素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

期待の新作映画予告編(h27.2.14) 


期待の新作映画予告編



こないだ更新したつもりなのに、気づいたら更新が滞っているという情けない状況が続いています。
というのも、昔の記事を見直して書き直したりしていたら、性分である凝り癖が出てしまい、何と二百数十ある記事全部を見直さないと気が済まなくなって、そちらに膨大な時間を取られてしまうという事態に陥っています。

ふう…。

ということで、ちょっとお茶を濁すつもりで「期待の新作映画予告編」です。
2015年は大作の続編がぞろぞろお目見えする凄い1年になる、とも言われていますが、なんかあんまり興味が湧いていません。大味でマンネリなハリウッド映画ばかりになりそうで…。

さて。

一つ目。
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
大好きな「バベル」のアレハンドロ・ゴンザレス・イリャニトゥ監督最新作にして、アカデミー賞最終力候補とも言われている本作。

過去にヒーロー映画で一世を風靡した俳優の堕落から再生を描いているとの事。
しかも興味深いのは、2時間全編をワンカット! …に見えるように撮影しているそうで、まるで目の前で舞台を見ているような効果があるそうです。こりゃワクワク。
ちょっとコメディが合っていない…という賛否両論な意見もあるようですが、楽しみです。

2015年4月10日公開。うーん、まだまだ先だなー。

 


それから、個人的に不安ながら待っているのは、北野武監督最新作。
「龍三と七人の子分たち」
前作「アウトレイジ・ビヨンド」とうって変ってコメディ調のヤクザ映画です。
ただ…北野監督のコメディは実はあまり好きじゃない…。
予告編からも、おおよそ北野映画とは思えないコミカルで色鮮やかな映画で不安です。
セリフの端々に、北野映画独特の生々しい粗さみたいなのは感じるんですけどね。
果たして。

2015年4月25日公開。




と、ついでに。
「ターミネーター5」こと「ターミネーター: ジェネシス」
なんとリブート版だそうで、もう1回最初からやり直すということ。
やっぱりというかなんというか、予告編で確認できるアクションがかなり凄いものです。
「4」と違って現代が舞台なのは嬉しいところです。
ま、期待しないようにして待ちます。

2015年7月1日全米公開で、日本はまだ未確認です。



記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

期待の新作映画予告編の関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2015/02/14 Sat. 23:44 [edit]

TB: 0    CM: 0

14

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/235-e3684987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list