素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 /こんないい奴を泣かしたのは、誰だ! 


 51BWsyLj6WL_SS400_.jpg
 イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
 (2014年 イギリス・アメリカ映画) 90/100点


めちゃくちゃ良い映画でしたよ。傑作の人間ドラマです。大いに泣けたものです。本当に良い映画を見せてもらって感無量です。直前まで悩んだけど、『ジュピター』に行かなくて良かったあ。

あらすじは、「第二次世界大戦中、ドイツの高度な暗号エニグマの解読に、イギリスの天才数学者・アラン・チューリングが挑む。しかし、難攻不落と言われたその暗号解読は困難を極める。そしてアランには、決して人に知られてはならない秘密があった…。」というお話。

imitation6.jpg


実話です。50年間の機密期間を経て、第二次世界大戦の終結を早めたと言われる偉業を成し遂げた、「アラン・チューリング」の物語が紡がれているのであります。

しかし、それはあまりに悲しい物語でした。
映画が終わった後、しばらく茫然とするほど、心に重く残るラストだったのです。


<とはいえ、結末のネタバレなしに書きます。>

imitation3.jpg


派手さのない映画なのに十分な見応えを感じさせるのは、何と言っても主人公アラン・チューリングの特異性と、彼を演じるベネディクト・カンバーバッチの巧さです。

アランは数学の天才ながら、恐らくは「アスペルガー症候群」です。人の気持ちをうまく察することが出来ません。無論、それを悪びれることもありません。
ただ一直線に、彼はエニグマの解読を目指すのみ。そのために必要のない人材は感情なく切り捨て、必要のない会話には遅々として応えず、必要のない(と彼が思っている)気遣いには、一切の注意を払うことはありません。

天才がゆえに。

…当時、恐らく「アスペルガー」という症状は世間に知られていなかったことと思います。
これは一つの障がいです。しかし、身体の障がいではありません。目には見えない障がいです。
ゆえに、周りの人間には彼を理解することも、慮ることもできません。周囲にとって彼は、ただの「イヤな奴」にしか見えないのです。それが、心の病の悲劇性の一つなのですが…。

しかし、それが重みではなく、どちらかというと「おかしみ」に描かれていたので、うまく映画の緩急になっていたと思います。
同僚から「昼飯食いに行くよ」と言われても、自分が誘われていると気付けないのに、「腹が減った人は?」と問われると、「減ったよ」と即座に答えて戸惑わせます。
自分が命令できる立場になるやいなや、「君クビ、…はい君もクビ。だって才能ないもの」と、人間関係に一切のためらいがありません。
同僚が素晴らしいアイディアを嬉々として持ってきても、「…悪くはない」と素直に誉めることができません。

彼には、「人を気遣う」ことが一体何のためにあるのかが分かりません。
彼にとって人間関係とは、恐ろしく煩わしいものであることでしょうね。
ちょっとした誤解で生じる疑心、すれ違いで生じる妬み、逆恨みのような不満…おおよそ人間関係は、合理的でない部分が多くて面倒です。アランにしてみれば、「与えられた命題さえ解ければ何事も美しくまとまる」のでしょうが、チームで作業する場合はそう単純には行きません。時に人をおだてて、時に関心を持って、時におどけて、時に弱さを見せないと…、人間関係はこじれ、問題解決は不合理にも遠ざかってしまうのです。

imitation2.jpg


しかし、アランの偉い所は、それを「学ぶ」ことにあります。
元来、人が嫌いなわけじゃない、意地が悪いわけでもありません。だから、彼以上にパズルが得意な同僚の女性・ジョーン(キーラ・ナイトレイ)のことはすごく気に入り、彼女の「人の助けが必要よ」というアドバイスに素直に耳を傾け、おかしいくらい不自然に同僚に気を回し始めるのです。唐突にジョークを飛ばし、かえって周囲に気を使わせとるがな!…ってところがなかなかツボでした。

そう、彼は純粋な男なのです。えーヤツなんです。おまけにカンバーバッチが演じると、8割増しでえーヤツに見えるのだからまいります。

辞めようとするジョーンをどうしても手放したくなくて(しかもホントに純粋に友達として)、興味もないのに結婚を申し出るところなんて…、涙が出るくらいに純粋じゃありませんか。

さて。そんなえーヤツである彼が挑む暗号解読は、一筋縄ではいきません。
なにせ、1日で暗号コードを変えられてしまうために、18時間で解読を進めねばならないのです。しかし、単純計算すると2000万年かかると言われ、当時エニグマの暗号解読は不可能とされていました。
ここらへん、なんやかんやと解読に至るわけですが…その辺り、実はよく意味が分かりませんでした。ド文系ですみません。とはいえ、解決に至る逆転のヒントを得る場面では、傑作の推理ドラマのように、きっちりとワクワク感を煽っていて食い入りました。基本的に大人しい映画ですが、その場面での急激なアップテンポたるや、いけー! いけー! と心の声を振り絞って応援していたものです。

imitation4.jpg


しかし。

忘れていましたが、本作は「悲劇」なのです。
しかも、啞然とするほどの「悲劇」です。
カンバーバッチの名演が凄いです。暗号解読機の名前「クリストファー」の「秘密」に隠されていた、アランの底知れぬ「孤独」が痛いほど伝わってきて、終盤は彼に感情移入しっぱなしでした。仲間のジョーンが、何とか彼の力になりたいと切望する気持ちがよく分かります。

そして。

最大の「悲劇」はラスト、スクリーンに文章のみで表現されますが、その一文を目撃した時、すでに緩んでいた涙腺は完全決壊するのでした。

彼のもう一つの「秘密」が明かされるや、今までの偉業も全てなかったことのように、彼に不条理な仕打ちが課されます。
彼は人の気持ちを考える事のできない「障がい」を抱えていると前述しました。
しかし、世間(国家)は、それをはるかに凌ぐほど「人の気持ち」を踏みにじるのです。それも意図的に。利己的に。一切の感情もなく。
それを思うと、彼が「人間関係」に興味がないことが、むしろ当然のように思います。
ほらごらん。人など信用できぬもの。人に気を遣うなんて馬鹿らしいよ。なにせ、人は人を暴力的に攻撃するだけだもの。
最期にアランは、そう思ってしまったかもしれません。

imitation5.jpg


彼を追い詰めた奴は、一体誰なんだ。出て来い!
腹が立ってなりませんでした。

アランは立派な成果をあげたのです。
歴史を変えたのです。
「異端」であるがゆえに、彼は多くの人命を救ったのです。

誰か…、彼に報いてあげてもよかったのじゃないでしょうか。


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2015/04/07 Tue. 15:16 [edit]

TB: 0    CM: 0

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/243-91de9fe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list