素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

ニキータ /ベッソンの才能がキレまくってた頃。 


 ニキータ [DVD]
 ニキータ
 (1990年 フランス映画)
 95/100点

 

<ネタバレします。>


この時のリュック・ベッソンは、輝いていましたなあ。
今やすっかり俗物のイメージが付いてしまって、急にアウンサン・スーチーさんを題材に映画を作ってみられても、しらっとしてしまうばかりです。

この物語は、どうしようもない不良少女ニキータ(仮名です)が主人公です。
警察官を射殺したことで、彼女は死刑判決を受けてしまいます。

ちなみにこの時、ニキータは薬物で朦朧としていたとはいえ、意図的に警官を撃っています。
若気の至りとはいえ、至り過ぎ。

死刑執行の時、死の薬物を注射されたと思いきや、意識が戻ると見知らぬ部屋に。 
そこから、ニキータは政府のお抱えヒットマンとして、修行をさせられることになるのでした。
 
「女ヒットマン」という題材ですので、B級アクション映画のように誤解されるかもしれませんが、ノン、ノン、ノン。
A級の映像美と、捻りの利いた演出がてんこ盛りの素晴らしい映画です。

決して派手なアクションを期待する映画ではなく、ヨーロッパ映画らしい芸術性と皮肉を含んだ、ややサディスティックな人間ドラマです。
きっとベッソンの趣味です、間違いない。

ヒットマンとなったニキータの日常生活に、様々な残酷なシチュエーションが舞い込みます。
誕生日、ニキータが教官に豪華なレストランに招待され、プレゼントを渡されます。
少女のように喜んで開けてみると、中には銃が入っているのです。
教官の顔つきがガラリと変わり、「今、ここで人を殺せ」と命じます。

泣きそうになるニキータ。
映画のキャッチコピーが「泣き虫の殺し屋」とあるように、主演のアンヌ・パリローが、なんとも薄幸そうな顔をします。
見事な八の字まゆ毛を披露します。
限界まで垂れたへの字口も披露します。
なんだか、プルプル震えるプードルのようにも見えます。

また。

物語中盤から恋人ができますが、恋人との旅行中、部屋で満喫するニキータに突如「今、ここで人を殺せ」と命令が下されます。

事前の打ち合わせってもんがないの?

自由な生活を取り戻したと思わせて、いつ、どこで起きるかわからない裏仕事。
ほぼ、いじめ。
しかし、本来なら死刑になっている身のニキータに、それを拒む権利はなく、「普通の暮らし」が許さるわけもないのです。

後半、遺体処理の掃除屋(ジャン・レノ!)と組むことになりますが、この人がまたハチャメチャ。
ニキータは、掃除屋の失態に巻き込まれ、危ういところを命からがら逃げ出します。
次第に限界が近づくニキータ。

imagesCAX8AKHE.jpg
(すでに、レオンの風格)


ニキータの恋人は、ニキータの真実を知りません。
恋人は、たまに不審に思ってニキータに尋ねますが、ツンとした表情で「別に、何も」とかわされるだけ。
「それならいいんだけど…」と恋人が部屋を出ると途端、泣き顔になるニキータが切ないです。

しかし、漂ってくるニキータの不穏な空気に、いよいよ恋人は彼女の「秘密」を感じ取ります。
「君がどんなことをしていたにせよ、僕は気にしない」と、男気溢れる言葉を投げかけます。

恋人に黙って、人を殺しているという境遇。

ラスト。

この映画を観たのは高校生の頃です。
映画の結末には、「観る者の想像に任せる」という、はっきりしない終わり方もあるのだ、ということを初めて知りました。
「え? ニキータが残した手紙の内容は読まないの?」
「ニキータどこに行ったの?」


こんな終わり方もアリなんだあ…と。

恋人の苦々しい顔と、鬼教官のサディスティックなにやけ顔が、今でも思い出せるほど印象的なラスト。

この映画から、映画は「表情」で終わるのが最高であり、最高の芝居とは、「表情」で匂わせるものだと思うようになったのです。


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>


Posted on 2012/09/06 Thu. 19:57 [edit]

TB: 0    CM: 4

06

コメント

 

レオンが小さい頃から大好きで今日初めてニキータを見ました。
最後のシーンでは、恋人と、実はボブのことをも愛している自分の感情に気づいてしまったニキータの心情がマルコとボブの対話から感じ取れました。

URL |  #- | 2013/03/28 04:31 | edit

Re: タイトルなし 

コメントありがとうございました。
ニキータの残した手紙を破り捨てたマルコと、
ニヤリと笑みを浮かべてみせるボブが印象的でしたね。
私にとって、こんな映画の終わらせ方もあるんだなーと、
初めてハリウッド的でない映画に触れた記念すべき作品でした。

URL | タイチ #- | 2013/03/28 21:35 | edit

 

はじめまして。

先日、久々に本作をDVDで視聴したのですが、やはり素晴らしい作品でした。とくに、ニキータとその恋人のラブストーリーの描き方が、いかにもフランス映画らしくて大好きです。ジャン=ユーグ・アングラードもメチャクチャカッコいい。

ラストシーン。教官と恋人がテーブルで対峙する構図は今見てもシビれます。モヤモヤを残す暗転の仕方も、センスの塊だと思います。あの結末は当時、一緒に見た友人と結構議論したのですが、それも今は良い思い出となっています(笑)。

あと、タイチさんにずっと聞きたかったことがありました。
「キリングタイム」という映画をご存知ですか?
1987年のフランス映画なのですが、昔テレビでやっていたのを録画していたビデオを実家で見つけて、再び見てみると素晴らしい作品でした。何という名作を忘れていたのだろう、と思いました。
監督はエドゥワール・ニエルマン。たった数作しか撮っていない方らしく、wikipediaにもありませんでした。「キリングタイム」自体も情報が異様に少なく、ビデオももちろん廃盤で、検索エンジンにかけてもほとんどレビューが見つかりません。もしかしたら本作は幻の映画なのでは!?と最近思うようになったり…(笑)。そんなこともあり、タイチさんにずっと聞きたかったのです。

(ちなみにその時、テレビでは『ヌーベル・ヌーベルバーグ特集』というのをやっていて、第一夜が「最後の戦い」で第二夜が「汚れた血」、第三夜がその「キリングタイム」という異様に濃いラインナップでした。)

URL | えいがこぞう #- | 2018/07/14 01:10 | edit

えいがこぞう 様 

コメントを頂戴し、ありがとうございます。

『ニキータ』今見ても痺れますよね。
やはりこの頃のベッソンは素晴らしかったなあ…

最後の結末、ド派手なアクションで終わるわけでなく、唐突に「え?」という感じで終わるスタイルは、
初めての経験で、戸惑いましたけど、あとあと、カッコイイじゃん…となったものです。

キリングタイム…? ごめんなさい、知らない…
調べてみますね。
情報ありがとうございます!

URL | タイチ #- | 2018/07/15 11:59 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/23-4a38e6af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list