素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

イリュージョニスト /「魔法使い」にされたオジさんの悲哀。 


 イリュージョニスト [DVD]
 イリュージョニスト
 (2010年 イギリス・フランス共作)  
 75/100点



海外のアニメってほとんど観ませんが、これはなんとなく触手が動いたのです。
なんか切なげで面白そうだなあと。
ジブリ推薦です。海外の評価も高いです。

ある売れない手品師のおじさんと、夢見る貧乏な少女の交流の物語。
うわあ、現実だなあ…という内容です。さすがヨーロッパ映画です。
皮肉てんこもり。

個人的には、そういうヨーロッパ映画は大好きです。
世間を斜めから見まくってて、鑑賞中に首が曲がっちまいそうなほど!

映像はきれいですが、いたってシンプルな作りです。決して派手な演出があるわけではありません。
激しい感情がいっぱいに表現されるわけでもなく、セリフも極少です。 

だから、人によっては退屈を感じるかもしれませんが、上映時間が80分と短いので、助かります。

imagesCAF5IE3D.jpg
(映像は美しく、独特の味わいがある)


この手品師のおじさん、幼くして働いている貧しい少女に贈り物をしてあげるのですが、それを手品を使って差し出します。
そこが、悲劇の始まりで…。

少女は、それを「魔法」だと思い込むわけです。
おじさんにとっての「プレゼント」とは、苦もなく用意出来るものだと思ってしまったのです。

「ドラえも~ん!」と言わんばかりに、次々におねだりを始める少女。
しかし手品師のおじさんは、ドラえもんのように未来デパートで買い漁れるほどの潤沢な財力はありません。
しかし、少女の期待を裏切れません。
そこで、深夜バイトを始めたりと、涙ぐましい努力を続けるおじさんなのでした…。

切ない。
人の欲望は尽きぬもの。
手品師のおじさんのおかげで、身なりが綺麗になった少女は、恋をしたくなるのです。

もっちろん、手品師のおじさんは恋の対象ではありませんよ!
イタタタ…。(のっぴきならないフラれ方をしたことのある方は、鑑賞に注意!)

そうはいっても、この映画は下世話な愛憎劇には発展しませんのでご安心。
淡々と、人生の悲喜こもごもを語っているだけです。

imagesCAW104QB.jpg
(初めは、ただ夢を与えてあげたかっただけ)


ラスト。
おじさんのある小さな行動は、おじさんの悲しい心変わりを表しています。

ああ、やっぱりヨーロッパ映画だなあ。(でも、この結末は好きです。)


  

 
記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>


Posted on 2012/09/05 Wed. 11:55 [edit]

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/22-f53d5d85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list