素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

セッション /しごきに耐えうる者が天才なのか。 


 sessyon.jpg
 セッション
 (2014年 アメリカ映画)
 90/100点



面白かった。ジャズについては詳しくありません。詳しい人からは批判も出ていると聞きますが、映画として、もの凄い出来栄えだと思います。
ラストには、拍手喝采を送りたいほどの感激がありました。


<結末には触れません。>


1420886355504.jpg
これが、ほぼ本作のイメージです。

本作の胆はなんたって、鬼講師のフレッチャー教授。
素人から見ると、ほぼ気まぐれにしか思えないキレっぷりで、生徒たちを苛め抜きます。師としての恐ろしさたるや、上記のピッコロ大魔王に匹敵。さらに言うと、その容貌は、初代ピッコロ大魔王に酷似!

「ファッキンテンポ!」が印象的だった予告編の通り、名門の音楽学校の学生であり、ドラムを演奏する主人公ニーマンは、何が正解か分からないほどのフレッチャー教授の要求に応えようと、必死にドラムを叩き続けます。
が。
もはや本当にドラムのテンポがファッキンなのか、全く分からないまま何度もやり直しを強いられ、ニーマンはフレッチャー教授に怒鳴り散らされる羽目になります。それだけならまだしも、「その男、狂暴につき」ほどの絶え間ない平手打ちが飛んでくるから、さあ大変。観てるこっちも殴られそうな緊張感を覚えます。

人が怒られているのを見るだけでもツラくなる人には、本作をオススメできません。

そしてまた何が怖いって、この教授、たまーに人間味のある表情をし、「演奏を楽しもうぜ」などと緊張感をほぐそうとします。で、その直後に鬼に変わるもんだから、モー大変。緩んだところにフェイント怒りをかまされて、度肝を抜かれたニーマンは、思わず涙を流してしまうのでした。

②セッション5


ニコニコしていた直後に怒りだすような人って、たぶん病的なドSです。間違ってもギャップ効果に騙されてはいけませんよ。洗脳を企てる人にありがちなタイプ。いわばモラハラなので、本来なら関わってはいけないタイプの人なのです。
しかし、ここを潜り抜けなければ、ニーマンの目指す一流ドラマーへの道はないのだから、ま―大変。

必死に食らいつこうと練習を重ね、次第に成長していくニーマンは確かに立派だと思います。
思いますが…、ニーマンが終盤でフレッチャー教授に問うた様に、「そのしごきの為に、幾人かの天才が潰されたのではないか」と思わずにはいられません。フレッチャー教授は、「天才は決して潰れない」と豪語しますが、それは間違いだと、個人的に思います。

人には、タイプがあるのです。

私は、仕事で学習指導に携わることがあります。(私は先生ではありません)
生徒には、しごかれると伸びる子もいますが、潰れる子も確かにいます。
フレッチャー教授に潰された才能は、恐らくあるはずです。
ついでに言うと、OO学園の野球部のしごきでも、潰された才能はあると思います。桑田真澄がよく言っていました。「自分はうまく手を抜いたり、さぼったりしたから生き残った」と。

とすると、成功するための最も必要な才能は、その競技・芸術の才能よりも、「しごきに耐え抜く能力」かもしくは、「要領の良さ」ということになってしまうのです。それは…、「運」よりも何だか不合理に思えるのですが。

本作でもしかり。
フレッチャー教授の指導法に付いていけるタイプの生徒が、生き残っているに過ぎないのではないでしょうか。

とはいえ。

フレッチャー教授に向かって、「私、褒められて伸びるタイプなんです~」などとほざこうものなら、容赦なく椅子が飛んでくることでしょう。フレッチャー教授は「good job!(グッジョブ!)」という褒め言葉は、指導にあってはならぬと断言していますから。

ついでに言うと。

3075f568.jpg
 ジャズやるべ!

などと、のたまおうもんなら、地獄の罵声が飛んでくることうけあいです。

そう。
私は本作を観ながら、フレッチャー教授を『スウィング・ガールズ』の世界に放り込みたい邪悪な思惑にあがらえずにいたのでした。(それもまたドSですな)

しかし。

主人公ニーマンは、心許ない雰囲気とは裏腹に、実はフレッチャー教授の指導法に適していたようです。次第に彼は、異様な熱量を帯び始めます。体育会系の親族から、「音楽なんて」とバカにされると、彼はムキになって反論するので、強烈なプライドがあるのでしょう。負けん気根性が人並み以上にあったのです。それは、才能を開花させるために必要な条件。逆境の中で強くなれる能力を備えていたのです。

そして、力を備えていくたびに、彼は人柄も変わっていきます。何だか…、フレッチャー教授に似ていく気がしました。恋人に非情な別れを宣告する彼は、まさに「芸術の高み」の為なら手段を選ばないフレッチャー教授そのものなのでした。

 ②セッション6


本作の凄い所は、ラストシーンにあります。
実は途中まで、「あれ…? 『スウィング・ガールズ』みたいに終わるの…?」とちょっと不安になりかけていました。それじゃ、普通じゃないかと。
甘かった…。
温和な顔つきでニーマンに近づいたフレッチャー教授が放つ、演奏の前の一言に凍りつきました。
ひええええええええええええええええええぇぇぇぇぇぇ…・。

それは、ほとんどホラーでした。
この人、やっぱり人格が破たんしとるでの。

最期の最期の大しごきに、果たしてニーマンは打ち勝つことができるのか。

ラスト9分19秒で映画の歴史が塗り替わる、と大げさなキャッチコピーだと思っていたのですが、本当に痺れました!

セリフはほとんどありません。
戦場のような緊張感に満ちた舞台上で、二人の音楽家が、お互いの狂気を絡み合わせます。それを、他のバンドマンも、劇中の観客も、我々観客も、固唾を飲んで見守るのです。土砂降りの雨のようなドラム音に心臓を跳ね上げられながら。これから巻き起こるであろう、歴史的瞬間を目の当たりにしようと。

ニーマンを演じるマイルズ・テラーも、フレッチャー教授を演じるJ・K・シモンズも素晴らしい表情の芝居です。
28歳という若さで本作を撮りきった新鋭:デミアン・チャゼル監督にも、脱帽です。

必見!



そして、もちろんのことながら劇中の曲がやたらカッコイイ! 特にテーマソング「Overture」 は、ジャズの素人の私にも鳥肌ものでした。


   

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

<スポンサードリンク>

Posted on 2015/05/03 Sun. 08:13 [edit]

TB: 0    CM: 2

03

コメント

はじめまして 

興味のある作品のレビューを読ませていただきましたが、率直な感想に共感しました。
この「セッション」については未見ですが、レビューを拝見して、見てみたくなりました。
海外ドラマで見知ったJ・K・シモンズが、どんな鬼教師っぷりを見せてくれるのか楽しみです。

勝手ながら、貴サイトの当方のブログにリンクさせていただきました。
よろしければ、相互リンクをお願いいたします。

海外ドラマチカS2
http://kaigaidramatica2.blog.fc2.com/

URL | Ricky247 #- | 2015/05/20 15:27 | edit

Ricky247 様 

コメントありがとうございます。

私も海外ドラマは凄く興味あるんですけど、時間との勝負に負けており…。

ブログ拝見させて頂きます。
総合リンク了解です!

URL | タイチ #- | 2015/05/20 23:31 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/247-ac4244db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list