素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う! /酒とSFとペッグとニック。 


 ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う! [DVD]
 ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う!
 (2013年 イギリス映画)
 75/100点



<結末以外、ネタバレしています。>

 ワールド7


主演のサイモン・ペッグは、世界一ビールをうまそうに飲む男ではないでしょうか。

グラスにたっぷり注がれた、まばゆいばかりの黄金色のビールを、ごくりごくりと喉に注ぎ込み、見事に至福の表情を見せてくれます。
もーたまらん! 
こちらもキンキンに冷えたグラスを片手に、明るいうちから一杯やりたくなってしまうってもんですよ!

下戸ですけどね。

…飲めない上に、本作のベースとなっている「SFホラー作品」をひとつも見たことがないもんで、私には、本作の良さの半分もわかっていないと思います。

が。

分かる人には、おそらく珠玉の逸品なんだろーなーと思います。本当に、ビール買ってこよーかな…、という気分になったぐらいです。

本作は、『ショーン・オブ・ザ・デッド』や『ホット・ファズ/俺たちスーパーポリスメン!』でおなじみの、サイモン・ペッグとニック・フロストが、エドガー・ライト監督と巻き起こす、映画愛に溢れたオバカ満載のコメディ映画です。

あらすじは、「5人の幼馴染たちが、かつて高校時代に失敗した12軒のはしご酒を、大人になった今再度チャレンジするが、次第に故郷の街の恐るべき変化に気づく…」というお話。

 ワールド


ということで、本作のテーマは「SFホラー」です。

しかし、前述の通り、私はあまり見たことのないジャンルなもので、元ネタが一切分かりません…。

他の方のブログを覗くと、「あれは『ボディ・スナッチャーズ』だね」とか、「『光る眼』のオマージュだ」などと、いくつも指摘しておられ、なんだか悔しくって悔しくって。

あーなんて自分は不見識なんだ、と自己嫌悪に陥るほどでした。

あまりに悔しいものだから、なんか一つでも見抜けないかと考えを巡らせてみたところ…、そうそう、そういえば! 
一個見つけた! 
物語の導入は日常的なのに、後半でジャンルが変わるほど急変するのって、『フロム・ダスク・ティル・ドーン』だよね! 
ってSFじゃねー!

と言う事で。
今回は箇条調で書いていきたいと思います。

○いつもなら、「ボケてるニック・フロスト」に、「うだつの上がらないサイモン・ペッグ」というイメージですが、本作では、ニックは真面目そうな弁護士を演じ、サイモン・ペッグはいつもの通りのダメ男ですが、なぜかタフガイのイメージも披露します。この辺り、新鮮です。

○ ピアース・ブロスナンが出てきたり、キャスティングが凝っています。

○2件目のパブが1件目と全く同じ作りという、チェーン店化の皮肉が面白い! 
スタバ化反対! というメッセージが硬派です。

○母が死んだという嘘で同情させて人を集める手口が、両津勘吉そのまんま。

○そうそう、酒場でノンアルコールを飲む人って残念がられるよね…。

○ニック・フロストが、なんとカッコイイ!

 ワールド5


○アクション(格闘)場面は、驚くほど良く出来ています。おそらく「ジャッキーチェン」を意識しています。…これまたSFじゃねー! と言われようとも断言します。意識してますって!

○12軒のパブのはしご酒ってのは、そもそも何の意味があるんだろう? イギリスでブームなんですか?

○敵のほどよい弱さが素敵です。
 
○そうそう! 電撃がピカピカする中で車が疾走するとこって『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でない!? 
…ま、まあね、またしてもSFじゃないけ…SFじゃん!

○ビール最高! って映画かと思いきや、宇宙人が出てきて…。それでもビール最高! って展開にこだわるのかと思いきや、最後は「水」って…。
ビール党の人にとっては、裏切られた感満載の展開ではなかろうか?

 ワールド6


エドガー・ライト監督おなじみのテンポのいいカット割りなど、楽しい雰囲気抜群の映画です。
後半、かなり破たん部分や無理やり感が見えますけど、そもそも物語なんて行き当たりばったりでいいじゃん! 勢いだけでいいじゃん!

ところが。

実は、辛らつで深~いテーマも覗かせちゃったりしているのです。

サイモン・ペッグが演じる主人公・ゲイリー・キングは、なぜ、急に「12軒のパブめぐり」という青春時代の挑戦に、再度挑んだのか。

学生時代の青春を取り戻したいという願望は、よく分かります。
何も責任がなく、思慮が浅いから不安もなく、永続的に緩慢な時間が流れていくような甘美な錯覚を味わうことのできる、青春の時代。根拠のない自信だけで満たされた気になってしまう、若気の至りの時。

その時の思い出が美化されればされるほど、大人の世界から逃れたいと思う気持ちはよく分かります。

大人になれば、現実にひざまずき、責任に縛られ、妥協を覚え、「こんなもんだろ」と諦めの境地に落ち着いて、闘うことから逃げる日々。

大人になったゲイリーは、理想の自分になれませんでした。
自信に溢れていた学生時代から、彼は転落を続けるばかりだったのです。
彼はその苦しみから逃れるため、自殺未遂の果て、アル中に至っているのでした。

 ワールド3


これは、ゲイリーが自分を取り戻すための闘いだったのです。
巻き込まれる友達は、たまったものではないですが。

友達はみな、立派な大人になっているようでした。
だから、最初はみな、ゲイリーをうっとうしく思っています。一番の親友だったニック演じるアンディに至っては、憎々しげに彼を邪険にします。

「大人になれ、ゲイリー」「変わらないな、お前は…」と見下しているのです。

しかし。

変わらないことは「幼稚」なのか。変わることは「大人」なのか。

本当は、友達もまた、ゲイリーと同じく人生に満足しているわけではなかったのです。

故郷の様子が変わってしまったことにひっかけて、深みのあるテーマを突きつける終盤は、胸に沁みました。

…とかなんとかいっても、結局はスーパーバカ展開していくんですけどね! 考え込んで損しちゃったわー! というノリで。

もー何がボケなのかツッコミなのか…、ワケがわかりません。
ぼけっーっと観るのが得策です。秋の夜長に、ピッタリかもしれません。

ということで、今回はこの辺で。


   

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>


Posted on 2014/11/02 Sun. 23:06 [edit]

TB: 0    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/218-b1e0bbcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list