素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。

ステキな金縛り あ、ファンタジーだったんだ。 


 ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]
ステキな金縛り
 (2011年 日本映画)70/100点


三谷幸喜の映画は、今や豪華出演陣によるお祭り映画となりました。
お祭りならば踊らにゃソンソンとばかりにお客さんは入る一方、映画の出来栄えはというと、どこか中途半端な感じが否めません。

本作は、それでも期待して鑑賞しました。
予告編に出てくる、深津絵里の「証人になってください!」の無邪気な笑顔に対し、西田敏之の「えぇ…?」というリアクションが、あまりに絶妙だったからです。
これは、すごく面白いのでは?

あらすじは、「弁護士の主人公・深津絵里が、殺人の嫌疑をかけられた依頼人を救うため、依頼人のアリバイを証明できる落ち武者の幽霊に裁判での証言を頼む」というもの。


「有頂天ホテル」の時から思うのですが、何か意味の無いダラダラしたシーンが多くないかなあ。最初の方のファミレスのシーンなんて、確かに伏線がいくつか出てきますが、なんか心配になるぐらい冗長です。
とっとと裁判シーンに入れよ! 何を道草してるんだ!? と首を傾げてしまいました。
あと、陰陽師のくだりも、ぜんっぜんいらないんじゃないか?

落ち武者の幽霊が証人になるという奇抜さは、常識ではもちろん受け入れられるはずがありません。
そのために、「落ち武者の幽霊は存在する」ことを、裁判官や検事、世間の皆様に証明する必要があります。
この点をいかに説得力あるものにするか。ここに、この映画の成否はかかっていると思っていました。
確かに、検事である中井貴一に納得させた手段は、うまい、と思いました。さすがは三谷幸喜。上手に「幽霊の世界」という設定を絡めてきます。

が…、だからって世間全体がこの裁判を許すことには、まったくもって納得がいきません。
あげくに、判決直前に決定的にとどめを刺す幽霊界からのあるゲスト。
これをやっちゃーおしまいでは? …というゲストです。
だったら、最初からこの人を連れてくればよかったじゃん、と。
今後、この映画の世界では、司法はどうなってしまうのでしょうか?
とそこまで気になって、展開の仕方に首を傾げてしまったのです。

けれど…、私、幽霊界から小日向文世演じる死神っぽいのが現れたときに気づいたんです。
あ、これはファンタジーとして見ればいいのか、と。
リアル世界の物語だと思って見ていたから、違和感があったのです。
もともと、この映画の中の世界は、現実よりも霊界が身近なのです。

…うーん、それでもやはり乗れないけどねえ…。

それから。
西田敏行のアドリブの暴走が凄いです。
三谷幸喜がスマスマで「迷惑だ」と言っていたのは、完全なジョークでしょうけれど、確かにキャラを崩壊させすぎかな? と思うほど好き放題にやってます。もっと言えば、調子に乗ってます。
もちろん、うまいのは抜群にうまいです。出オチにしか思えないこの落ち武者設定は、西田敏行だからこそ、ここまで面白くなっているのです。

西田敏行いわく、「他の映画では絶対にアドリブはやらない。他の撮影現場は緊張感が半端なくて、ぶっ飛ばすぞって雰囲気だから」と言ったら…

三谷幸喜「こっちだって、そうだよ!(怒)」だって。映画より笑えたわ。

三谷組のこんな宣伝でのやり取りが個人的にはとても好きなので、今後も大いに映画作ってください! 


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2012/09/08 Sat. 08:24 [edit]

TB: 0    CM: 0

08

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/26-bc8db4f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list