素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

ショーン・オブ・ザ・デッド /「ゾンビ」VS「ノーテンキ」 


 ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]
 ショーン・オブ・ザ・デッド
 (2004年 イギリス映画)
 85/100点



面白かったー。「楽しいゾンビ映画」という斬新。
 
名作ホラー『ドーン・オブ・ザ・デッド』のパロディです。
パロディだけど、出てくるゾンビ自体はいたって本気です。
主役のショーンと相棒のエドも必死ですが、どこか間の抜けた逃亡劇を繰り広げます。

海外のコメディ映画は、お下劣でナンセンス度合いが強い印象ですが、これは本当に面白くて笑った。

制作陣が名作『ドーン・オブ・ザ・デッド』を敬愛しているのがよく分かります。
その名作の監督、ジョージ・A・ロメロが「こいつら、よく分かってんなー」と本作を認めたほどです。
 
物語は、何の変哲もない日常から始まります。
主人公のショーンは、恋人から「いつもと違うデート」をせがまれています。いつもいつも、同じパブで同じ仲間と飲んでいるだけだったからです。

仕事もうまくいかないドジなショーンは、人気レストランを予約したりと、本当になんでもない日常が描かれます。
そして、何の前触れもなく世界は一変。「ゾンビ」だらけになるのです。
恋人や、親友のエド、そしていつもの仲間と逃げ出してはみたものの、その行先は…やはり、いつものパブなのでありました。

ゾンビはきちんと(?)他の映画のようにショーンとエドに襲いかかります。
熱湯風呂芸人のように、「ぎゃー」とショーンとエドがきっちりリアクションするのが、いちいち楽しいです。

そんな深刻な状況が似合わない能天気な二人と、陰気キャラ代表の「ゾンビ」という組み合わせが、絶妙なギャップ効果を生み出しているのです。

そもそも、なんでパブに逃げ込むのかがよく分かりません。(楽しいけど)
ショーンは、事前に逃走内容を頭の中でシミュレートしますが、何度手順を試行錯誤してみても、最後はのんきに一杯やってるイメージで決着します。清々しい程にノーテンキですもの。
台風が来た時の子供のようなはしゃぎっぷりです。

imagesCAPZ22KZ.jpg
(外はゾンビだらけだけど…まあ、一服)


「ゾンビ」を倒そうと、コレクションのレコードを持ち寄って、武器として投げつけるのですが、「これ、お気に入りだから使っちゃだめ!」とこの期に及んで緊張感がありません。
本人たちは精いっぱいに必死でしょうが、伝わってきません。(楽しいけど)

「ゾンビ」か「人間」か判別が付かない人物を車で跳ね、ショーンは青ざめます。しかしそれが「ゾンビ」だと分かると、「あー、よかった」と澄まし顔で走り去ります。(楽しいけど)

ステレオを普段からうるさく思っている人物が「ゾンビ」化した時、襲いかかってくるかと思いきや、ステレオの電源を切るだけで満足に落ち着いたりします。(ゾンビに生前の習慣が残っている設定はお約束です)

極めつけは、逃げ込もうとしたパブがゾンビに囲まれていたため、自分たちも「ゾンビ」になったフリでやり過ごそうという気の触れた作戦。
「ゾンビ」も見た目が9割、なんですね。(とても楽しいけど)

皆が必死にゾンビの練習をしている中、ただ突っ立っているだけのショーンの年老いた母親が、圧倒的なクオリティでゾンビっぽい、という小ネタもニクいです。
 
た、た、楽しすぎる。

imagesCAZAJEF7.jpg
(ゾンビになりすまし中)


この映画の後、監督のエドガー・ライトと主演のサイモン・ペッグ、相棒役のニック・フロストは、『ホット・ファズ』『宇宙人ポール』と、シリーズのようにコメディ映画を作り続けます。
まさにゴールデントリオです。(すみません、『宇宙人ポール』は監督だけ違いました。)

自信を持ってお勧めできるコメディ映画!
…けど、これ、なんで日本未公開だったんだろう。




記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>


Posted on 2012/09/07 Fri. 23:56 [edit]

TB: 0    CM: 0

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/24-fb22eef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list