素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。

スピード 115分、止まらない極限の緊張。 


 スピード [DVD]
 スピード
 (1994年 アメリカ映画)85/100点


「ツイスター」などで知られたヤ・デ・ボン初監督作品です。
当時はすごい才能が現れたと言われていたものです。今は見る影もないですが。

後にも先にも、3回も映画館に見に行った映画はこれだけです。
映画館で映画を見ることの良さを、初めて痛感した作品なのであります。
観客全員が一心同体で手に汗握っているという感覚があって、変な絆を勝手に感じて感動してました。(青いわあ)

「バスに爆弾が仕掛けられた。時速50マイル(80キロ)以下に減速してしまうと爆発してしまう。そのため、バスはどんなことがあっても走り続けなければならない。主人公のSWAT隊員のジャック(キアヌ・リーブス)は、走行中のバスに乗り込む」というストーリー。


冒頭のエレベーター内での救出劇から始まって、まさにノンストップに次から次へと物語が展開し、だれるところがありません。

「暴走するバス」という至ってシンプルな題材ですが、ヤン・デ・ボン監督は可能な限り模型は使わず(後半の地下鉄シーンのぞく)、CGも使わないというこだわりで、実寸の迫力を生み出しています。
最近のテクノロジーチックなアクション映画には真似のできない、アナログチックなアイディアがてんこ盛り。

目の前に赤ちゃんが! 工事現場が! 縦列駐車の車両が! ガソリン漏れが! 

この先、橋が途切れてるー! そんな、バカなーーーー! 

途中から、主人公のジャック(キアヌ)が単身で暴走バスに乗り込みます。
しかし、次から次へと起きる障壁や一人の乗客を死なせてしまったことから、さすがにへこたれるのです。
それを支えるのは、たまたまこのバスに乗り合わせていたアニー(サンドラ・ブロック)でした。
ちなみに、このバスはなんやかんやの成り行きでアニーが運転しています。
彼女は、スピード違反で免停中です。

imagesCAFU0FN6.jpg
(しっかりつかまってな!)


自分がやらねば誰がやると気を取り直したジャックは、警察官の模範とばかりに、爆弾解体のために走行中のバスの下に潜り込むなど、危険を顧みず献身的に活躍します。

ついには、バス車内の隠しカメラを通じて様子を見張っていた犯人(デニス・ホッパー)の裏をかき、見事脱出に成功するのです。
その瞬間の、なんと感動的なことか!
今まで、止まらないバスと同じくずーっと継続していた緊張が、ブツン! と大きな音を立てて途切れた瞬間の快感は、今でも克明に思い出せます。

さて、この映画のすごいところは、まだまだ先が続くところ。
ここからがようやく後半戦、犯人逮捕までのくだりが始まります。
地下鉄での大攻防戦。なんと今度は地下鉄が暴走状態に!
ほんと、休まる暇がない。
115分と比較的短めの上映時間にも関わらず、非常に密度の濃い大満足のアクション映画なのでした。

ラスト。
アニーはジャックと抱き合いながら言います。
「極限状態の中で結ばれたカップルは長続きしないのよ」と。
そして見事予感的中! 「スピード2」ではしっかりお別れしており、なんとキアヌ以外が主人公になっちゃって、映画の出来もあんまり…。
バスやら船やら、見事に暴走させてきたこのスピードシリーズですが、映画自体は完全に失速したのでありました。(うまい!)


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2012/09/09 Sun. 11:37 [edit]

TB: 0    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/28-4434cd88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list