはよく理解できたのでした。

プリズナー3


子供のことについて、「警察に任せっきり」「病院に任せっきり」「学校に任せっきり」は、とても「危険」だと思います。

いや…、信用しないというわけではありません。プロの手を貸してもらうことは当然です。
しかし、子供のために最大の心配をし、最大のパワーをみなぎらせ、身を削ってまで行動できるのは、やはり「親」でしかないのです。

ただし。

ケラーに一つだけ突っ込みたかったことがあります。
それは、ケラーの長男のことです。
ケラーは自暴自棄な姿を、ケラーの嫁は臥せった姿を長男に見せてしまいます。
彼らは、長男へのケアを怠っていると思いました。

妹が行方不明になり、両親が壊れかけている様子に、長男だってかなりの恐怖を抱えているでしょうに。
その長男をもう少し慮ってほしいと思いましたが…、ケラーは長男に「強くあれ」と言うばかり。
小さく震える長男の姿が、とても可哀想でした。

プリズナー4


さて。

伏線や宗教的に示唆されている表現が、見事にラストへと続いています。
(↓宗教的示唆については、こちらが詳しいです)
神への反抗 映画「プリズナーズ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

本作の上映時間は153分と長めです。
テンポは、序盤はゆったりです。終盤は畳み掛けていき、少女の行方が気になって気になって、ふんだんに感情移入したので退屈することはありませんでした。

人間ドラマが濃いと思いきや、『羊たちの沈黙』のような秀逸なサスペンスの様相も見せます。

刑事のロキ(ジェイク・ギレンホール)が、ケラーから捜査の手際を責め立てられ、舌打ちしたりうなだれたり、人間味があって面白いです。
刑事としてのプライトと責任に追い詰められた彼が、後半に見せる大奮闘ぶりが熱く魅せます。

ケラーに目を付けられた、10歳の知能しかないというアレックスを演じるポール・ダノは、かなりの演技力です。

とはいえ、キャスティングがややハリウッド的(知っている顔が多い)なのが、逆に緊張感を奪うかな…? と思ったりもしますが。

プリズナー2


本作のタイトルである『プリズナーズ』は、「囚人たち」という意味ですが、複数形になっている通り、本作にはたくさんの「捕われた者」が出てきます。
行方不明の少女やアレックスだけでなく…
この辺りのタイトル通りの展開は、巧いなーと思いました。

そして。
ラストシーンが抜群です。並大抵のものではありません。

間違いなく、傑作サスペンスです。


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>


Posted on 2014/10/13 Mon. 00:36 [edit]

TB: 0    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/215-1d28578e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list