素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

レッド・ファミリー /あまりに過酷な家族コント。 


 レッドファミリー
 レッド・ファミリー
 (2013年 韓国映画)
 79/100点



軽快なコメディーかと思っていたのですよ。

「韓国国内で暗躍する北朝鮮のスパイたちが、『疑似家族』を形成している物語」なのですが、OPで仲睦まじい妻・夫・娘・祖父の4人家族が登場したかと思ったら、自宅に入るやいなや、優しそうな妻の顔色が一変。直立不動の祖父に蹴りを一発。続いて夫にも一発、そして娘にも一喝して、「お前らたるんどるぞ、コラ」と戒めます。
実は、「妻」を演じている女が、この『擬似家族』であるスパイ一味の班長なわけです。その豹変ぶりが愉快だったのです。
昔観た明石屋さんまの軍人コントを思い起こしました。「貴様それでも日本男子かっ」ってやつ。
そんなノリ。
軽い感じ。
それで、面白く観れそうだなーと思って観たんです。そいで油断したところをズドーーーーーーン!
と、気分を奈落に落とします。
考えてみれば、キム・ギドクの脚本なわけで。楽しい展開なわけないじゃない。(監督はイ・ジュヒョン)

恐ろしいほど、物語の振り幅が大きいです。
観客を振り落とす気満々で、揺さぶってきます。

そこが本作の良さというか、欠点というか。

レッド


個人的には、もっとエンタメに徹したら良かったのに…、と甘いのを承知で、そう思いました。
それだけ、序盤の「笑いの掴み」が、素敵だったのです。

このスパイ一味と、隣人家族との関係性も面白くて。
隣人一家は夫婦仲が悪く、いつも揉めています。その争う声がスパイ一味の家にも聞こえてくるや、「ほらみろ、これが資本主義の限界だ!」と班長が批判を始めるのです。隣人の散財にも班長閣下はお怒りの様です。「堕落しとる!」「チキショーめ!」と。このカルチャーギャップ感が愉しいわけです。
隣人家族との食事会で北朝鮮の話題になった時、批判的なことばかり言う隣人に対し、スパイとしてのプロ根性ゼロの猛反論を始めます。「何気にお宅は…、親北派なんですねえ…」って言われちゃうなんて、素敵なゆるさ。

…ですが、ズズーーーーン!と重たい空気が、すぐに降りかかります。

考えて見れば、コメディーにできるわけない題材なのです。
ブラック・コメディーにもなりえない過酷な事情が、このスパイ一味には課せられています。
彼らは皆、本国で本当の家族を人質にとられているのです。家族との再会を夢見て、彼らは祖国からの指令に従っているに過ぎません。

すなわち、どう考えても逃げ場ゼロ。
私は、途中から、この物語をハッピーエンドにするにはどうしたらいいのかと考えあぐねいていました。
…まるで浮かびません。
そして、嫌な予感がじわりと滲んでいくのです。

レッド2


さて。

彼らが祖国から命じられているのは、「脱北者の暗殺」です。

彼らは、脱北者を否応なく始末していきます。
脱北者の家族は、子供でも容赦されません。
物語が中盤に差し掛かる頃、ある過酷な指令が彼らに下ります。正視に堪えないほどの残酷な指令です。
その頃から、物語の中の「笑い」の要素は薄らいでいき、彼らの心に少しずつ「疑問」が差し挟まれていきます。

「こんなことが、正しいのか」という「疑念」です。

それは、彼らの忠誠心を揺らがせ、心を弱くしていきます。それにつれ、家族を想う気持ちが急速に強まっていくのです。
何だか…、中盤以降、ずっと彼らは泣いているようでした。
あまりに過酷な境遇なのだから当然とはいえ、ちょっと湿っぽい描写が多過ぎる気もします。
班長も早々に「弱さ」を露呈しますが、物語の効果としては、もうちょっと終盤まで堪えてもらった方が、良かったのでは。

いったん頭がコメディーと感知しているから、急な涙の展開に付いていきづらい。
おまけに、彼らは頼りない雰囲気でありながらも、「資本主義の堕落した者など簡単に痛めつけられる格闘術」に長けていて、隣人家族を困らせる「悪者」を痛快にやっつけたりするものだから、このまま爽快に終わればいいのに…と思わせといてドドドドーーーーーーーーン! 
もう、疲れてしまいます。

とにかく、コメディーとシリアスのバランスが悪い…というか、観ていてつらいものがありました。

レッド4


<若干、結末に触れます>


本当の家族に会いたくても会えない彼らは、いがみ合う隣人家族をうらやましく思い始めます。そして、自分たちの叶わぬ夢を託すかのように、隣人家族をある事から守り抜こうと決意するのです。

彼らを最大の危機に陥れるきっかけが、なぜかコメディーチックなまでに非現実的なのがまたアンバランスで、そこから至るとんでもない悲劇が残念でなりません。ファンタジーでも、無茶でもいいから、素敵な結末にしてほしいと最後まで願ったものです。

一つ思い付いたけど、彼らと同じように南に染まった監視役の男(野うさぎ)の弱みにつけこんで、祖国に嘘の報告をさせるとか…、ダメかなあ?
しかし、そんな願いもむなしく、物語は最悪の結末に突き進んでいくのです。

最後の最後に、彼らは一世一代の家族コントを披露します。
彼らの「家族」への気持ちが痛いほど伝わる名場面ですが…、もはや、あまりに残念で涙も出ませんでした。

あっけにとられるといいますか…。

その刹那。
切望してやまなかった「家族」への想いが溢れ、彼らは一瞬だけ「本当の家族」になりました。
それが、許された唯一の奇跡だとしても。
…後には、祖国に残された本物の家族が、永遠に悲しむことになるのです。

レッド3


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

<スポンサードリンク>

Posted on 2015/05/12 Tue. 20:34 [edit]

TB: 0    CM: 0

12

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/249-8eefe134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list