素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

ターミネーター:新起動/ジェニシス シュワルツネッガーよりも、カムバックすべき「あの人」 


 51JaToI1W3LSS400.jpg
 ターミネーター:新起動/ジェニシス
 (2015年 アメリカ映画/監督: アラン・テイラー)  79/100点


<ネタバレしています。*ポスターや予告編が、すでにネタバレしていますが。>


新年、初更新です。今年も宜しくお願いいたします。

さあ。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の感想の時にも書いたのですが、昔のエンタメ映画は、とかく物語や設定がシンプルだったと思います。
本作の原点である『ターミネーター』もしかり。ようは人間の姿をした悪のロボットがスゲー強くて怖いよ…っていうパニックホラーだし、『ターミネーター2』も実はいたってシンプルで。前作で敵だった悪のロボットが味方になったら、スゲー頼もしくって逆に愛らしい! …っていうギャップ効果の話なのです。そこに小難しい理論をすっとばしたドラえもんレベルのタイムトラベルな話がミックスされて、観るのも心地よいエンターテイメントに仕上がっていたわけです。(もちろん、ジェームズ・キャメロンの演出も並はずれていたわけですが)

それに比べると、どうしても本作の物語には、「複雑さ」を感じます。
タイムパラッドックスをこねくり回すようなストーリーは、本作に似合わないので避けてほしかった…。途中、「ん? どうつながるんだっけ?」という疑念を持ちながら、何とか付いていこうとする内に、作品の印象が薄まってしまったのでした。複雑にすることで「議論」を巻き起こし、面白くなる映画もあります。が、本作の「複雑さ」は、単に「込み入っている」だけなので、面白くないんです。

最近のアクション映画全般に言える事ですが…もっとシンプルでいいんだ、と思うのです。新作『マッドマックス』の評価が高いのは、「追いかけゴッコ」のシンプルさが逆に清々しいからなわけで。

ジェネシス4


さて。

とはいえ、やはり歴史的大作の続編ですから、間違いなく見どころもあります。

本作は、シュワルツネッガー(以下シュワちゃん)のターミネーターが復活ってところが大きなミソです。もはや好好爺にしか見えないシュワちゃん演じるターミネーター(T-800)ですが、つまり「人間」を学び、真の意味で進化したロボットなのだと思えれば納得できます。そして序盤は、懐かしさを上手に刺激するよう作られています。第一作『ターミネーター』と全く同じ時間と場所に現れた若いシュワちゃんを、現在のシュワちゃんとヒロインが瞬殺するって場面には強く惹かれました。トランクスが、あっとういう間にフリーザを一刀両断した時くらいの衝撃です。
続けざま、『ターミネーター2』で登場した液体金属の敵・T-1000との、既視感のあるチェイスにもワクワクしました。
つまり、駆け足で『ターミネーター』と『ターミネーター2』をおさらいし、中盤からいよいよ未知の物語が幕を開けるゾ! というワケなのです。真の『ターミネーター3』を始めるよってこと! 期待しないわけにはいかない素晴らしい掴みの巧さ!

で。

そこで、実は…本作の見所は終わってしまったのです。
本作の序盤に、『初代』と『2』の素晴らしい思い出を蘇らせてしまったことで、かえってその後の展開が陳腐に見えてしまうという仰天の皮肉。

ジェネシス


本作のもう一つの胆は、「まさか、あの人が敵に!」ってところなのかもしれません。しかし、「あの人」って、もちろん『ターミネーター2』や『ターミネーター3』で大活躍の「あの人」なわけですが、見た目も何もかもが違い過ぎて、もはや別キャラのようなので感慨も驚きも感じません。それは、すでに『3』で一度やった失敗パターンのはずなのに…。

『ターミネーター3』の失敗に学ぼう! 『スピード2』の失敗に学ぼう! 『ハンニバル』の失敗に学ぼう!
印象的だったキャラクターを別の人が演じると、どうしても劣って見えちゃうものなのです。
ネタバレになりますけど…絶対にエドワード・ファーロングが演じるべきだったんだ! それが無理ならやるべきじゃないんだ!

 220px-Edward_Furlong_image_2.jpg あ…アーそっか…。
スキャンダルだらけでしたか…


そんな中、なんだかんだシリーズ5作中、全てに出演しているシュワちゃん(『4』はCG出演)が救いのように思えますが、一人だけシリーズを通して出ることによって、逆に他の人物の違和感が強調されるというテラ皮肉。シリーズおなじみのロボット小ネタ(ぎこちなくニッコリ)や、ヒロインさえ戸惑った唐突な「アイルビーバック!」にも、ヘタをすると亜流のパロディに友情出演したような雰囲気さえ感じるのでした。

それから。

思い起こせば、『ターミネーター』シリーズは、映画技術の革新の歴史でもありました。とりわけ『2』のロボットの液体金属表現に、みな驚いたものです。
『3』以降、そして本作にも、その点が見当たりません。どこかで見た事のあるアクションで構成されているばかりで、映像自体に新鮮味がないのです。
本作の最終ボスの印象も薄いです。幾度も主人公たちに足止めを食らう姿は、気の毒になるほど不甲斐なく、切迫感が足りません。「あの人」だからってんで、凄い展開のつもりかもしれませんが、前述の通り、役者が違うもので印象が薄い。…おまけに、そもそも「あの人」は敵に改造されてしまったのです。それにも構わず、アッサリと敵対してみせる両親。…尾木ママがのぞき見たら、血相変えて「体罰はダメよ」と拡散しだすことでしょう。

ジェネシス2


そして、最も首をかしげてしまったのは、「あの人」のあるセリフ。
自分の親が死んでも、「時間軸上、問題ない (`・ω・´)キリッ」という仰天告白。
私の理解不足の可能性もありますが…それを言ってはおしまいなんでは…? そんなに複雑なパラレルワールドが存在するならば、過去に行ったりなんだりっていう努力の意味がなくなってしまうのでは?
ほらみたことか。パラドックスの話なんかを持ち出すから、ツッコミどころが頭をよぎって物語に集中できないんだって。

第一、こんな過去に何度も行ったり守ったり争ったり…こんなこと、ヘタしたら永遠に続いてしまいかねませんよ。どっかで停戦協定結んだ方がいいんじゃないでしょうか? 

と、まあ…何とも腑に落ちない展開に、せっかくの一級のアクションも色あせて見えてしまうのでした。

ジェネシス3


しかし、至って大真面目なカイル・リースが、時折クスリと笑わせてくれるのがオツです。彼の「助けにきたよ!」って勢いを無情に削ぐサラ・コナーの腕っぷしの強さだとか、そのサラとシュワちゃんとのホンワカした三角関係だとか、こまかーな所が面白いです。
特に、サラ・コナーと恋仲になる未来を聞かされてドキドキしたものの、「子どもを作った直後に死んじゃうけどね」という、カマキリのオスのような運命を知らされたカイルの急転直下な心境を思うと気の毒でなりません。
あれ? そういえば、カイル・リースって、『ダイハード ラスト・デイ』のマクレーンの息子じゃないですか。どうりで冴えないと思った…。

というわけで。

『ダイ・ハード』シリーズにも似た続編のガッカリ感は否めないものの、それなりに楽しめることも確かな本作。
ただし気を張らず、ツッコミどころを探しながら、楽な気持で鑑賞するのがオススメです。
例えば、最初のターミネーター登場シーンで、「穿いてるのか穿いてないのか、言わんのかい!」 とか。
まあ…そんな感じで。

ターミネーター
安心できません。照れもなく全裸ですよ。


それにしても。
何度も言いますが、本シリーズからエドワード・ファーロングが抜けた事が、全ての元凶のような気がします。こうなったら、思いきって復帰してもらい、イチからやり直してみてはどうでしょう。過去に何度も戻ってやり直す物語だから、同じように何度も立ち戻ってリブートしたらいいんじゃないかなあ。


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

アクションの関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2016/01/07 Thu. 13:31 [edit]

TB: 1    CM: 0

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/281-e900e43e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ターミネーター :新起動/ジェニシス』お薦め映画

ターミネーターT-800ことシュワちゃんのセリフ「待ちくたびれたぜ!」「俺は古いが、ポンコツじゃない。」には笑った! T-800は外見は“古い”が、様々な世界を見て学習し続けた結果、“人間的”な味わいが出てきた。何歳になろうと、シュワちゃん抜きのターミネーターは…

名機ALPS(アルプス)MDプリンタ | 2016/01/28 10:05

Trackback
list