素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

ブラック・スキャンダル ジョニー・デップと、ブラックなスキャンダル。 


 ブラックスキャンダル
 ブラック・スキャンダル
 (2015年 アメリカ映画)  80/100点


今回は、ジョニー・デップの『ブラックスキャンダル』です。あ、離婚の件ではありません。

ジョニー・デップが、実在した本当の悪人を演じることで話題になった本作。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』『ダーク・シャドウ』『チャーリーとチョコレート工場』などなど、コスプレしたファンタジー映画では、これまで様々な役柄に七変化してきたデップ。しかし、近年ではどうにも当たり役に出会っていません。『ツーリスト』『ラム・ダイアリー』のような、コスプレしない現実路線の映画をやってみても、どうも今一つしっくりしません。『トランセンデンス』では、コスプレをしないSF映画という新たな路線でやってみたものの、思いがけずコケました。そこで今回、彼が選んだのはコスプレをした現実路線の映画ということだったのです。作品選びから、迷走している様子がくっきり浮かび上がるのですが大丈夫でしょうか。

スキャンダル1


今回の彼のコスプレは、なんと衝撃のハゲヅラなのです。とはいっても、『東京ゾンビ』の時の哀川翔が見たら、ジャケットを叩き付けて怒り出しそうなほど、カッコイイです。老けメイクもばっちり決まっています。しかし、考えてみたらデップの実年齢は52歳なんです。本来初老の男であるはずなのに、メイクしなければ老け役になれないとは、逆に嫌味のような気がしないでもありません。
ところが。
ヅラと特殊メイクで見事に老けた姿を見せている彼ですが、実は耳なし芳一の如く、一か所のみ手を加えられていない部分があります。
それは、「瞳」です。『J・エドガー』の時のディカプリオの時にも感じたことです。さすがに瞳には特殊メイクを施せないため、シワのよった肌の奥に、スター性を宿したキレイな瞳が、隠しきれずにキラッキラしているのです。そこに、妙な不自然さを感じて仕方ありませんでした。
しかし、彼が演じているのは、実在した犯罪組織のリーダー、ホワイティ・バルジャー。風貌の老いと瞳の輝きのアンバランスさが生み出す違和感が、恐ろしい残虐性と低温の空気感を讃えたそのキャラクターの「異質さ」を、見事に強調させていたようにも思うのです。

いいじゃん! やったじゃん! 新境地じゃん! 
スターが悪役を演じるといっても、どうしても「結局はいい人」だったりすることがあります。しかし、彼はスター性など微塵も気にしないかのように、平然と殺人を犯す本物の悪人を演じていました。それは、素晴らしいことだと思います。なにしろ、女にだって容赦なく暴力を振るうくらい振りきれているのですから。…あ、いや、映画の話ですよ。

ということで。

本作は、ジョニー・デップが見事に演じる悪人・バルジャーと、野望を湛えた彼の周囲の男たちの物語。

物語は、バルジャーのように物静かな面も多いですが、結構分かりやすくシンプルなので、頭を悩ませることなく楽しめました。
そして、見どころの大部分は、やはりバルジャーの「恐さ」にあります。
一触即発。
彼には、何か気に入らないと突然キレそうな凄味があります。
そして、彼はとにかく「裏切り」を許しません。「忠誠」という価値に重きを置いています。常に裏切る者がいないか、自分を密告しないか、異様に目を光らせるのです。それは、『ジェシー・ジェームズの暗殺』のジェシー(ブラッド・ピット)のようでした。元来、犯罪組織のリーダーは支配欲の強い人間です。自分の手の内から逃れ反目するような者を絶対に許せないのです。
「肉にかける抜群に旨いソースの秘密」を漏らした仲間に対し、冗談めかしていたとはいえ、「裏切り者の要素」を見透かそうとした場面では、彼の不安定な狂気に背筋が凍る思いがしました。それとは別に、信じる者など一切いない彼の孤独な狂気もまた、ちらついて見えるのです。忠誠心を示さないコノリーの奥さんに近づき、冷淡に脅す姿もまた、彼の狭量さと同時に、深い孤独を感じるのでした。

しかし、彼には心から信じるに値する者もいます。
それは、家族です。
息子、そして母親、弟。血のつながりは、彼の唯一の安らぎだったのかもしれません。
そう、彼は妻にさえ、冷たく当たるのだから。あ、もちろん映画の  

スキャンダル3


それだけに、彼に次々と舞い込む家族の悲劇は、彼の内なる狂気をさらに増幅させていくのでした。
また彼は、FBIの情報屋である見返りとして自身の犯罪を免罪されていましたが、実際に役立つ密告はわずか。彼の信条ゆえに、FBIの犬に成り下がるような真似はできなかったのだと思います。逆にFBIを手玉に取り、彼はどんどんのし上がっていくのです。

彼が自分の息子に教えた社会訓も印象的でした。クラスメイトを殴ったという息子を見つめ、「なぜ人前で殴ったんだ。今度から、誰もいない所でやれ」と真顔で教えます。誰にも見られなければ、それは罪にならない。罪にならなければ、それは悪い事ではないということ。あ、桝添さんではありませんよ。

ところで。

本作での魅力的な人物は、バルジャーに限りません。バルジャーと手を組み、FBIでの出世を目論む捜査官・コノリー(ジョエル・エドガートン)も、かなり印象的な人物です。『アメリカン・ハッスル』のリッチー(ブラッドレイ・クーパー)や、『アウトレイジ』の片岡( 小日向文世)のような悪玉刑事を思い起こさせます。コノリーは、子どもの頃バルジャーに助けてもらった恩義を抱え、忠誠を誓っています。潰したい組織の犯罪の証拠を掴んで小躍りしたり、懐に入り込もうとした検察官に一蹴されたり、雨の中嫁に締め出されたり…悪どいものの、なかなか憎めないキャラクターなのです。

そして彼は、バルジャーを裏切りません。彼もまた、「忠誠」を重視して生きているのです。
犯罪者であるバルジャー。
捜査官であるコノリー。

職業や風貌は似つかわしくなくても、根柢にある人間味には同じ匂いを感じます。思えば、彼らは同郷です。子供の頃からの知り合いなのです。子供がそのまま大きくなったような大人、とはよく聞く表現ですが、彼らは、大人になり損ねた子供だったのかもしれません。子どもの頃の世界をそのまま大人にまで持ち上げて、ガキ大将ゴッコの延長線上で生きているような「幼稚さ」を、彼らに感じずにはいられません。バルジャーを不審に思うコノリーの妻は、「忠誠」だなんだともっともらしい事を言い出す夫を、随分バカバカしく思ったことでしょう。

スキャンダル


さて。


<以下、結末のネタバレを含みます。>


二人の魅力的なキャラクターのおかげで、なかなか楽しめる本作ではありますが、難点もあります。

その他の登場人物の描写が薄いのです。
とりわけ、ベネディクト・カンバーバッチという豪華な配役で期待させたバルジャーの弟・ビリーが、何ともあっさりしていました。
犯罪者であるホワイティ・バルジャー。
政治家であるビリー・バルジャー。

さぞや密度の濃い人間関係が見られるものと期待していましたから、あまり物語に絡まない二人の関係性に肩透かしを感じたものです。今や飛ぶ鳥を落とす勢いのカンバーバッチと、大スターであるデップとの競演ですからなおさら。何だか、特別出演枠のような薄味な役割だったものです。せめて、せめて、カンバーバッチもハゲヅラを被るべきだった。

あと、ファーストカットで出てきたバルジャーの用心棒も、キーポイントのキャラクターかと思い込んでいましたが、特に終盤は印象に残らず終わりました。他の仲間たちや弟・ビリーの末路も、最後にテロップでダイジェストに伝えられるばかり。もっと映像で観たかったと思うのです。それも濃く、もっと濃く。

BURAKKU.png


それから。

史実だから仕方ないのですが、バルジャーは晩年まで生き残り、最後には普通に捕まって終わります。エンタメのマフィア映画であれば、壮絶な最期が訪れる展開であったと思うのです。ここもあっさりとしていて、味気なく思いました。

ただ。

結局、仲間のほとんどに密告されるという皮肉や、唯一密告しなかった者が、最も重い刑に処されるという皮肉が、ピリっと利いていました。
おまけに。
身の毛もよだつ悪人を見事に演じたおかげで、DV疑惑に余計に真実味を与えちゃったという皮肉も利いているのです。あ、これは、現実のブラックなスキャンダルのこと。

(デップのDV疑惑は信ぴょう性が低いと言われていますので、あしからず)


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

バイオレンスの関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2016/06/24 Fri. 21:09 [edit]

TB: 0    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/305-779bcf83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list