素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

フライト・ゲーム /リーアム・ニーソンの説明責任。 


 フライト
 フライト・ゲーム (2014年 アメリカ映画)  
 79/100点



<完全にネタバレしています。>


つい先日、新幹線車内において大変な事件が起こりました。
一人の男が焼身自殺を図り、一人の女性が巻き添えで犠牲となってしまったのです。
新幹線の安全神話が崩れたと言う人もいますが、これは「事故」ではなく、個人の起こした「事件」ですのでそうは思いません。
しかし。
新幹線であろうとどこであろうと、常軌を逸した「人」がいる限り、日本には(世界のどこにも)、絶対に安全な場所などないのです。

というわけで。
奇遇にも本作は、心神喪失かもしれない男が飛行機内で無茶をするため、乗客が恐怖におののくお話です。

その男とは、航空保安官として飛行機に乗り込む主人公・マークス(リーアム・ニーソン)。冒頭から、何やら心に傷を負っている彼の様子が描かれます。酒に浸り、こっそりと機内トイレでタバコをふかすという、初老の疲れが見え隠れするその姿は、序盤までは蛭子能収か、と思うくらい心配させるのでした。

大西洋上空の彼の元に、一通のメールが送られてくることで物語は動き始めます。
「指定の口座に1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺害する。」
ロンドンへのフライト途中、犯人探しのミステリーが幕を開けるのです。

フライト2


確かに。

他の方のブログでも散々言われている通り、そのミステリーの謎解きには、もやっとしたものが残ります。
いろいろと無理があるみたい…。
しかし、私はその展開の皮肉さに興味津々。深く考えず、展開の面白みだけに優しい眼差しを向けられれば、なかなか楽しいミステリーだと思うんですけど…

特に、20分後の殺人を防ぐ為に奮闘していたら、なんと自分が20分後きっかりに人を殺しちゃってた! というトンデモ展開が愉快です。
もやっと。
世にも奇妙な物語ならあり得る話です。
多重人格モノのサスペンスなら、あり得る話ですな。
しかし主人公・マークスの物語はそうではありません。これは犯人の術中。彼は気持ちがいい程、まんまと策略にハマっちゃうのであります。

おまけに、犯人の指定した振り込み口座が、マークス本人のものと判明するから、さあ大変。
国土安全保障省からも、「お前がハイジャック犯か」と疑われてしまうのです。
もやっと。
そもそも「口座が誰のものか調べろ!」と指示したのはマークス自身なのだから、それが「お前のじゃねーか!」となったからって、「テロリストとは交渉せん!」と機械的に対応する国土安全保障省の間抜けさが残念です。

しかし、逆境になるにつれ、マークスのやる気はウナギ昇り。乗客全員を容疑者とし、犯人探しが行われます。序盤の蛭子さん状態はどこへやら。いつもの屈強なプロフェッショナルの顔を見せ始め、ついには手厳しい荷物検査を実行するのでした。
もやっと。
中盤までは、「お前が張り切ると人が死ぬな」とも思えてしまいました。


ほとんど孤軍奮闘のようですが、彼は、数人の協力者を得ています。
隣の席に座っていたジェン(ジュリアン・ムーア)は、飛行機の離陸が大の苦手なマークスの手を優しく握ってくれる素敵な女性です。…と思いきや、急にぷいっとしちゃう小悪魔な面を見せるのが恐ろしい。そんなジェンのことを、最も信頼できる人だと客室乗務員・ナンシーに紹介するマークスは、恥ずかしげのないドMに違いありません。
そのナンシーもまた、最後までマークスに従い、無茶な手荷物検査に協力してくれるのです。

こうして女性ばかりを味方に付けた色男・マークスは、案の定、男性乗客からの猛反発を食らうのです。

もちろん、女性ばかりを味方に付けたせいばかりではありません(当たり前)。
一切の事情を話さないまま、乗客に高圧的な態度をとり続けるマークスは、確かに自民党ばりの「説明不足」が否めないのです。
もちろん、その「説明」が極めて難しいのは分かります。
「さきほど人が殺されました。この先も誰かが殺されます。そして犯人は、乗客の中にいます」とは、パニックを避けるためには伏せておく必要があるでしょう。少なくとも、「まー、1人目は私が殺したんですけどね。 ((´∀`*)) アハハ。」等と、どの口が言えたものか。

フライト4


というわけで、事態は複雑なのです。

乗客たちのマークスへの不満は、次第に、「こいつ…、ホントは危ない奴なんじゃないか…?」という疑惑に変わっていきます。そりゃそうです。「単なる無作為の手荷物検査」の割には、マークスの行動があまりに乱暴過ぎるからです。

そんなマークスは、徐々に「ハイジャック犯」として見られていきます。
早く、マークス! 「説明」をしなければ!
「待ってくれ! オレはハイジャック犯ではない! そりゃあ、アル中だし、禁煙の機内で煙草は吸うし、娘を亡くした心の傷が深くて警官を辞めたし、蛭子さんくらい疲れた初老だし、ここんとこ似たようなアクション映画ばかりに出ているけれど! 『シンドラーのリスト』でオスカーにノミネートされたこともあるこのオレは、決してハイジャック犯ではない! それどころか、ここにいる乗客を守ってみせるんだー!」
といったよーな感じの、魂の説明・説得を試みます。

聞きようによっては逆に、「そうです、わだすは危ないおじさんです」と吐露しているようにも聞こえかねない弁明ではありますが…

乗客全員「…そうだったんだね! ごめんよ!」

素直に納得する乗客のみなさんなのでした。
多少もやっと感もありますが、包み隠さない真摯な「説明」がいかに大切なのかが、よーく分かりました。
「こうなったら全部言うけど、機内には爆弾もあるで」
という…、やっぱり言ってほしくなかったような事実も打ち明けられて青ざめる乗客をよそに、ひとりスッキリした顔になるマークスなのでした。

フライト5


しかし。

その後の乗客全員の協力関係が素晴らしいです。
ニューヨークの警官だという男は、頼もしい相棒へと変わります。
爆弾の衝撃を抑えるために、みんなで必死に荷物を爆弾の上に積み上げます。
そして。
何気にMVPの大活躍をしてみせたのは、副操縦士・カイル。乗客全員の命を救ったのは、ほぼ彼のおかげなのでありました。

そして。

被害者の死ぬタイミングが正確過ぎてもやっとし、犯人の動機にもやっとし、パラシュートで逃げようとする計画にもやっとし、「吹き矢」という何でもアリの職人技にもやっとするなど、大小さまざまなもやっと感があります。
その中でも、最ももやもやするのが、「IT技術」
本作は、中盤まで「メール」がポイントになっています。マークスは、見えない敵から動揺を誘う「メール」攻撃を仕掛けられます。そのプロット自体は、底知れぬ敵の手強さを予感させることに成功しているのですが…。「なぜこれほど巧妙な仕掛けが可能だったのか?」という本作の疑問点は、「なんだかんだIT技術で何とかしたんです」と、無理やり言い聞かせられているようでした。
映画はもっとアナログ感を大事にすべきだと思うんです。…とはいっても「吹き矢」はあんまりだぜ!


<以下、犯人含め、最後までネタバレします>


フライト7


さあ。
果たして結末やいかに。

果たして犯人は一人なのか二人なのか。それとも教師なのかスマホ技師なのか。実は二人とも共犯なんですが果たして機内の爆弾は爆発するのかしないのか。実は爆発してしまうのですが無事に着陸できるのかできないのか。…ま、出来るのですが果たして新たな犠牲者は出るのか出ないのか。ま、出ちゃったらハッピーエンドにならないので大丈夫なんですが…
しまったー! マークスにならって全部説明してしまった! 
…けど…、あースッキリした。


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

<スポンサードリンク>

Posted on 2015/07/04 Sat. 00:43 [edit]

TB: 0    CM: 2

04

コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2015/07/17 18:58 | edit

ありがとうございます。 

ご自身の体験を交えたアドバイスありがとうございます!
参考にさせていただきます!

URL | マーさき #- | 2015/07/18 15:48 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/257-058f1bde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list