素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

ソナチネ 「世界の北野」誰も見たことのない最高傑作。 


 ソナチネ [DVD]
 ソナチネ
 (1993年 日本映画)85/100点


長文の感想はこちらです。


「HANA-BI」でのベネチア金獅子賞や、「座頭市」の銀獅子賞受賞などで、「世界の北野」とマスコミでは騒がれますが、いつも違和感があります。
だって、周りに北野映画を見ている人なんて、誰もいないもの。
たまに聞くのは、「アウトレイジ」か、かろうじて「HANA-BI」「座頭市」「ブラザー」くらいです。 
ソナチネ」はイギリスで「21世紀に残したい映画100本」に選出されるほど、北野武の海外の評価を爆発的に高めた記念碑的、かつ「最高傑作」なのです。といっても国内では、この映画の存在自体を知らない人が多く、そんな中で「世界の北野」だなんて、上っ面の賛辞ばかり贈るマスコミに寒気を覚えるのは私だけでしょうかねえ。

例えば「アウトレイジ」しか見ていない人なら、「世界の北野? …これで?」と思うのではないでしょうか。

とはいっても、この「ソナチネ」、確かに万人受けするような映画ではないので、強くお勧めしづらく、このブログ内評価が85点と控えめですが、個人的には95点以上の傑作なのです。
「客が入るダ・イハードみたいなエンターテイメント作品をよ~、作るからよ~、あんちゃん金出してくんねーかなー」と武に言われ、資金を捻出させられたプロデューサー・奥山和由氏は、「この映画は麻薬のようなもの。合う人には合う。合わない人には、とことん合わない」と言っていました。つまり、武に騙されたんです。

しかし、明らかに「新しい才能」を見せ付ける鮮烈な映像が満載なのは、間違いない事実!
芸術家とは新しいものを生み出した者のことをいう、と聞いたことがありますが、その条件を満たしたこのソナチネを、海外はきちんと評したのだと思います。
高校時代に初めてこの映画を見た時、周りに誰も見た人がおらず、若かりし生意気さで、「だから日本人の文化民度は低いのだ!」と一人叫んで…いや、つぶやいていました。

さてさて…その具体的な中身ですが、ストーリーはとくに複雑になっていません。
「属する暴力団組織から疎ましく思われている村川(北野武)は、沖縄に飛ばされ、そこで罠にかかり、死闘を繰り広げ、最後は復讐する」というシンプルな構造になっております。

沖縄の美しい海とヤクザたちの澄み切った無邪気さ。
この組合せがすごくきれいに映えるのは、なぜでしょう。
死地の間で、紙相撲してみたり、ロシアンルーレットしてみたり、射的してみたり、落とし穴掘ってみたり、相撲してみたり、花火してみたり…  
淀川長治さんが「ソナチネ」のことを評したとき、「花札とかしていないのがいい」と言ってました。
ヤクザだから花札、ヤクザだから肩で風を切って歩く、そういう既成概念をぶち壊そうという意気込みもあるのです。 

しかし、少年のように無邪気に遊ぶ彼らに向かって、「死の匂い」はじわじわと近づいてきます。
死から遠いところにいるように見せかけてズドン、という突然の暴力は本当に強烈です。
これは、北野映画の大きな特徴です。
なにしろ怖いことに、いつ、どこで、どうやって、誰が死ぬのか、まったく読めません。
最後のあたりまで生き残っていた大杉連は、シナリオでは最初の方に死んでいたらしいのですが、監督の気まぐれ(?)で生かされていたみたいです。
これによって、緊張感が半端ないです。

狭い場所での撃ち合いも怖い。
激しい銃撃戦が「スナック店内」と「エレベーター」の2箇所で勃発しますが、果たして誰に弾が当たるのか、まったくわかりません。
しかも、遮蔽物に身を隠さずに突っ立ったまま撃ちまくります。
村川側数人が突っ立って「バン、バン、バン」
敵側数人も突っ立って「バン、バン、バン」
撃たれた者は無機質に倒れ込みます。画面が片方を映す度に、立っている人数が減っているというめちゃくちゃドライな銃撃戦の描き方をしています。これには、相当な衝撃を受けたものです。
エレベーターの中の銃撃シーンというのは、その後「ダイハード3」でも見かけました。
まさか真似たのか「ソナチネ」を! と思ったものです。

着実に死に向かって突き進む主人公・村川。
それを心配する恋人のような存在の女。
武映画らしく、村川と女の関係はべったりとは表現されません。
なんとなく、好き合ってるような、いないような…
私にはなんとなく、男女間を越えた「信頼」を感じましたが…
 
ラストの復讐シーンは、派手でもないのに目の覚めるような印象を突きつけます。
村川に向かって「最後まで付き合いますよ」と宣言した部下(勝村政信)部下は、あまりの恐怖に逃げ出してしまうのでした。 

ちなみに久石譲のBGMも凄いもんです。

みんな見たほうがいいよ、とはなかなか言い出しにくいのですが…どうして武が「世界の北野」なんて言われてるんだろうと疑問に思っている方には、この「ソナチネ」があるからなんだよ! と断言したいのです。


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

バイオレンスの関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2012/09/08 Sat. 07:47 [edit]

TB: 0    CM: 2

08

コメント

 

村川

URL |  #- | 2015/07/09 22:30 | edit

Re: タイトルなし 

わお! サンクスです。

URL | タイチ #- | 2015/07/09 22:45 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/25-8d424420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list