素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

ROOM237 /シャイニングの謎。 


 ROOM237 DVD
 ROOM237
 (2013年 アメリカ映画) 80/100点


だいぶ昔に流行った「磯野家の謎」って本を思い出しました。
作者の設定ミスにも関わらず、「磯野家には4つもトイレがあるんだ!」…といったことをネタにした本です。

本作でもしかり。「それって単なるミスなんじゃ…」ってことまで、分かった上でのことなのか、「ここで突如椅子が消えるんです! 一体何の意図なのか!」などとはしゃぎます。その考察は、キューブリックへのリスペクトを通り越え、誉め殺しではと勘繰るほど細部にまで及び、「理由」をこじつけます。

ということで。

本作のスタンリー・キューブリク監督作「シャイニング」への考察は、かなり眉唾なのです。

だけど、それを「ネタ」だと承知した上で観れば面白い。これぐらい深く入り込んで映画を解釈してみたいなあと、素人目線の私なんかは、憧れてしまうほどなのです。

それもこれも、IQ200と言われるスタンリー・キューブリック監督ならではのことなんだと思います。
彼ほどの天才だからこそ、画面の隅々にまで「意味」「意図」「含み」があるに違いないと思われるわけです。これが普通の監督だったりしたら、「画面チェック甘いよ!」と叩かれているだけかもしれません。

room237.jpg room237 2


さて、それでは考察のいくつかを挙げてみます。


<ほぼ、ネタバレです。>


・食糧庫の棚に置いてある缶の名前「カルメット」は、先住民の「和平」を表す言葉。この缶がバラバラに置かれていることで、この先に起きる惨事を暗喩している。

映画の所々で「先住民の絵画」などが確認出来ますし、何となくホントっぽいんです。白人による先住民への虐殺と、物語上で起きる殺人を絡めているわけですな。
この缶を慎重に並べているキューブリックの写真があるようです。「フフフ…、誰か気付くかのう…」とほくそ笑みながら缶を並べている監督の気持ちを思うと、なんだか心に優しい風が流れます。


・所々で登場する「42」という数字は、ナチがユダヤ人の絶滅を決めた「1942年」のこと。その他、主人公が使用するタイプライターの製造会社名は、ナチのシンボル「鷹」を意味する「アドラー」である。

ほら見てー。この人のセーターの背中に書かれているのって「42」でしょー。
えー、どこー? あ、これ? この奥に歩いて行っている、画面左端の見切れそうな人の背中? 本当だー! 本当に「42」って書いてあるー。見えにくいけど、すげー!
でしょー。おまけにさー、ホテルの外に止めてある車の数が「42台」っすー。
マジでー。えー、ほん…、あれ? この隅に置いてあるトラックみたいなのってカウントして…なくね?
でさー! でさー! 幽霊が出る部屋の「237号室」をですよ…、さあ、さあ御立ち合い。「2X3X7」って掛け算にすると!
「42」かー! 掛けてみたかー! 足さずに掛けたんがミソかー!

おまけに「237」と「42」をバラバラにして並べ替えて…「37242」とするとー、なんと! 「…サン月ナナ日ニ、シニます…」って、キューブリックは自分の亡くなった日を予言してたんじゃー!
へえええええーー! …それ、日本語やんけ。

(最後のは勝手に作りました)


・サブリミナル効果を猛勉強していたキューブリックは、その成果を「シャイニング」でいかんなく発揮。

例えば、オープニングの空に浮かぶ雲の中に、キューブリックの顔が写り込んでいるそうです。まったくもって私には分かりませんでした。それもそのはず、本作でのナレーションでも、「フォトショップ(映像ソフト)を使わないと分からないかもしれませんね」とにこやかに言い放ちます。

それにしても、自分の顔を画面にこっそりと練り込むことで、監督はいったい何のサブリミナル効果を狙ったというのでしょうか。「彼氏にしたい映画監督ランキング」のランクアップでも目論んだとでもいうのでしょうか。

また、ある瞬間ある物体がある登場人物の「男性自身」に早変わり! って、大丈夫ですか? そして、キューブリック監督の「サブリミナル効果」の研究成果は、この「自分の顔」と「男性自身」の2点しかないようですが、本当に大丈夫ですか? 


・存在しないはずの窓がある。
これは興味津々でした。序盤に出てくるホテルのオーナーの部屋の窓からは屋外が見えますが、映画の通りにホテルの見取り図を作成してみると、そこは廊下のはずなんですって! こういうのはゾゾゾっときます。
が。
一説には、セットが一度火事になって作り直したことによる、てんやわんやの中で起きたミスだと言われています。

その他、前述した「椅子が消えた!」とか、「ドアに張っていた小人のシールが消えた!」とか、「1階で三輪車をこいでいた少年が、突然2階に移動した!」とか、キューブリック映画でなければ見逃されていたであろう、数々の珍妙な現象が、まんまと白日の下にさらされてしまう羽目に…。
「注目を浴びるのはつらいよ…」とキューブリック監督は草葉の陰からほぞを噛んでいるかもしれませんが、あなたが自分の顔を画面に練り込んでいたりするから。

・壁に掛けられたスキーヤーの写真…実は、スキーヤーではなくミノタウルスである。ミノタウルスは暴力的な化け物で、神話の中で迷宮に囚われる。映画の中で、主人公が迷路に囚われたシーンがあるが、つまり、主人公はミノタウルスなのである。

スキーヤーがミノタウルスにどうしても見えません。
見えないけれど、「ほらー、ここシッポよウフフ」と言われると、まるで微塵もかからない催眠術のようで、言われてみるとミノタウルスですよねえ…と、ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』」のJOYのようになることうけあいです。

 room237 4


・「シャイニング」の原作で登場する主人公の車は赤色。しかし、映画では黄色である。作中、赤色のワーゲンが事故に遭っているシーンが登場する。これは、原作者スティーブン・キングへの、「原作をぶち壊してやる!」というメッセージだ。

これはマジのようです。本作最大のマジネタみたいです。キングはこれに対し、大変激怒したと言われています。原作潰しといえば、キューブリックか押井守かってくらいです。わざわざ挑発してみせるキューブリックのやんちゃさが素晴らしいです。


・アポロ計画での月面着陸映像のねつ造を暴露している。

これには鳥肌が立ちました。もっともらしいし、深みがあります。怖さもあります。
確かに、キューブリックは、NASAの依頼でアポロ計画での月面着陸映像をねつ造したと言われています。
絶対機密のその事実を、「言いたい…ああ、誰かに言いたい…」という衝動にかられ、それを暴露すべく映画にメッセージをしたためたというのです。こういう性格の人に、そもそもNASAが依頼をするかなという疑問はさておき、カーペットの模様は上空から見たロケット発射台に酷似しており、その上で遊ぶ少年が来ているセーターの柄が、まさにアポロの宇宙ロケット。
さらに、その少年が向かう部屋の番号が「ROOM237」…地球から月への距離は「237,000マイル」だっていうから驚きです。ちなみに本当かどうか、<地球から月の距離>でググってみましたけど、「237,000マイル」とは出てこないんすけど、変な四捨五入とかしてるんですかねまあいいんですけど。

 room237 3


その他。
本編の逆再生と通常再生した画面を重ねると、奇妙なつながりを見出せるという、もはや変質的ともいえる愛情がふんだんに盛り込まれた本作は、基本的にケラケラ笑いながら見るのがオススメです。
けれど不思議なことに、所々でゾクっとさせるのは、本作とキューブリックに取り巻く「狂気」を感じるからかもしれません。

キューブリックのファンの中には、本作にかなり怒っている人もいるみたいですが。


    

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

<スポンサードリンク>

Posted on 2015/01/21 Wed. 13:30 [edit]

TB: 0    CM: 0

21

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/231-d352c8d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list