素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。

草原の実験 /風のように、駿馬駆ける草原。 


 草原の
 草原の実験
 (2015年 ロシア映画)  85/100点


<ラストのネタバレはしません。>


一切セリフのない寡黙な映画。

どこともしれない、永遠ほどに広い草原に住む父と娘と青年二人の物語。

圧倒的な映像美。

巨匠タルコフスキーを継ぐ、ロシアの新たな才能アレクサンドル・コット作品。

とかなんとか聞くと。
あー、芸術系の眠たくなる映画かなあ…と思わせますが、どっこい、この映画の吸引力は凄かった。

物静かな映画なのに、映像から、ふんだんの愛嬌を感じます。
芸術系なのに、観る者を楽しませようという茶目っ気があるのです。

それは、時折、何だか宮崎アニメを見ているような気分になったくらいです。

草原


『天空の城ラピュタ』のシータのような三つ編みの美少女が主人公です。演じるエレーナ・アンは、ロシア人と韓国人のハーフです。
監督は、彼女の美しさを際立たせるため、一切セリフを言わせなかったといいます。これって大正解の手法だと思います。日本の女優さんも、時折セリフのない役柄を演じると、すごく印象が良い時がありますから。

草原3


少女が献身的に世話をする父親が、また不思議な雰囲気です。巨漢の男で、ぬぼっとしています。一瞬、ソン・ガンホに見えました。無類の飛行機好きのようで、ブーンと声に出しながら、両手を広げて飛行機の真似をします。
強面なのに、屈託のない男なのです。

他に、少女に恋をし、奪い合いをする青年二人が登場します。
恐らく少女と幼馴染で、小さい頃から何となく結婚する約束を交わしていたかもしれない地元の青年は、どこか少女の父親に似ています。地元のヤンキーって顔つきですが、純朴な雰囲気や頼もしさを感じます。

その恋敵として横槍を入れてきたのは、突如転校してきた、優男でシャレっ気のある白人青年です。この子は始終ニッコニコしているんです。珍妙なほど目を見開いて、少女に愛想を振りまきます。『魔女の宅急便』のトンボみたいな。「魔女子さーーーん!」って感じで、ほんのりウザくもあります。
ああ…。そりゃあ、地元青年はブチ切れるでしょう。彼はこれまで、少女の境遇の全てをそばで見守ってきたのです。少女を馬に乗せる時のように手を差し伸べ、力になってきたはずなのです。それなのに、急に現れた白人青年が、無粋にかっさらおうとしているのだから、怒り心頭もごもっとも。まるで、よそ者のアシタカにかき回された、エボシLOVEのゴンザ。

…しかし哀しいかな、この白人青年は、年端もいかない少女からすれば、存分に魅力的です。彼は夜中にこっそり少女の元を尋ね、少女の写真をプロジェクターで壁一面に照らし出して見せます。まるで魔法のように。「今は、これが…、精一杯」って感じで。
イ チ コ ロ だ も の。
そんな無情な言葉が頭の中に響いたものです。少女の恋心にうっすらと気づき、不安を募らせる少女のオヤジと地元ヤンキー。えらいこっちゃ。人物が喋らない映画だけに、彼らの心の中の警鐘が、顔色だけでぐいぐい伝わってきます。

草原2


地元青年は、白人青年に決闘を申し込みます。
いつもピッカリときらめいた白人青年の顔つきが、その時きゅっと引き締まるのがいいです。少女のために、清々しいほど無我夢中に闘っている二人の様子は、『天空の城ラピュタ』のパズーほどに、純度が高く、まっすぐなのです。
だから、こんな小っ恥ずかしいほど古めかしい三人の恋路のやり取りが、ちっとも陳腐に思えません。

そう、彼らだけだったら、世界はよほど美しかったものでしょう。

しかしこの物語は、いくつかの伏線を表して、恐るべき結末に堕ちます。

神の啓示のような落雷が導いた、束の間の幸せに降りかかったのは、それを凌駕する悪魔の実験。

静寂も、何もかもを飲み込むほどの衝撃。

この世界は、果たして。
『もののけ姫』のように、再生するのか。
『ナウシカ』のように、腐海に沈みゆくのか。

これは、実話を基にした物語です。

草原4


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2016/06/02 Thu. 22:14 [edit]

TB: 0    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/303-aea521d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list