素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

海街diary こんな四姉妹は日本の田舎にいない説 


 umimati.jpg
 海街diary
 (2015年 日本映画)  80/100点


本作を撮った是枝裕和監督の『歩いても歩いても』が好きなんですけど、その作品の大きな特徴は、何も起きないことです。ドラマティックなことがほとんど起きない。久しぶりに家族を連れて田舎に帰るっていう、フツーのことを描いているだけなのに、なんだか猛烈な吸引力があるのが不思議です。たまにギクっとする場面はあるものの、大抵は、何か人間関係の中にただならぬものがあるなあ…と匂わせるだけ。嗅覚が鈍ってると退屈を感じてしまうような映画です。

本作もそうだろう…と思っていたんです。
で、確かにそうなんです。
ドラマが起きるようで、起きない。
お、いよいよドラマが動き出すのかなあ…と思わせても、大したことは起きません。起きても、普遍的に、淡々とした描写です。
でも、この押し付けない演出がなんとも心地良いです。他人の人生を、ただぼんやり眺めている感じだけど、眉毛が八の字になるようなこともなく、知らぬ間に微笑んでしまっていそうな…そんな映画なのです。

あらすじは、鎌倉の古い民家に住む三人姉妹の元に、母親が異なる末っ子が転がり込む。末っ子は自分の母親が三姉妹から父親を奪ったと、罪悪感のようなものを感じていた…というお話。

本作は、世間から高い評価をされています。大抵のブログでは絶賛の嵐です。しかし反面、批判も見受けられます。その理由の先鋒が、「こんな美人姉妹が田舎にいるかよ!」という身も蓋もない突っ込みです。
では、その四人姉妹を誰が演じているのかと言いますと。

ウミマチ
長女:幸(綾瀬はるか)
次女:佳乃(長澤まさみ)
三女:千佳(夏帆)
末っ子:すず(広瀬すず)


なるほど。
彼女たちを、ファンタスティック・フォーと名付けたい。

時折キャメラワークは、この四人の美しさをクローズアップするように撮られます。それは、顔のみならず、足やら鎖骨やらいろいろです。次女・長澤まさみにいたっては、冒頭、素足のアップから入り、その後下着姿まで出てくるのでびっくりさせます。実に、あざといです。
そりゃ、これだけの美女を揃えたなら、そうせざるを得ないのでしょう。
確かに、派手な演出を控えた中で、これらは観客が退屈しないための大きな要素になっているのは確かだし、それが「悪」かと言われれば、そうとは言い切れません。

ただ。

本作の作風が、他の是枝監督作品と同じように、やはり「日常を紡ぐ」ものであるからこそ、何だか釈然としない思いが巡るのも確かなのです。美人過ぎてリアリティーがない…ってやつです。

とはいっても、そこは是枝監督。並みの技量ではないですから、役者さんたちの演技力の引き出し方は抜群で、四人のセリフの掛け合いは嬉しくなるほど自然体です。美人批判が出るのは百も承知のごとく。その代わり、ここまで演技力を引き出したんだから文句言うなよ、という声が聞こえてくるような。

特に印象的だったのは、次女である佳乃役の長澤まさみです。実にフツーに「女臭い女」を演じていると思いました。男にだらしなく、酒好き…かといって、過剰に色っぽいわけでもなく、スタイルを除けば、ホントに親戚にいそうな、ちょっと大人っぽいお姉ちゃんの枠をしっかり守っていたのです。かつてアイドル俳優だった彼女が、こうも脱皮して「普通の女」を演じているのが頼もしいとさえ思います。
もちろん、長女である幸役の綾瀬はるかも、いつもの従順で天然なキャラクターはなりを潜め、本作では、妹たちの面倒をしっかり見ている「頼れる長女」を違和感なく演じていて、その変貌に感心します。三女である千佳役の夏帆もまた、自由気ままそうでいて、実は「空気を読む姉妹間のバランサー」をひっそり演じているのが好印象です。

ただ…

これまた、個人的な感想でしかありませんが、実のところ、「姉たちに気後れを感じている末っ子」であるすず役の広瀬すずが、ちょっと苦手でした。
この子にだけは、異質なものを感じたのです。良く言えば…美女過ぎて。
ぽってりとした唇にきらきらと潤った瞳。ちょっと困った風な顔つき。まるで、日本のクロエ・グレース・モレッツか。

そのために、その表情からはちはやぶってやる…という「野心」をどうしてもぬぐえません(個人的な感想)。おまけに、周りの他の学生が極めて「フツー」だから、彼女のオーラが際立って仕方ないのです。すずの役は、普通の顔つきであってほしかった。まえだまえだの弟が演じる、すずの同級生と付き合っていると噂が立った時、ああ…本当はすずは、鼻で笑っているのではないだろうかと、妙に不安を覚えたものです。
髪の毛がやたら顔にかかるのも、桜を見上げて目を閉じるのも、まるでPVのようで。予告編にある、扇風機の前でバスタオルをめくってみせる場面にも、「天真爛漫」ではなく、「虎視眈々」を感じてしまいました。

ウミマチ3


それはもう、いいとして。

凄かったのは、脇を固めるベテラン陣です。

大竹しのぶ
「だってしょうがないじゃない…」の言い回しのたるさは世界一です。

樹木希林
「あんたたちのお父さんを取った人の娘よぉ…」 その静かな一言のえぐる鋭利さ。

堤真一
終盤に幸に見せる、優しくて優柔不断そうな笑顔のあまーい中毒性。

加瀬亮
ヤサ男風なのに、静的な動作から漂うほのかな渋みとインテリジェンスの魅力。

風吹ジュン

本当に病気ではないかと心配になる儚い表情の憂い。

リリーフランキー

巧みに方言丸出しで、どう転んでもいいようにしか見えない狡猾さ。

それぞれ登場シーンは多くないし、前述した通りドラマチックでもない本作なのに、強烈な爪痕を残します。泣き叫んだり、とうとうと説明的に語ったりしないのに。自然体ばっちりの芝居は、英語が分からない海外映画では味わえないから、邦画ならではの醍醐味なのです。

ウミマチ5


<ここから、結末に触れます。>


何も起きないとは言いましたが、本当はいろいろなことが起きています。主軸はすずの成長であり、四人姉妹の結束です。その過程で、幸の不倫や母との喧嘩であったり、佳乃の失恋や新しい職場での出来事であったり、姉妹同士のいがみ合いであったり、すずの本音爆発であったり。それが大きなうねりを作る事はないのに、退屈することはありません。(若干花火の辺りは、だれましたけど)

ただし。

基本的に良い人だらけ。という本作の特徴が、時折むず痒くなる時もあります。仲の良い姉妹描写が、変に気を遣い合っているだけのような心地悪さを感じたのです。そう。みんな、すずに優し過ぎるように思うのです。もちろん、父親を看取り、意地悪なママハハから逃げてきたすずに気を遣うのは当たり前です。だから、すずには何か子供らしいヘマや悪さをしてほしかったと思ったりしました。良い子過ぎて物足りないのです。反抗期を見せてほしかったかなあと。そこでお姉ちゃんたちがヤキ(叱責)を入れることで、さらに家族になっていくような感じで。それこそが、本当の兄弟・姉妹のような気がします。本作の結末は、四人がしっかり姉妹になる様子で幕を閉じますが、まだまだそこがスタートラインのような気がしたのです。

ウミマチ4


それから。

もう一つ不満を言うと、幸が不倫相手の男と海外へ行かず、姉妹の元に居続けることを決めるのも、ありきたりな家族ドラマのように思いました。彼女たちは、いつまで4人で田舎の民家に籠り続けるのでしょうか。それが、正しいことなのでしょうか。私は、今まで母親代わりで妹たちに尽くし、大叔母が言うに婚期を逃してきた幸には、一番に家を飛び出してほしいと思ったのです。もしくは、妹たちが背中を押して、「行っておいで!」と言ってほしかったのです。そもそも幸は、佳乃の指摘のように、家を捨てた母への恨みがましい想いから、当てつけのように家を守っている節があります。その呪縛から解き放たれた結末が見たかったのです。

無論、付いていくことが幸せだと決めつけられない問題もあります。それに、人生を普遍的に考えるなら、なんだかんだ言っても、人は結局冒険できず、元の鞘に収まるものなのかもしれませんが。

それでも。

幸が嫌う母親との場面では、所々で「血の濃さ」を伺わせます。似ているわけです。母と同じように不倫に走る幸は、母と同じ境遇であるからこそ、母の気持ちを一番に知っているのです。終盤での「お母さんのバカ!」という幸の叫びは、母に似た自分への非難でもあり、母のように自由にできない自分への歯がゆさでもあるのかもしれません。
だから、幸には我慢をしてほしくないな…と思うのです。思うように羽ばたくことが、本当は正解なのではないだろうかと。
それに。
この先、姉妹の誰かが家を飛び出そうとした時、「私は家に残ったのに!」と、独善的な面を持つ幸が、足枷になりはしないだろうかと心配にもなります。自然体の中に滲む、四人姉妹の不自然な「美しさ」に、やはり、一抹の不協和を感じてしまったからです。


    

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

人間ドラマの関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2016/05/14 Sat. 21:02 [edit]

TB: 0    CM: 2

14

コメント

初コメです。 

原作ファンで映画は未見です(笑)

身も蓋もない言い方をすれば、長女は不倫相手との別離後、末っ子のサッカーコーチといい感じになってるので、妹が嫁に行ってもやさぐれる心配はないと思いますw
原作ファンからいうと、映画としての尺は全然足らないと思うんですよねー。未完だし。大人の事情なんでしょうが、なんでこんな中途半端なとこで映画化しちゃったのかなーと未だに感じてて観る勇気が無いです。キャストは悪くないだけに。
原作厨じゃ無かったら、予告での次女の食卓の立膝とかにもイラッとせずに、素直に観る気になったのかも知れませんw





URL | リア #- | 2016/05/15 00:38 | edit

リア様 

コメントありがとうございます。

私は原作は未見ですので、教えて頂いて嬉しいです。
そうですか、幸には次の出会いがあるわけですね。それは良かったです。
幸は、映画では、「まっすぐ過ぎる」様子があって、
自分の考えこそ正義という側面を感じます。
妹たちに対し、「支配的」になってしまったら、
この姉妹にはいずれ亀裂が入ると感じたのでした。

原作が好きな人にとっては、いろいろと疑問が残る映画化かもしれませんね。
もし映画を観られたら、映画に足りなかったことなど、また教えてください。

URL | タイチ #- | 2016/05/15 12:02 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/301-94ef182c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list