素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション トム・クルーズの新境地。 


 missyon2.png
 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
 (2015年 アメリカ映画)  80/100点


トム・クルーズが目指していたのは、ここだったのか!?
この強烈な既視感。
両手をふさがれた状態や舞台装置を巧みに利用した格闘シーンや、コミカルな人間味、スタントを使わない信じがたいほどの危険なアクション。
これは一体誰なんだと、何度目をしばたたかせたことか。
間違いない。
こりゃ、完璧にジャッキー・チェンではありませんか。
トム・クルーズだからこそ望まれているはずの「ヒロインとのロマンスシーン」も極めて薄味という点まで踏襲し、もはや本作のトム・クルーズは、某世界スポーツ競技大会のエンブレムと某地方劇場のロゴマークほど、ジャッキー・チェンに酷似していたのであります。
本作の出資に中国企業が絡んでいるという事実と何か関係があるのでしょうか。
中国によるハリウッドスター総ジャッキー・チェン化計画が持ち上がっているのでしょうか。
トム・クルーズは、その路線で本当にいいと思っているのでしょうか。

観る側としては、面白いからいいけどね!

あらすじは、「目の前で女性エージェントを殺されてしまったイーサン・ハント(トム・クルーズ)が、仇打ちとばかりに謎のシンジケートを執拗に追う…」という、いつもの感じの物語。

ミッション6


<すみません。調子に乗って結構ネタバレしています。>


本作の宣伝において最大の見せ場であった「輸送機しがみつきスタント」が、冒頭からお目見えすることには驚きました。これは、しょっぱなのサービスシーン(いわゆる、つかみ)に過ぎなかったことからも、本作のアクションのてんこ盛り具合が伺えます。
化学兵器を乗せた輸送機の離陸直前に、案の定期待通りに颯爽と現れるファーストカットのトム・クルーズが、もはや、「ミッション達成」の使命感よりも、「しがみつきたい…」とウキウキしているように見えて思わず吹きました。あるいは、「ジャッキーを越えたい」という野望なのかと思うと、世間の期待と、ことさらに遠ざかっている方向性に、若干の不安を抱かせさえするのです。
しかし。
鑑賞前から散々に目にしてきた場面なのに、徐々に地上が遠ざかっていくカットが非常に秀逸な上、劇場の大画面と爆音も相まって恐怖心を煽られます。乗り込むための輸送機のドアを開けてほしいのに、仲間が間違って後部ハッチを開けてしまい、「そっちじゃない!」とツッコむトム・クルーズのコミカルさもまた、「大人になったなー」と思わせ、微笑ましいのでした。

それから。

本作ではトム・クルーズが目指したもう一つの新境地があります。それは、これまでのような超人的なスーパーヒーローではなく、主人公が「人間味も兼ね備えた一介のスパイである」という描写です。
この設定は好きです。どんな無理やりなミッションをも自信満々にこなす主人公より、たまには弱い所を見せてくれた方が親近感があるからです。常軌を逸した作戦に対し、マジ勘弁…という顔をしてくれた方がホントっぽく、なにより共感できて緊張感を増幅させるのです。
本作1番の強烈なミッションである水中金庫への潜入。そのミッション開始直前のトム・クルーズの表情が、まさに、それ。
あまりに斬新な顔をしているもので、思わず目を疑いました。
蟻地獄のように大量の水が流れ込む穴倉をチラ見しながら、トム・クルーズが、完全につらそうな顔をしていたのです。27時間テレビのマラソンランナーの大久保佳代子かと思う程、「出来る事なら帰りたい」という顔をしてみせたのです。

こんなに消極的な顔で仕事に取り組むトム・クルーズの顔が拝めるとは、驚いたのなんのって。天井知らずで突っ走る人ほど、よく鬱になったりすることがあります。前作くらいから、時々とても心配な顔をする主人公ですが、変な宗教とかにはまらないといいんだけどな。

ミション3ほとほと嫌気差してんだよ、オレ…。
嫁とも離れ離れだし…
毎度毎度、危険に際限ないし…
会社(IMF)はトカゲのしっぽ扱いだし…
エージェントの離職率高いし(特に女性陣)…。オレって一体…。


でもなー。やっぱ、オレしかいないからなー。
オレがやらなきゃ始まらないんだよなー。
なら、やるっきゃないんだよ…。そうだよ…。
あー、しょーがない。

ミッション2

で、やっぱり、やる時にはやるトム・クルーズなのでした。
そのギャップ効果がビビビと効きまくります。彼の大ピンチには、女性陣を筆頭として気のいい仲間たちが無我夢中で救いの手を差し伸べてくるのです。何たる計算人徳なのでしょうか。ファンへの神対応でも知られるトム・クルーズは、まんまとジェッキー・チェン化計画を実行に移していくのでした。(たぶん)


本作の物語では、いつものように主人公含むエージェントチームが世界各国を飛び回って進みます。
矢継ぎ早に活動地域が変わっていく展開に、「テンポが良い」と感じるか、「軽い」と感じるかは人それぞれ。しかし、個人的な感覚では、全く異なる文化背景の場所で、アメリカ人が我が物顔で暴れ回っているのを見ると、「世界はアメリカのもんじゃ」という奢りが見え隠れするようで気味悪くもあります。ついでに言うと、その国のイメージBGMが流れるのも、なんか陳腐な気がします。きっと日本が舞台になったら尺八鳴らすようなセンスに違いないと思うのですよ。

それから、オペラ劇場でのシーン。上演されているオペラ自体にも、物語上重要な意味があったりもするシーンです。ノワールな雰囲気が重厚で良いのですが、ここでもやはり、ジャッキー・チェンっぽいシーンが始まったりするので、ちょっとバランスが悪いかな…? とも感じました。(敵の体格がこっちより全然上!? …ってのもジャッキー・チェンっぽいなー)
また、敵キャラ(二番手)に魅力を感じませんでした。前作では殺し屋・モロー(レア・セドゥ)が途中退場がもったいないほど魅力的だったのに比べ、今回はよくあるジャイアンでしたね。敵か味方か分からない女性エージェント・イルサに焦点を当てる為でもあるのでしょうけれど…。

ミッション5


しかし、そんな難点は前述したアクション場面の迫力で吹き飛びます。死の直前まで身体を張った主人公に息を呑んでいる内に許してしまいます。一国の首相まで拉致せねばならなくなるという、そもそも荒唐無稽なインポッシブルなミッションの為に納得させられてしまうのです。
特に印象的だったアクションシーンは、実際にトム・クルーズが運転したBMWのカーチェイス。予告編でもあった通り、カサブランカの狭い路地をきゅるきゅると縦横無尽に走り抜けたり、追手を潰したり。挙句には大ジャンプの末に、何回転も縦向きに転がって大破します。これには、平成ノブシコブシの吉村もビックリ。 こ れ は い い ん だ ね ?

ミッション7


あと、活躍の場面が大幅に増えたベンジー(サイモン・ペッグ)が楽しいです。前作に引き続き、トム・クルーズに無理なミッションを課し、一人平然としています。トム・クルーズは「お前がやってみろよ…」と怒りをたぎらせることもなく、そのベンジーのピンチに必死になって助けようとする仲間想いの美しさよ。
仲間が大事。
思えば、今回の敵の捕獲にトム・クルーズが執念深いのも、冒頭で仲間を殺されたことが発端でした。
主人公がなにより許せなかったのは、自分の目の前で、敵の親玉の手により、一人の女性エージェントを失ったことだと思います。
仲間に手を出した奴は許さない…。これが、今回の彼の原動力の全てだ―

と、思っていたんですけどね。

ラスボスのやっつけ方が…その…。
やーい、同じ目に合わせてやったもんねーっていう感じだったような…。
今回の主人公の原動力って…、単に自分が序盤で昏倒させられてしまった仕返しだったのかもなー…なんて。

うん。まだまだジャッキー・チェンまでの道のりは、遠いと思いましたとさ。

―それと、最後に。

敵ボスのレーンは、何度も失態やら裏切りやらを繰り返すイルサを泳がしている、という流れだったのですけど、さすがに何となく釈然としないんですよね…。物語の最後には、危険な現場に出しゃばってくるようなドジなボスですから、ひょっとして…。


ボス
いやいや、私は君をかっているのだよ。何一つ疑いなんぞ持ってはおらん。大体男っ気ばかりの手下どもには若干うんざりしとるのさ。君のように可憐ですばしっこくて女泥棒みたいな部下ってなんかいーなーって。

26E511CD00000578-3006498-image-m-129_1427041488467.jpg
トムに逃げられてしまいましたわ。

ボス
あ…そー、あ、そー。それは失態だったね、なかなかのものだね。巻き添えで結構手下が死んだね。さすがトムは女の君には傷一つ付けなかった…みたいだけど…。いや、しかしね、私は君をかっているんだよ。このくらいのミスでは私は簡単に怒ったりはしないよ。そうともよ。私は減点主義の器量の狭い男ではないのだよ。人は褒めて伸ばさねばね。やってみせ、させてみせ、褒めてやらねば人は動かじっていうしね。

26E511CD00000578-3006498-image-m-129_1427041488467.jpg
すみません、オーストラリア要人の暗殺失敗しましたの。

ボス
オーケーオーケー! ちょっとさすがの私もピリッとしたけど、いやいや、一瞬、ほんの一瞬。私は、そんな瞬間湯沸かし器のような自己コントロール不全の男ではないのだよ。問題ないよ、ノープロブレムにモーマンタイだよ。Cプランまで練っていたからね、結果オーライだし、大丈夫さ、グッジョブ! 何度も言っておるが、私は君をかっているんだよ。君はやれば出来る子だと信じているのだよ。

26E511CD00000578-3006498-image-m-129_1427041488467.jpg
あの…このデータ空っぽなんですけど…。

ボス
てめーなー! コンチキショー! …いやいや、君に言っているのではないよ。その隣のうすらトンカチなデカブツに言ったのだよ。空っぽかー、うんうん、さすがにちょっと堪えたけれど、私はそんな行き当たりばったりの人間ではないのだよ。次の手を常に考えているから大丈夫なのさ。そーさ、そーさ、君は世界に一つだけの花なのさ。
(フフフフ…。ばかめ。お前はイギリス政府の犬だってことはとっくにお見通しなのだ。私の手の内で転がっておることも知らないで、無邪気に仕えたフリなどしよって。かわいーもんだのー。かーいーのー。あとでトムとともに始末してやるから、今に見ておれよ、今に…。)

20150814_1512683.jpg
ボス…MI6の長官に辞めたいって言ったのに拒否られちゃった…。

ボス
かーわーいーそーおー! ひどい奴がいるもんだね。それはひどいよ。MI6ってのは…。あ、きみ、そうだよね、イギリスの諜報部員だったんだよね。サラリとすごい告白だけれども。いや、知ってたけれどね。いやいや、そんな謝らなくてもいいよ、いいよ。私は、そんな追い打ちをかけるような卑屈な男ではないのだよ。言いたくない事もあるだろうさ、そうさ、そうさ。もーこうなったらさ、私のとこで一生面倒みるよ、いやいやいいんだよ、遠慮しなくていいんだよ、だって言ってるだろう、私はきみをかっているんだから。ほら、そこの君、なんつー名前だったかね、まーいーや。うすらでかいゴリライモ君、イルサのためにあったかいスープでもあげてくれたまえ。

ゴリライモ「転がってるの、あんたでしょーが。」


ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルの感想はこちら。


↓オススメ記事です。
・『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』/すきなものだけでいいです

・53歳のトム様バンザイ映画『MI5 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』/カゲヒナタのレビュー

・ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション/トムは死にたいんだと思っていた/映画感想 * FRAGILE


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

アクションの関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2015/08/18 Tue. 00:43 [edit]

TB: 0    CM: 0

18

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/263-c98f7cd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list