素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

龍三と七人の子分たち /どいつもこいつも迷惑だ。 


 51V521ny2iL.jpg
 龍三と七人の子分たち
 (2015年 日本映画)  79/100点


好みの問題かもしれませんが、北野映画のコメディには懐疑的です。
『みんな~やってるか』や『監督バンザイ!』など、コメディ路線の映画が、ことごとくひどかったからです。

シリアスな映画の中で見せる茶目っ気な笑いは凄く光るのに、全編コメディとなると良かったためしがない…。

というわけで、恐る恐る鑑賞した本作ですが。
今までよりは笑える部分が多かった! 
という感想でした。

ただ…、昔からの北野映画ファンからすると、やはり煮え切っていない感じがするのも確かなのです。
面白くないわけじゃない! けど、そこまでオススメとも思えない。

あらすじは、「龍三(藤竜也)以下、子分たちジジイ連合が、半グレと呼ばれる犯罪者集団に正義の鉄拳を振り下ろします」というお話。


さすがは北野武監督です。主人公である元ヤクザのジジイたちを、決して良い人間とは描きません。
仁義に厚いジジイたちが、世の中を舐めきっている若者どもにお灸をすえる物語ではありますが、このジジイたちも、なかなかの迷惑連中だったのであります。

食堂で一般客に絡むくだりは、本当に不快なほど迷惑です。気に入らなければ怒鳴りつければいいと思っている様子に、笑う気持ちが起きませんでした。

せっかく手に入れたお金を、あっさりギャンブルで失ってしまうという、子供のまんま成長した奴らなのです。
彼らの家族もまた、とても迷惑そうにしています。

男気の強いジジイたちは、確かに弱い者いじめが大嫌いのようです。曲がったことをする奴らが許せません。
一見、スジの通った正義漢のように見えます。

しかし、その心理の向こう側には、「見栄っ張り」「自己顕示欲」「カッコつけ」「自分の理解の及ばないことを全否定」「自分より目立つヤツが気に食わない」…といった、ひん曲がった根性があったりするのではないでしょうか。
本作のキャッチコピーの一つ、「曲がったことが許せない。曲がってないことも許せない」は、絶妙の名コピーです。

実は。

仁義だなんだと振りかざす親分肌の人には、本当に警戒が必要です。
頼んでもいないのに、無理矢理に面倒を見てきたりして、つれなくされると怒り出し、「のに」を連発します。
ようは、「恩着せ」し、思い通りに人を動かそうとしているだけだったりするのです。

と…、ロスジェネ世代の私が、団塊以上の世代に感じているジェネレーション・ギャップを、本作は実に顕著に表してくれているのだから、ありがたい。

本作のジジイたちが正義一辺倒でなく、「どーしよーもない人たち」として描かれていることが、とても素敵だと思うのでした。

しかも、主人公・龍三が藤竜也であるにも関わらず、いじり倒した扱い方が心配になるほど突き抜けてます。
顔つきや迫力は、まるで三船敏郎のように凄いのに、何の意味もなく、オナラの効果音を入れたりして、カッコつけさせません。

彼の仲間も、そして敵対する犯罪者集団も、みんな胡散臭さが滲み出ています。この辺りのキャスティングの巧さは、やはり北野武監督ならではです。誰一人、仲良くなりたいと思う人がいません。

毒をもって、毒を制す。
その辺りが面白いのです。

ひょっとすると、北野武演じる刑事が、『アウトレイジ』に出てきた刑事と同じく、潰し合いを目論んだような気もします。

つまり、迷惑加減はどっちもどっち、というわけで。

さて。

笑いの場面は多く、終盤での中尾彬が抱腹絶倒に笑かします。
笑かしますが、私、見る前にネタバレを見てしまっていたので、「あーこれか」となったために、おかしさが減ってしまいました。

ゆえに、何が起きるのか、一切知らないで本作を鑑賞することをオススメします。
他にどんな笑いがあるのか、ここでは一切触れません。

それにしても。

結構突き抜けた「笑い」が炸裂する割には、最後の敵のやっつけ方が大人しかったかなあと思います。『キングスマン』並に、めちゃくちゃにしてみたら良かったと思うのですが。

それにしても、家族に邪魔者扱いされていた龍三が、ついにラスト…いえ、大して和解しないのが、ホントいい。

というわけで。

今月は激忙しいゆえ…本日はこれにて。


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>


Posted on 2015/10/24 Sat. 17:30 [edit]

TB: 0    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/273-40cb7446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list