素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。

るろうに剣心 山を越え谷を越え、人斬りがやってきた。 


 るろうに剣心 コンプリートBlu-ray BOX
 るろうに剣心
 (2012年 日本映画) 75/100点


そうです。パート1の「るろうに剣心」です。「京都大火編」でも「伝説の最期編」でもありません。
今さらですが、世間で評判の本シリーズをやっとこさ鑑賞するに至ったのであります。
なんたって漫画原作の実写化ですからねえ…いくら評判が良いとはいえ…と二の足を踏んでいたんですが、上記続編もまた高評価しか聞かないものだから、えいやっと「るろうに剣心」ワールドについに踏み込むことにいたしました。

さて。

殺陣が凄かった!

本作はそれに尽きます。本当にそれに尽きます。
若くて時代劇経験のあまりない役者さんの殺陣なんて、立ち姿だけ妙にカッコつけているだけで、しかもアップやスローモーションの多様でゲンナリさせられることが多いものです。しかし、本作の殺陣はそれはそれはスピーディーだし、奇抜だし、迫力があるし、何よりカッコいいです。
これは、「竜馬伝」も手掛けた大友啓史監督の力なのでしょうか。

いやー、とにかく本作は、邦画にして渾身のアクション場面の連続に一見の価値がある一品です!

では!


…。



え…。



…他は?

うん。正直に言うと、他は何一つ心に残らなかったでござるよ。
物語は少年漫画が原作ということもあってか、王道中の王道です。寄り道一つない展開で全く意外性のないものでした。
もちろん、剣心が人の良さそうな顔をしておいて、かつては残忍な人斬りであったという設定に興味は湧くものの、「もう二度と人を斬りたくない」という自らの誓いを、大切なヒロインを救うために怒りとともに破るという展開も実にありきたり。
ディズニーでさえ、「男に頼らず自分の力で」と奮闘する女性を描いているこの時代に、相も変わらず終盤に誘拐されたヒロインを助けに行くって展開は、やはりマンネリを感じずにはいられないのでした。

 るろうに7


「大事な人をさらわれた自分への怒り」と剣心は言っていましたが、その通り。敵側はこちらの居場所を知っているわけだから、裏をかかれる可能性は十分にあるわけで、幼い剣士・弥彦を残して「ここは頼むでござるよ」はないでござる。さすがの弥彦も涙目でござろう。むしろ連れてった方が安全だったのではござらぬか。

漫画原作を実写化する場合、どうしても避けて通れないのは漫画表現をいかに陳腐にならないようにするか、ということだと思います。
それは、主に登場人物のセリフや風貌などのキャラ設定です。本作では出来るだけ「漫画描写の実写化映像」が浮いてしまわないように努力していたように感じました。剣心の「…ござるよ」という口調が実写的にかなり「ヤバイくさい」のですが、それはギリギリ違和感がなかったように思います。剣心演じる佐藤健が、基本ポソポソ…としか喋らないので目立たなかったのかなと思います。某どんぐりマナコにへの字口・ザ・ムービーのハキハキした「ござる!」とは一線を引いていて賢明です。また、漫画原作の場合、髪の色から服装から、赤・青・黄色の原色をべったりと使った派手な作りが多く、それが実写に極端に合わない場合があります。異質感が出てしまいやすいわけです。しかし、本作の場合は剣心の髪の色や着物がやや赤茶けていますが、これも許容範囲でした。これには、人目を激しく寄せ付ける真っ青な忍者服を着せられていた某アイドルのK取S吾さんも歯ぎしりしていることでしょう。

しかし、漫画原作の懸念材料はまだあります。漫画なら複数話あるので、登場人物それぞれをじっくり描くことができますが、映画は1回こっきりです。その上映時間の間に、漫画原作の中の主要人物をあらかた登場させねばならないため、一人一人の描き方が薄くなるという問題が生じます。
そして、本作もしかり。
はっきり言って、喧嘩屋・相楽左之助も少年・明神弥彦も、原作をよく知らない人にとっては登場の仕方が唐突だし、そもそもの必要性もうまく描けていなかったように思います。左之助はまだアクション場面でのバラエティー要員としての意味は見出せますが、弥彦なんぞは、よくある「弱いクセに悪者に立ち向かって返り討ちに遭う子供キャラ」でしかなく、一度徹底して懲らしめた方が良いと思うほど「根拠のない自信に溢れた鼻持ちならないガキ」でしかなかったように思います。

そんな中、いよいよいぶし銀の風格さえ漂わせ始めた江口洋介は素晴らしいです。彼が演じる警察官・斎藤一もまた今一つ見せ場があるようなないような不安定な描写のキャラクターでしたが、「ワシに剣心役をやらせろや…」と言わんばかりの(たぶん言ってない)見事な熱演で、シナリオ以上の存在感だったと思います。

 るろうに4


そ~れからっ。

香川照之は基本好きなんですけど、あくまで香川照之でした。それ以上でも以下でもないという…。地味なラストが気になりましたけど。

それから。これは個人的な意見ですけど、女性キャラが今一つ映画的な魅力に欠けるのですよね…。神谷活心流の師範代・神谷薫を演じる武井咲は、もうちょっと迫力があっても良かったような気がしますが…よくあるツンデレ・お転婆・あまのじゃく少女で、ある意味女性蔑視ではないかと思えるほど「勢いばかりの浅はかさな女性」でありました。剣心も剣心です。根拠も希薄なのに噂の殺人鬼だと決めつけて殴りかかってくるような女子に仕えるなんて、ホントは下心でもあるんじゃないかあ? …などと小学生の男子に仕えてしまった某投げる手裏剣ストライク級の忍者を演じた香T慎Gさんも恨み節を語っているとかいないとか。
新型の阿片を精製してしまった儚き女医・高荷恵を演じる蒼井優。持てる限りの艶っぽさを精一杯に絞り出し、眉を剃った和風の面持が妖しさを醸して好演していましたけれど、彼女もまた、無謀な作戦でまんまと敵の手中におさまってしまうという凡ミスで物語の役目を終えてしまいます。
女性キャラがすべからく「力不足」なもので、剣心の人の良さを引き立てるためだけの設定のようで物足りない気がしました。
もちろん、終盤での薫の「説得」が剣心をダークサイド堕ちから救うので、重要な役割を全うしてはいるのですが…見も蓋もない事を言うと、鑑賞者としてはダークサイドに堕ちた方が面白いと思うものだから、余計なことしてーという気がした次第なのでありました。ここらへんは原作通りなので甘く展開しても仕方ないですけれど。

 るろうに5


そ~れからっ。

他、吉川晃司演じるラスボス・鵜堂刃衛のバックグラウンドがもう少し描かれても良かったような気がします。剣の持ち手を変えて剣心を翻弄するという奇抜な殺陣はお見事でした。
途中、恵に加勢をするような様子を見せた敵・外印ですが、彼もまた素晴らしい小刀での殺陣を見せたものの、結局ただのザコキャラにように終わったのは「?」でした。

ということで、本作はキャラクターの一人一人が丁寧に描かれていない印象が強いのです…。
やはり殺陣が最大の見せ場であり、唯一の面白みだったと感じたのでした。

あとついでに言いますと、音楽がいちいちハリウッド的なのがちょっと。EDテーマも何で英語のロックなんでしょう。そこのセンスが残念無念。

ただ。

夜桜の舞う路地で、人斬りだった頃の剣心が新婚の青年を惨殺する回想シーンにはハッとしました。鬼のように強い剣心が唯一付けられた頬の傷が、新妻の待つ身である只の青年の執念の刃によるものだったという真相がニクイです。芸歴も長いのに、容赦のないスタッフに赤い渦巻きをほっぺたに書かれていた人もいるというのに。

上記凄惨な殺しの場面からも十分に分かる通り。
剣心の抱える闇は深いものです。そして犯した罪もまた、底知れず深い。本来ならば、決して陽の目を見ることは許されない彼だからこそ、ダークサイドの剣心をもっと見たいなと思ったものでした。普段「ござる口調」で取り繕ってはいても、終盤に怒りに駆られて放つ言動は鬼そのもので身震いがしました。それが本来の彼なのです。もちろん、ラストにはまた爽やかで寝坊助な顔をして「ござる」と喋るのがニントモカントモ。

 るろうに2


さて。本作の良い所は殺陣だけ、と茶化したようでしたが、本当に見応えのあるアクションでした。まるで香港のカンフー映画の剣劇版という感じで、流れる様な動きと際限なくぶつかりあう刃の音が実に気持ち良かったものです。
まだまだ「パート1」ですから手探りな所もあったことでしょう。続編「京都大火編」「伝説の最期編」では、さらに凄まじいアクションが観られるのではと期待します。


「るろうに剣心 京都大火編」の感想はこちら。

「るろうに剣心 伝説の最期編」の感想はこちら。


   

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2015/02/17 Tue. 13:31 [edit]

TB: 0    CM: 0

17

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/236-3bee9602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list