素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

インターステラー /誰も見たことのない世界。 


 innta-sutera-2.jpg
 インターステラー
 (2014年 アメリカ映画)
 95/100点



文句なしで、今年の1番でした。

参りました。
こんな傑作を見る事ができるなんて、とても幸せに思います。

もう何も言えねぇ。

これは。
必ず劇場で観てほしい映画です。

そして、前情報はないようにした方がいいです。
恐らく、並大抵の予想のはるか上を行く展開となっています。
是非、本作の凄さにおののいてほしいと思います。
なので。
<今回、ネタバレはほとんどせずに書きます。>


あらすじは、「滅亡の迫った地滅から脱出し、人類が移住できる新たな惑星を探すため宇宙へ向かう主人公・クーパーは、娘・マーフィーとの別れに苦しみながら、想像を絶する困難に立ち向かう」というお話。


インタステラー8


なんといったって、クリストファー・ノーラン監督は凄いの一言ですよ!

何が参ったって、「風立ちぬ」以上に腰砕けに泣けて大変でした。
特に参ったのは…。
家族の元に早く帰りたい一心のクーパーに、SFでしかありえない残酷な展開が訪れるのです。それがとてつもなくショッキングなのです。思わず、画面を見ていられずに目を閉じてしまったくらいです。ひょっとすると、泣きのポイントとしては『ニューシネマパラダイス』さえ越えているかもしれません。

クーパーは元・宇宙飛行士ですが、食糧危機の中、否応なく農業をしています。
厳格な父親の風貌を見せる主演のマシュー・マコノヒーがすごいです。最近キレた役柄が多かったと思いますが、実に渋みのある男を演じます。
と思いきや、コーン畑の上空を飛ぶ無人偵察機を見つけては、仕事そっちのけで追いかける無邪気な側面に、追われている花嫁を見つけた時のルパンぐらい魅力を感じました。まくってるぞ~。

現実でも、子供たちを待ち受ける世界の将来に不安を覚えますが、娘と息子に深い愛情を注いでいるクーパーにとって、「君の子供の代で人類は終わりだ」という事実は、全てをかなぐり捨てて宇宙に飛ぶのに、十分すぎるほどの衝撃があったことと思います。

無論、幼い娘にはその「大義」を理解することはできません。
クーパーは娘に、「君の世代で地球は終わりなんだ」ということは黙っているので、なおさらです。
娘と不本意な形で別れなくてはならないクーパーの苦悩が、痛いほど切なく、もー、どれだけ泣かせるの? ってくらいに悲しいです。武骨な男が、娘を想いながら涙をこらえている表情が完璧で…。
けれど本作では、前述したように、こんな程度では済まない「悲劇」がクーパーを襲うことになるのです。

インタステラー


インタステラー4


ところで。

「人類滅亡の危機と家族を救うため、宇宙へ飛び立つ物語」と聞くと、「アルマゲドン」なんかを思い起こしかねませんが…、違います! 断じて違います! あんな「パァワァァー!」って叫びそうな筋肉バカ映画とは違います!

本作の制作に参加している理論物理学者のキップ・ソーン氏が、ほんまもんの宇宙の考察をふんだんに組み込んでいるため、「重力の謎」「四次元、五次元の謎」「ワームホール、ブラックホールの謎」の解明に迫るほどの勢いがあるのです。
さっぱし意味わからんけどね!

そーなんだー、へーとしか言いようがありません。
恐らく…、「荒唐無稽」のような気もします。
冷静になってしまうと、本作の終盤の展開に、「そんなバカな」となってしまうかもしれません。
けれど、これは「映画の魔術」だと思います。ネタバレしませんが、「そうであってほしい!」という観客の切実な想いと重なって、一切の疑問の余地も吹き飛ばす「奇跡」を生み出しているのでした。

インタステラー6

インタステラー9


それから。

本作から「2001年宇宙の旅」や「コンタクト」を思い起こす方も多いようです。
けれど私は、ある映画を思い起こさずにはいられませんでした。
ネタバレになりかねないので反転しますけど、私は、「これって『のび太の宇宙開拓史』じゃん!」と終盤の展開に思わずうなったものです! ほら、ほら、あそこ! 「壮大な宇宙が何の変哲もない一室につながるあの感じ」が、そりゃあもう! 
ついでに言うと「ワープの説明の仕方とか、最初に訪れた惑星で津波に襲われるところとか」
何でこんなに酷似しているの? と思ったくらいです。

本作の素晴らしさは、宇宙の真理を解こうとする壮大なハードSFと、父親と娘の絆という叙情的感情を、見事にミックスして描いている所です。
これは振り子の法則です。
本作は、思いっきり「理系」的であり、その逆、思いっきり「文系」的なのです。

その他の登場人物たちも、実に人間臭いキャラクターです。恋人の待つ惑星を目指すアメリア博士(アン・ハサウェイ)、天才でありながら「時間を恐れている」ブランド教授(マイケル・ケイン)、父親に見捨てられたと傷ついているクーパーの娘・マーフィー(ジェシカ・チャステイン)など、実に見ごたえがありました。
ちょっぴり人間臭いロボットとクーパーがジョークを交わす場面が、緊迫の中でほんのわずかに和ませます。

インタステラー7


本当にもの凄い映画だと思います。心が洗われました。感謝の気持ちでいっぱいです。

上映時間3時間という長丁場です。序盤に、若干「だれる?」と不安になった時もありましたが、中盤以降は眩暈がしそうなほどの怒涛の展開です。
全ての伏線が収束するラスト。この誰も見たことのない世界を、ぜひ劇場で体感してほしいと思います。

鑑賞後、きっと「一日一日を大切に過ごしたい」などと、悠長なことを言ってられなくなるでしょう。
そう、一時間一時間を大切にせねば!


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

<スポンサードリンク>

Posted on 2014/11/25 Tue. 23:32 [edit]

TB: 0    CM: 1

25

コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2014/12/09 12:38 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/222-c14c2613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list