素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

6才のボクが、大人になるまで。 一人で大きくなったような顔。 


 6歳
 6才のボクが、大人になるまで。
 (2014年 アメリカ映画) 80/100点


12年に及ぶ撮影期間をかけ、「6歳の主人公が18歳になるまで」を、同じ役者で紡いでいった青春の物語。
大人にとっての12年はあっという間ですけど、「子供にとっての12年」ってたくさんの変化に富み、そして、永遠に続くかのように長く、「二度と訪れない特別な時間」なんですよね。
主人公・メイソンが成長するにつれ、序盤に見た6才の頃の顔が幾度も浮かんでは、「大きくなったなあ」と、親戚のおじさん状態に陥ったものです。
もちろん。
お姉ちゃん役の人も、お母さん役の人も、その他の人たちも同じ俳優が演じますから、当然みんなリアルに年輪をかさねていくなあ…と思いきや! お父さん役のイーサン・ホークがちっとも老けません。ははーん、こりゃひょっとして…、一人だけタイムマシンで行ったり来たりしてるSF設定があるなー、と勘繰りたくなるほど、彼が老けません。
恐らく、本作の監督・リチャード・リンクレイター氏は、撮影で顔を合わせる度に、アンチエイジングに勤しんでいるであろうイーサンホークを恨めしげにニラんでいたに違いありません。主人公のメイソンがすごく可愛らしい6歳児だったのに、段々「ノッチ」に似ていくことよりも、心配だったはずです。イーサンの顔に触れては、「老けていく…」と呪いをかけたに違いありません。
終盤で、かろうじて「老けた」イーサンの姿を観た時には、実にほっとしたものです。

6才2

6才

6才3


この本作の撮影手法に、世界の映画ファンは絶賛。ベルリン映画祭の銀熊賞を獲得し、さらに次回の米アカデミー賞では、作品賞の有力候補とも言われています。

私もそれを聞いていたもので、かなり期待値を高くして鑑賞しました。
ところが。
あろうことか…、傑作だとは思いますが、いくつか引っかかる感じもあり、素直な鑑賞になれなかったのです。
その部分とは、以下の通りです。

○実は、我々はとうの昔に、この撮影手法を経験済みです。
そう、日本には超名作ドラマ「北の国から」があるのです。まさに、「小学生から大人になるまで」を、同じ役者で描き切っていたあのドラマで、「純」や「蛍」の成長にどれだけ感動したことか。
何十年も前に、すでに本作の撮影手法を体験しているものだから、本作に「斬新さ」を感じることはできませんでした。当然、連続ドラマであった「北の国から」の方が、物語は重厚です。「北の国から」の出来栄えがあまりに凄いため、本作の特徴をかすめさせてしまったように思います。

○物語には、特別な出来事があまり起きません。
父親が泥まみれのお札を渡すことも、別れの場で誰かが無心に走り出すこともないし、主人公が彼女を妊娠させることもなければ、誰かが死ぬこともありません。
ただ流れるのは、本当に普遍の物語。
もちろん、それは良い点でもあります。だからこそ、共感することができ、心から物語に入り込めるのだと思います。
しかし…、12年間に起きた出来事が、たったこれだけかと疑問にも思ってしまうのです。
私も子育てをしています。まだ成人するまでだいぶありますが…、もし将来、自分の子が12年間の軌跡をまとめたよ、と本作のようなものを持ってきたら、「親の視点」としては不満を抱くかもしれません。12年間にあった出来事って、こんなもんじゃないんじゃない? と。

本作は…、序盤こそ、母親の再婚相手からの暴力など、大変過酷な場面もあるのですが、中学生くらいに成長して以降は、本当に何事もなく進んでいるように思います。気づいたら彼女が出来てるし、大学は合格しているし…、村上春樹の小説のように、「過程の苦難」というものがあまり見られません。
受験勉強はスムーズだったのか? 
彼女はどうやって出来たのか? 失恋はいくつしたのか? 
少し垣間見えていたいじめはどう解決したのか? 
学校とソリが合わない様子があったが不登校になりかけたことはないのか? 
母親と大喧嘩することはなかったのか?
 
その他あるでしょーもん。バカチンな青春時代には、「どーしよー!」とパニくるような失敗がさー。あえて省いたのではなく、それが一個もなかったのだとしたら…、これは随分カッコイイ、幸せな青春を送ったものだなー。
本作からは、青春の苦みが…、ないこともないけど明瞭には見えませんでした。終盤、「志望校選びに難儀したなー」と言葉で説明されます。しかし、それを映像で見たいわけです。彼女と寝た次の場面ではもう彼女と別れてるし…、いや、その過程を見たいのだと。

つまり、見も蓋もありませんが、12年間の成長物語を、3時間に集約することに無理があったのではないか、と思ってしまったのでした。
矢継ぎ早な編集で、どんどん成長していく主人公の姿に、追いついていかない気持ちが生じてしまったのです。

6才7


しかし。

批判的になってすみません。
本作には、もちろん素晴らしい面も数多くあります。

○イーサンホークの父親ぶりが最高!
前述のように、私自身、子育てをしている「父」という身ですので参考になるなあと思います。
ま、父親がイーサン・ホークってことが反則ではありますが。
カッコいいんです。
そして、息子と共通の話題があります。映画や音楽や。それを、同じ目線で話し込むのが素敵です。
上からものを言わない、無闇に説教しない、とにかく子供たちと楽しむことを優先する!
おまけに、一足先に大人の階段を登りつつある娘に、意を決した「性教育」を実行する場面は、照れくささで笑いあったり、実にリアルな芝居で魅せます。素晴らしいと思いました。
もちろん、イーサン父は母親と離婚しているため、主人公や娘とたまにしか会えないからこそ、うまくいっているのかもしれません。それにしても、とても理想的な関係性だと思いました。
ギターの弾き語りを息子に聞かせるってのは、どうあがいても私には無理ですが。
その弾き語る歌が、「嫁と別れる歌」ってのが、子供心にどう響くのか分かりませんが、不器用な言い訳をしているようでもあり、むしろ微笑ましかったです。

6才4


○子供時代の芝居の素晴らしさ。
子役の芝居といえば、日本では是枝監督を思い出しますが、本作の子役たちも、見事な自然体の演技で引き込まれます。
何度注意しても騒いだり、遠慮のない兄弟ゲンカをしたり…、信じられないくらいに自然です。

○「家庭」という戦場。
メイソンの小学生時代は、「家族の修羅場」の連続です。イーサン父と母親の言い争いや、母親の再婚相手の暴力的な場面は緊張感満載です。というか、とても「不快」だったものです。大学教授である再婚相手は、酒に酔うと家族に向けて暴力をふるいます。もともと支配欲が強く、子供をルールで縛り付けます。イーサン父とはまるで真逆のこの「父親」にはイライラしました。死ねばいいのに。
子供時代のトラウマは強く残るもので、楽しい思い出よりも、苦い「家族の修羅場」は、いつまでたっても消えないものです。
メイソンの母親の三度目の相手もまた、強権タイプです。最初の数年は、家族を守るのにふさわしい「たくましさ」に見えるのでしょーが、皮肉なことに、慣れ合う頃にそれは、「暴力性」として家族に向けられるのです。
「家族を平和に保つ難しさ」を、ストレートに描いている点に、私は興味津々でした。

しかし、青春の苦難はそれまで。
あとは、順風満帆に普遍の成長を難なく遂げるメイソンなのでした。

6才5


(以下、一部のラストのネタバレをします)


そんなこんなで、無事に18歳になったラストのメイソンですが、単にそれは「人生の本当のスタートライン」に立ったに過ぎません。
ここから、彼がいかに将来を築き上げていくのか。そう、まだまだこれからなのです。
そう考えると本作は、メイソンの人間的成長が、ハッキリしない頃に終わるのです。はっきり言って、大人になんてなっていませんよ。18歳になっただけです。
巣立つメイソンに、私は素直に拍手を送る気持ちにはなれませんでした。
それより、どうしても「親の視点」で見てしまうのですが、本作では、子供を育て上げた母親が賞賛されるべき、だと思います。
自らの選択の過ちもあるかもしれませんが、パートナーに悩み、教育費に悩み、大学に通って博士号を取ったり…、頭を抱えながら血のにじむような苦労と努力の12年間を、母親は乗り越えたのです。

果たして…、「子育て」とは何のためにあるのでしょうか。
大昔であれば、大事な「労働力」という合理的な意味があったかもしれません。
けれど、現代において、「子育て」には合理的な意味などありません。
子供を多く育てたからといって、年金を多くもらえるわけではありません。
莫大な教育費にがんじがらめとなり、それは戻ってくるお金ではないのです。
どこかの経済学者が、「子育ては、ハイリスク・ローリターン。最悪な投資だ」と言っていました。
「近年、家族の絆が薄まっている」などと、「昔はよかった主義のコメンテーター」は言い放ちますが、私は真逆だと思います。
現代ほど、家族が「愛」、もしくは「義務」だけで成り立っている時代はないのではないかと。

まさに「無償の愛」で育て上げた子供が巣立つ時。
果たして、親は誇らしく思うのでしょうか。それとも、むなしく思うのでしょうか。

終盤、メイソンの母親は息子と離れる寂しさを漏らします。
メイソンら子供たちは、巣立つことで「自由」を得て、この先の有り余る時間を好き放題に使っていくことが出来ます。(ラストシーンが、新しい女の子との出会いで終わるってのが、単純で残念です)
しかし母親は、子育てから解放され、同じく「自由」を手に入れられたのに…、悲しみを爆発させるのです。
ここで母親が、浮かれるメイソンに投げつけた言葉が、そのまま私の本作の感想です。
つまるところ…、「一人で大きくなったような顔してんじゃねーってこと。
そんな母親の気持ちが、私の心に影を落としました。

まあ…

それもこれもね、一人だけ大して歳をとらず、バンド仲間と仲良くしていつまでも青春気取ったり、なんかしらんが若い女性と再婚してハッピーを振りまく、イーサン・ホークが全て悪いんです。


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2014/11/16 Sun. 23:05 [edit]

TB: 0    CM: 0

16

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/221-3a1ecbdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list